竜崎勝の死因は?俳優?食いしん坊万歳も!娘は高島彩!嫁は?息子は?


長身と彫りの深いルックスで、優しい二枚目から冷酷非道な悪役まで、様々な役柄を演じ、名脇役として活躍された、竜崎勝(りゅうざき かつ)さん。そんな竜崎さんの経歴、出演作品、ご家族について調べてみました。

Sponsored Link

年齢は?出身は?本名は?死因は?享年は?

竜崎さんは、1940年3月25日生まれ、
東京都世田谷区のご出身(高知県高知市生まれ)、

本名及び旧芸名は、高島史旭(たかしま ふみあき)、

死因は、「肝硬変」で、1984年12月18日、44歳という若さで他界されています。

俳優座「花の15期生」

竜崎さんは、大学4年生の時、「第5期日活ニューフェイス」のオーディションに応募されると、見事、合格して芸能界入り。

1963年には、「劇団俳優座付属養成所(第15期生)」に入所されています。

ちなみに、「劇団俳優座付属養成所」の同期には、夏八木勲さん、栗原小巻さん、原田芳雄さん、前田吟さん、林隆三さん、地井武男さん、高橋長英さん、秋野太作さん、浜畑賢吉さん、赤座美代子さん、太地喜和子さん、小野武彦さん、村井国夫さん、柴田侊彦さん、溝口舜亮さんがおられ、後に「花の15期生」と呼ばれています。


(左から)夏八木勲さん、村井國夫さん、小野武彦さん、
地井武男さん、前田吟さん、高橋長英さん、竜崎さん。

「ウルトラマンタロウ」でゾフィー役

その後、竜崎さんは、劇団「文学座」に移られるも、舞台には一度も上がることなく退団されているのですが、

1961年には、「俳優座養成所」での舞台活動のかたわら、「暗黒街の静かな男」で映画デビューされており(本名の「高島史旭」名義)、

その後も、次々と映画に出演されると、1966年には、大河ドラマ「源義経」の端役でテレビドラマデビューも果たし、以降、数多くのテレビドラマや映画に出演。

そして、1973年には、特撮番組「ウルトラマン」シリーズの「ウルトラマンタロウ」の最終回で、ウルトラ兄弟の長男「ゾフィー」/科学者・大谷博士役を演じられると、一躍注目を集められています。


ゾフィーは、大谷博士の姿を借りて地球に潜伏している設定です。

出演作品(映画、テレビドラマ)

それでは、ここで、竜崎さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

映画では、

1961年「暗黒街の静かな男」
1962年「花と竜」
     「男と男の生きる街」
     「何もかも狂ってやがる」
1968年「金瓶梅」

1974年「ノストラダムスの大予言」
     「必殺仕掛人 春雪仕掛針」
1977年「八甲田山」
1979年「白昼の死角」
1985年「それぞれの旅立ち」


「白昼の死角」より。(左から)中尾彬さん、夏八木勲さん、竜崎さん。

テレビドラマでは、

1966年 NHK大河ドラマ「源義経」
1967年「三匹の侍」
1968年「顎十郎捕物帳」
1969年「絢爛たる復讐」
1970年「鬼平犯科帳」

1971年「ワン・ツウ アタック! 」
1972年「シルバー仮面」第9話
1973年「赤ひげ」第29話
1974年「白い牙」第10話
1975年「バーディー大作戦」第46話

1976年「非情のライセンス 第2シリーズ」第73話
1977年「華麗なる刑事」
1978年「愛の終着駅」
1979年「不毛地帯」
1980年「走れ!熱血刑事」第2話


「走れ!熱血刑事」より。

1981年「それからの武蔵」
1982年「竜馬がゆく」
1983年「部長刑事」
1984年「新ハングマン」第24話

ほか、数多くの作品に出演されており、1977~1978年には、「くいしん坊!万才」で2代目リポーターも務められています。


「くいしん坊!万才」より。

Sponsored Link

嫁は?娘は元フジ女子アナの高島彩!息子は?

そんな竜崎さんの気になるプライベートですが、竜崎さんは、洋子さんという一般の方と結婚されており、息子さんと娘さんが一人ずつおられます。

まず、息子さんは、1974年に誕生した元俳優の高島郷(たかしま ごう)さんで、1999~2001年まで俳優として活動されていたようですが、2003年に芸能界を引退されると、その後は、眼鏡屋で会社員として勤務されているとのこと。

そして、1979年に誕生した娘さんというのが、元フジテレビのアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活動され、「アヤパン」の愛称で親しまれている、あの高島彩(たかしま あや)さんで、

彩さんは、2011年に、「ゆず」の北川悠仁さんと結婚されると、その後、2人の娘さんを出産されているのですが、竜崎さんは、彩さんが5歳の時に亡くなっているため、彩さんにはお父さんである竜崎さんの記憶がほとんどなく、ご主人の北川さんが娘たちの面倒を見ている姿を見て、

もしかしたらこうやって、父も私と接してたのかなっていうことを、今感じることができて、そういう喜びもありますね。

と、北川さんに竜崎さんの姿を重ねて見ていることを明かされていました。


(左から)お母様、お父様、竜崎さん、長男の郷さん、長女の彩さん、妻の洋子さん。

さて、いかがでしたでしょうか。

現在のように、決して、脇役がクローズアップされることのなかった時代に、脇役を演じ続けた竜崎さんですが、

まさか、娘が有名女子アナになり、死去から30年以上も経って、自身もクローズアップされるなんて思いもしなかったでしょうね。

是非、この機会に、高島アナの面影がある竜崎さんの演技、ご覧になってください♪


役者の戦死

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ