「幼少期」タグの記事一覧

坂東玉三郎の家系図は?14歳で14代守田勘弥の芸養子に!

1957年、7歳の時、14代目守田勘弥さんの弟子となった、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、その後、才能を認められ、1964年、14歳の時には、5代目坂東玉三郎を襲名し、守田勘弥さんの芸養子となります。

坂東玉三郎は7歳で初舞台「菅原伝授手習鑑」も東横ホールだった!

幼稚園に入園するも、たった1日で辞めてしまったという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、踊ることが好きだったため、幼稚園に行く代わりに、日本舞踊を習うことになったそうです。

坂東玉三郎は幼稚園を1日で辞めていた!その理由とは?

1歳半の時に小児麻痺を患って、右足が不自由になってしまい、外で遊ぶことよりも、おままごとをしたり、(両親が料亭を営んでいたことから)料亭に出入りする芸者を真似て踊ることが好きだったという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、幼稚園を・・・

坂東玉三郎の生い立ちは?幼少期から踊ることが好きだった!

歌舞伎界を代表する立女形(たておやま)として、「兜軍記」の阿古屋、「籠釣瓶」の八ツ橋、「先代萩」の政岡など、数々の大役を継承すると、世界の名だたる芸術家ともコラボレーション作品を次々と発表するなど、歌舞伎の枠にとらわれない舞台美を追求し続け・・・

相田翔子の生い立ちは?女子プロレスのオーディションに応募していた!

1988年、アイドルデュオ「Wink」としてファーストシングル「Sugar Baby Love」でデビューすると、その後、「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」「淋しい熱帯魚」など、数々のヒット曲を連発し、”・・・

阿木燿子の生い立ちは?幼少期は対人恐怖症だった!

1975年、夫・宇崎竜童さんのバンド「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」に提供した「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」で作詞家デビューして以来、1000曲以上の作詞を手掛け、数多くのヒットを生み出してきた、阿木燿子(あき ようこ)さん。今回は・・・

オノ・ヨーコは幼少期から芸術教育を受けて育っていた!

母方の曾祖父は安田財閥の創始者・安田善次郎さん、父方の祖父は元日本興業銀行の第4代総裁の小野英二郎さんという、華麗なる一族を先祖に持つ、オノ・ヨーコさんですが、横浜正金銀行の役員だったお父さんのもとに誕生すると、幼少期から芸術的な教育を受け・・・

板東英二は満洲生まれ!幼少期には壮絶な体験をしていた!

徳島商業高校のエースとして夏の甲子園で大会通算83奪三振を記録し、中日ドラゴンズに入団すると、11年間で77勝する活躍をし、プロ野球引退後も、「マジカル頭脳パワー!!」の司会や、「世界・ふしぎ発見!」「クイズ!ヘキサゴンⅡ」など多数のバラエ・・・

徳光和夫は少年時代に落語家・柳家小さんに弟子入りしようとしていた!

元記録映画監督で日本テレビ開局社員のお父さんと、映画好きなお母さんのもとに誕生すると、幼い頃には、よく映画館に連れて行ってもらっていたという、徳光和夫(とくみつ かずお)さんですが、やがて、落語のおもしろさに目覚め、自身も落語家になりたいと・・・

愛川欽也は小学生にして部屋を借りる交渉をしていた!

居候先の家の主人に鶏の世話を命じられると、やがて、鶏にたくさん餌をやっては卵を生ませ、内緒でその卵を売りさばき、稼いだお金をお母さんのために貯金をしていたという、愛川欽也(あいかわ きんや)さんですが、ある予期せぬ出来事からバレてしまうこと・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ