「幼少期」タグの記事一覧

辺見えみりは昔スーパージョッキーの熱湯兄弟でブレイクしていた!

5歳の時に両親が離婚し、母親の辺見マリさんの実家で祖父母に厳しくも温かく育てられた、辺見えみり(へんみ えみり)さんは、4歳の時から習っていたクラシックバレエの猛練習に励んでいたそうですが・・・

辺見えみりは幼少期に両親が離婚し母方の祖父母に育てられていた!

人気歌手で俳優の西郷輝彦さんと、歌手でタレントの辺見マリさんの間に誕生した、辺見えみり(へんみ えみり)さんですが、5歳の時に両親が離婚すると、その後は、母方の祖父母(辺見マリさんの両親)に厳しくも愛情いっぱいに育てられたそうです。

西郷輝彦は少年時代に2人の兄を相次いで亡くしていた!

音楽が好きでジャズドラマーとして活動していた1番上のお兄さんと、スポーツマンだった2番目のお兄さんの影響を受け、音楽好きで、運動が得意という、活発な少年に育った、西郷輝彦(さいごう てるひこ)さんですが、その敬愛する2人のお兄さんは次々と亡・・・

和泉雅子が中学の時は喜劇役者を目指し柳家金語楼に弟子入りしていた!

1958年、11歳の時、「劇団若草」のオーディションを受けると、演技のテストはさんざんだったにも関わらず、その美少女ぶりから合格となり、その3ヶ月後には、早くも、映画「荒城の月」で子役デビューした、和泉雅子(いずみ まさこ)さんは、その後も・・・

和泉雅子は美少女ぶりで「劇団若草」も「荒城の月」も合格していた!

勉強もスポーツも苦手だったうえ、イジメにあっていたことから、学校へ行くのが嫌で嫌でたまらず、何とかして学校へ行かなくてもいい方法はないかと考えていたという、和泉雅子(いずみ まさこ)さんですが、新聞に掲載されていた「劇団若草」の募集広告を見・・・

和泉雅子は小学校が嫌でたまらず「劇団若草」に応募していた!

幼稚園の頃は、食堂の仕事で忙しい両親に代わり、朝1人で起きて朝食の準備をし、弟に食べさせてから幼稚園に通うなど、とてもしっかりとした子どもだった、和泉雅子(いずみ まさこ)さんですが、小学校に入学後は、勉強ができず、学校が嫌で嫌でたまらなか・・・

中尾ミエの生い立ちは?中学生にして歌で家計を支えていた!

1962年、16歳の時、デビューシングル「可愛いベイビー」が大ヒットし、人気歌手となると、その後、女優としても、テレビドラマ、舞台、ミュージカルに出演するほか、近年は毒舌キャラとしても人気を博している、中尾ミエ(なかお みえ)さん。今回は、・・・

なべおさみが小5で稼いだお金は映画館通いにつぎ込んでいた!

近所の工場跡地で、水道の蛇口(カラン)や鉛管から鉄屑を集め、お金を稼ぐことに成功したなべおさみさんは、今度は、自宅の工場敷地でも金属屑を集めて大枚を稼ぐと、全て大好きな映画館通いにつぎ込んだそうです。

なべおさみは小5にして鉄屑集めでお金を稼ぐことに夢中になっていた!

映画館帰りの電車の中で、サラリーマンが朝鮮戦争による「金へん・糸へん景気」の会話をしているのを聞き、鉄屑がお金になることを知ったなべおさみさんは、まだ、小学校5年生だったにもかかわらず、早速、近所に住む鉄屑屋さんに金属類を買ってもらう約束を・・・

なべおさみは小5にして「金偏糸偏景気」の噂から鉄屑集めを思いついていた!

先生に褒められたご褒美に、東京で映画を観ることをお父さんに許されると、実際には、映画ではなく「日劇」の舞台を観ることになるも、その色彩豊かなステージに魅了されたという、なべおさみさんは、やがて、映画に夢中になり、役者に憧れるようになるのです・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ