加藤茶は荒井注のせいでドリフ脱退できず志村けん加入を後押ししていた!


「8時だョ!全員集合」では、「ザ・ドリフターズ」の一員として、セクシーなポーズを取りながらの、「ちょっとだけよ」「あんたも好きねえ」などのコントがウケて大ブレイクした、加藤茶(かとう ちゃ)さんですが、やがて、「ザ・ドリフターズ」を脱退したいと考えるようになっていったといいます。

「加藤茶の昔はちょっとだけよで大ブレイク!ハゲヅラちょびヒゲも!」からの続き

Sponsored Link

荒井注とドリフ脱退を約束するも・・・

「ハゲヅラ」「丸メガネ」「ちょびヒゲ」のスタイルや、「ちょっとだけよ」「あんたも好きねえ」などのセリフで大ブレイクした加藤さんですが、次第に、コントの内容をめぐり、毎回、いかりや長介さんとぶつかるようになると、嫌気が差し始め、ドリフを辞めようと決意。

「8時だョ!全員集合」の放送開始から5年が経った1973年、体力の限界と言っていた荒井注さんと、

来週、一緒に脱退の記者会見をしよう

と、約束されたのですが・・・

その前に、荒井さんが辞めることを漏らしてしまったことで、大騒ぎとなり、結局は、1974年に荒井さんだけが脱退。

加藤さんは、辞め損ねてしまったのでした。

志村けんの加入を後押し

その後、リーダーのいかりやさんは、脱退した荒井さんの代わりに、荒井さんと同い年だった豊岡豊さんを加入させようとしていたのですが、

これに対し、加藤さんは、

せっかくなんだから、うちと一緒に回ってて、作り方も全部知ってるし、考え方も同じヤツって言ったら志村しかいない。

と、いかりやさんや加藤さんの付き人をしていた志村けんさんを入れるよう主張していたそうで、

加藤さんは、2018年、「たけしが行く!わがままオヤジ旅3」に出演された際、

あの時ね、きつかったのよ、俺。しんどくて、ネタもあんまり出なくなってきてた。

と、志村さんの加入を後押しした理由を語っておられます。


「たけしが行く!わがままオヤジ旅3」より。ビートたけしさんと加藤さん。

実は、ドリフがまだブレイクする前、付き人だった志村さんは、一度、ドリフを脱走したことがあったそうですが、それから1年後、志村さんがドリフに戻ろうとした時、口利きして志村さんをドリフに復帰させたのも加藤さんだったそうです。

(この1年の間にドリフは大ブレイクし、特に、加藤さんは大変な人気者となられました)

志村けんが大ブレイク~人間関係の笑いからギャグ連発へ

ただ、ドリフの笑いは、もともと、

嫌われ者のいかりや、反抗的な荒井、怒られまいとピリピリする加藤、ボーッとしている高木、何を考えているんだか分からない仲本

という、人間関係の笑いが持ち味だったことから、

(そのため、いかりやさんは、荒井さんと同い年で、似たようなキャラクターだった豊岡豊さんを加入させようとしていたそうです。)

志村さんの加入は、関係性が崩れたドリフとはなかなか噛み合わず、当初は苦戦。

それでも、それから2年後、ある時、いかりやさんが、志村さんを「いなかもの」と馬鹿にしたことがきっかけで、志村さんが「東村山音頭」(志村さんの故郷で、東京都東村山市のご当地ソング)を歌うと、これが観客に大ウケ。

これでたちまちブレイクした志村さんは、その後も、「ヒゲダンス」「最初はグー」「早口言葉」などで、次々と観客を沸かせるようになり、ドリフになくてはならない存在となったのでした。

Sponsored Link

志村けんを加藤茶は嫉妬していた?

ちなみに、加藤さんは、自身が手を差し伸べた志村さんが大ブレイクしたことについて、嫉妬などしたことはなく、1998年、「週刊SPA!」(6月10日号)のインタビューでは、

僕は凄い楽だったのね。ドリフが変わる、また面白くなるって言われるのがウレシイんだ。志村がウケるってことは、ドリフターズが面白いって言ってもらえるのと同じだから。

と、むしろ、その逆であったことを明かされているのですが、

実際、そんな志村さんの存在が刺激となり、

あんたも好きねェ~ちょっとだけョ~

と、突然ストリップを始める加藤さんと、

やめなさい!

とそれを止めるいかりやさんとの掛け合いや、

いかりやさん、高木ブーさん、仲本工事さんが、3人そろった「雷様」など、お馴染みのコントは人気爆発。「8時だョ!全員集合」は、再び、爆発的な人気を博したのでした。

「加藤茶は8時だよの直後に志村けんとのコンビで再ブレイクしていた!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ