高橋洋!俳優!蜷川幸雄と?結婚は?

Sponsored Link

「ニナガワスタジオ」の元団員で、蜷川幸雄さんの舞台に数多く出演されている、俳優の高橋洋(たかはし よう)さん。近年では、「半沢直樹」「流星ワゴン」「コウノドリ」など、話題のテレビドラマに出演されています。




プロフィール!


高橋さんは、1972年9月5日生まれ、
大阪府のご出身です。

身長170センチ、
体重59キロ、

胸囲は88センチ、
胴囲は77センチ、

血液型はO型、

靴のサイズは25.5センチ、

趣味は、
旅行、スキューバーダイビング、
野球、サッカー観戦、料理、

特技は、
書道、長距離走、

出身大学は、
早稲田大学社会科学部、

だそうです♪


舞台俳優として


高橋さんは、1992年、
早稲田大学在学中に、
劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加。

1992年には、「マングローブ」
1993年には、「ウミガドウミエル」「楽しい終末」
に出演されています。

大学を卒業後の1997年には、
劇作家の蜷川幸雄さん率いる、
劇団「ニナガワカンパニー・ダッシュ」
(現在はニナガワ・スタジオ)に入団され、

入団後は、ほぼすべての作品で、
重要な役を演じ、2008年に退団。

その後は、映画、ドラマなどを中心に、
数多くの作品に出演されています。


蜷川幸雄と?


高橋さんが蜷川さんと、
出会われたいきさつですが、

大学時代から劇団に出演されていた高橋さんは、
大学卒業後も、就職せずに、
俳優になりたいと思われたようで、

オーディション情報誌で、
「ニナガワスタジオ」の劇団員募集を見て、
応募されたのだそうです。

高橋さんは、当時、お金がなかった為、
会費がかからないところで、

なおかつ、芸歴や年齢制限などの、
条件がないところを探されていたところ、
「ニナガワ・スタジオ」を見つけたのでした。



主宰者である蜷川さんが、
演劇をするうえで、最も重視していたところは、

「持続できるかどうか」

ということだったそうなので、
年齢や芸歴は特に問題ではなかったようです。

蜷川さんはそのことについて、

普通、親は子供に安定した生活を望むから、
賛成しないですよね。

せっかくチャンスをあげて育てても、
反対されたら、せっかくかけた1人分の時間が減っちゃう。

自由な場だし人数制限もしてないけれど、
すぐに来なくなっちゃうんじゃ意味はないし、

まず持続できるかなってことは気にしますね。

と、語っておられました。

オーディションでは、高橋さんに、

「バイトしてると、(演劇を)持続できるのか」
「親は大丈夫なのか」

ということを聞かれたところ、
高橋さんは、

「大丈夫です」

「問題なくっていうか、何年かかっても、
舞台やりたかったんで、やらせてください」

と返答されたそうで、

高橋さんの演劇への情熱が、
蜷川さんにも伝わったのでしょうね!

出演作品(舞台)


それではここで、
高橋さんの出演舞台をご紹介しましょう。

1998年「ロミオとジュリエット」「王女メディア」
     「1998・待つ」「にごり江」

1999年「かもめ」「血の婚礼」
     「パンドラの鐘」「三人姉妹」


2000年「近代能楽集~卒塔婆小町~」
2001年「真情あふるる軽薄さ2001」「マクベス」
2003年「桜の園」「ハムレット」


「パンドラの鐘」より。

2004年「タイタス・アンドロニカス」「オイディプス王」
     「お気に召すまま」「ロミオとジュリエット」

2005年「幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門」
     「KITCHEN」「天保十二年のシェイクスピア」


2006年「間違いの喜劇」「白夜の女騎士」
     「あわれ彼女は娼婦」「タンゴ・冬の終わりに」

2007年「恋の骨折り損」「オセロー」

2008年「リア王」「道元の冒険」
2013年「私のなかの悪魔」
2015年「アドルフに告ぐ」「フェードル」


「アドルフに告ぐ」より。

と、2008年に、
「ニナガワ・スタジオ」を退団されるまでは、

かなりの数の舞台に、
出演されていたようです。


出演作品(映像)


また、「ニナガワ・スタジオ」を退団後は、
映像作品にも数多く出演されています。

テレビドラマでは、

2007年「SP」
2008年「ガリレオΦ(エピソードゼロ)」
2009年「幼獣マメシバ」「十津川刑事の肖像」「スマイル」
2010年「宿命 1969-2010」
2011年「マメシバ一郎」


「マメシバ一郎」より、佐藤二朗さんと、高橋さん。

2012年「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」
2013年「半沢直樹」「相棒 Season12」
2014年「ルーズヴェルト・ゲーム」
2015年「流星ワゴン」「コウノドリ」「赤めだか」


「流星ワゴン」より。

映画では、

2009年「幼獣マメシバ」
2010年「さよなら夏休み」
2011年「東京公園」

2012年「マメシバ一郎」
2013年「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」
     「桜並木の満開の下に」

2014年「小川町セレナーデ」


「桜並木の満開の下に」より。


結婚は?


そんな高橋さんは、
一般の女性と結婚されているようですが、

舞台出身の俳優さんらしく、
プライベートは明かされていないので、
詳しいことは分かりませんでした。

さて、2016年4月からスタートする、
テレビドラマ「ゆとりですがなにか」では、

主人公の坂間正和(岡田将生さん)の兄の、
坂間宗貴役を演じられる高橋さん。

実家の酒屋を継ぐ、優しくて大人なお兄さん、
という役どころで、まさに、
高橋さんのイメージにぴったりですね。

何かと話題のこのドラマですが、
そんな高橋さんに注目して見てみるのも、
また面白いかもしれません♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ