阿木燿子と宇崎竜童のおしどり夫婦の秘訣とは?


明治大学進学直後、宇崎竜童さんに軽音楽部に誘われ、作詞家としての活動を開始すると、以来、宇崎さんとコンビを組んで活動するようになったという、阿木燿子(あき ようこ)さんですが、宇崎さんとは結婚後50年以上経つ現在も、出会った当初と変わらず、深い絆で結ばれているといいます。

「阿木燿子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」からの続き

Sponsored Link

おしどり夫婦の秘訣とは

阿木耀子さん&宇崎竜童さん夫妻は、2021年には金婚式(結婚50周年)を迎えているのですが、結婚生活は至って穏やかだそうで、

コロナウィルスによる自粛期間中には、これまでになく、一緒にいる時間が増えたそうですが、ケンカをすることは一度もなかったそうで、

阿木さんは

愛情は時に支配的になることもあるけれど、尊敬し合っていたら、同じ空間で呼吸していることが苦しくない。

と、宇崎さんを尊敬できるからこそ、ずっと一緒にいても苦にならないと語っています。

また、宇崎さんも、自分の好きな空間に好きな人がいて、好きな仕事ができることに感謝しているそうで、自粛期間中、毎日食事を作ってくれた阿木さんに何度ありがとうを言ったか分からないほど、感謝していることを明かしているほか、常に「尊敬されないと」という思いを強く持っているそうです。

宇崎竜童と終活(終末期医療)について話し合っていた

そんな二人は、2016年頃からは、終末期医療の話もするようになったそうで、

一緒に死ねたらいいね、一生一緒にいようね

と、言い合っていたそうですが、

阿木さんは、思った以上に長生きしてしまった(と思っている)ため、

先に死なないで、ちゃんと私を見送って。それが、夫の愛情というものじゃないでしょうか

と、宇崎さんを脅迫しているそうです(笑)

Sponsored Link

夫・宇崎竜童のために食事を手作り

ちなみに、阿木さんは、宇崎さんの健康のため、毎食、バランスの良い食事を作るようにしているそうですが(菜食主義ではないものの、8割が野菜なのだそうです)、

宇崎さんも、ずっと健康でいられるのは、そんな阿木さんの食事と、ストレッチ体操のお陰だと語っており、やはり、お互いの存在が一番の健康の秘訣のようです。

さて、いかがでしたでしょうか。

阿木燿子さんの、

について、まとめてみました。

類まれなる才能を、最愛の人に見いだされ、まるで映画のストーリーのような、人もうらやむような人生を歩んできた阿木さん。そんな阿木さんからは、これからもまだまだ素敵な作品が生まれそうです。

「阿木燿子の生い立ちは?幼少期は対人恐怖症だった!」

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ