丘みつ子の若い頃は?年齢は?マラソン?箱根?病気だった?


サスペンスドラマで、主婦やお母さんの役がぴったりな、女優の丘みつ子(おか みつこ)さん。一方で、箱根でスローライフを満喫され、陶芸家としても活動されています。


Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

丘さんは、1948年1月19日生まれ、
東京都北区王子のご出身、

身長は166センチ、

靴のサイズは23センチ、

血液型はB型、

スリーサイズは、85-63-88で、
洋服のサイズは9号と、
60歳代後半に差し掛かるとは思えないスタイル、

特技は、
マラソン、水泳、

趣味は、
茶道、書道、山歩き、陶芸、

ちなみに、本名は、
森田光子(旧姓:武笠)です。

若い頃は?

丘さんは、高校を卒業されてすぐ、
モデルとして活動されおられたそうですが、

その時、日活の方の目に留まり、
誘われる形で日活に入社されたそうです。

そして、1968年、
映画「ある少女の告白 禁断の果実」で、
主演としてデビューを果たされ、

以降、テレビドラマや映画を中心に、
活動を続けられています。

デビュー当時は、よく、
十朱幸代さんに似ていると言われたそうです。

左が十朱幸代さん。右が丘さん。

確かに、40数年前のお二人は、
よく似ていますね♪

マラソン?

丘さんは、女優として活動される一方で、
本格的にマラソンをされていました。

1983年には「ホノルルマラソン」に出場され、
1985年には「アイアンマンレース世界選手権」で、
見事、完走されたそうです。

もともとは、仕事のストレスを発散させるために、
ジョギングを始められたことがきっかけで、
走ることを始められたのだとか。

長いセリフを覚えるのに、
神経を集中させることから、ストレスが溜まり、

当初は好きだったスポーツで、
ストレスを発散させていたそうです。

しかし、仕事が忙しく、
時間に縛られるようになると、

相手のいるスポーツはやりづらく、
もっと手軽にできるスポーツを、
とジョギングを始められたのでした。

30数年ほど前は、
撮影の合間にジョギングをされたり、

仕事を終えてから、
家までジョギングで帰られていたのだとか!

その甲斐あって、短い時間で、
ストレスや疲れがとれたそうです。

体力的には疲れそうですが、
ストレス解消の方が重要なのは分かる気がしますね。

しかし、現在は、足をくじかないようにとの理由で、
走ることはされていないようです。

箱根?

丘さんは、30年ほど前、
セカンドハウスとして、箱根に家を建てられ、

旦那さんと共に、20年近く前に、
完全に箱根に引っ越しをされました。

東京育ちの丘さんは、
最初は馴染めなかったそうですが、

現在では、陶芸や山登り、
書道などを楽しんでおられるのだとか♪

905坪ある敷地内の畑では、
キュウリやナス、トマトなどもご自分で作られており、
ミツバチも飼っておられるそうです。

自給自足の生活を満喫されているのですね。

箱根での生活は、
朝5時に起きて、夜は8時に寝るという、
とてもエコな生活だそうで、

食事も1日2食半で、
豆腐やヨーグルト、蜂蜜、胚芽米など、
良質なタンパク質を中心に食べておられるのだとか。

特に、水と塩には気を使われ、
水は、富士山の伏流水、
塩は能登から取り寄せ、
味噌はご自分で作られるという徹底ぶりです!

なんだか、とても健康的な生活で、
体の中からキレイになれそうですね♪

Sponsored Link

病気だった?

実は、丘さんは20代の頃、
仕事のストレスで、
拒食症になられたのだとか。

箱根に家を建てられたのは、
拒食症を克服するためだったそうです。

ジョギングをされて、
ストレスを解消されていたようですが、

それだけではケアできないほど、
病状が深刻だったことが伺えますね。

現在はお元気になられているとのことなので、
豊かな自然の中で、土に触れることで
病を癒やしていかれたのでしょう。

ところで、2015年6月、
800年ぶりに箱根山が噴火し、

丘さんの自宅は箱根山のすぐ近くにあることから、
火山灰などが、ビニールハウスに降り積もったのだそうです。

それでも都会に帰ってこられるつもりはなく、
現在も箱根で暮らされています。

丘さんにとって最も怖いのは、
火山の噴火などではなく、

都会でのストレス生活から、
再び拒食症に陥ってしまうことなのだそうです。

さて、田舎暮らしで、
本当の自分を取り戻すことができた丘さん。

これからも、平穏な暮らしをベースに、
末永いご活躍を期待したいですね。
応援しています!!

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ