「幼少期」タグの記事一覧(3 / 30Page)

田原総一朗は小学校に入学した年に太平洋戦争が始まっていた!

幼稚園の頃、絵を描くことが大好きだったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、小学校に入学しても、変わらず、絵を描き続けていたそうですが、小学校に入学した年の暮れに太平洋戦争が始まると、授業で戦争の様子が教えられたことから、その影・・・

田原総一朗は幼稚園の時「清水の次郎長」の絵を描き先生に呆れられていた!

幼少期は病弱も、やがては、幼稚園でやんちゃ坊主「五人組」に数えられるほど、元気になったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、幼稚園の頃は、絵を描くことが大好きだったそうです。

田原総一朗の幼少期は病弱もやがてやんちゃ坊主になっていた!

彦根城の城下町にある大きな家で誕生し、幼少期は、裕福な家庭で育ったという、田原 総一朗(たはら そういちろう)さんは、幼い頃は身体が弱くひ弱な子供だったそうですが、やがて、元気で活発な子供に成長したといいます。

山本富士子の生い立ちは?高校時代から美人で有名だった!

1953年、「大映」に入社し、同年「花の講道館」で映画デビューすると、以降、「大映」の看板女優として活躍し、1963年、フリーとなってからは、舞台を中心に活動を続けている、山本富士子(やまもと ふじこ)さん。今回は、そんな山本さんの生い立ち・・・

小山明子の生い立ちは?病弱ながらも活発だった!

1955年、「ママ横をむいてて」で映画デビューすると、以降、50年以上、女優として活動し、夫で映画監督の大島渚さんが病に倒れた後は、17年にも渡って大島さんの介護をし、その経験を綴った著書を出版するほか、講演活動も行った、小山明子(こやま ・・・

ムツゴロウ(畑正憲)の少年時代が天才すぎる!

満洲から帰国後、親戚宅に預けられると、実の子と明確に差をつけられ、ろくにご飯も食べさせてもらえず、人間不信に陥ったという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんですが、子供の頃から天才的な頭脳を持っていたといいます。

ムツゴロウ(畑正憲)は小学生時代イジメに遭うも返り討ちにしていた!

終戦の直前の小学2年生の終わり頃、日本で幼年学校に通う兄に同行して、満洲から日本に帰国し、親戚宅に居候すると、実の子とははっきりと差をつけられ、ご飯もろくに食べさせてもらえず、いつも空腹だったという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さ・・・

ムツゴロウ(畑正憲)は少年時代に人間不信になっていた!

3~4歳の頃、医師であるお父さんの赴任先の満洲に移住し、開拓団の村で育ったという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんですが、小学2年生の時、幼年学校に通うために帰国することになったお兄さんに同行して日本に帰国し、親戚の家に居候するよ・・・

ムツゴロウ(畑正憲)の生い立ちは?幼少期は満洲で育っていた!

1967年に、著書「われら動物みな兄弟」で作家デビューして以来、40年以上に渡り、数多くの自然や動物に関する著書を出版するほか、テレビ番組「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」により、動物たちと触れ合っている印象の強い、ムツゴロウこと畑正憲(はた・・・

財津一郎の少年時代が悲惨過ぎる!

戦争が終わっても生死が分からないお父さんを待つ間、極貧生活の中、過労と栄養不足がたたってお母さんが倒れ、食べ物を手に入れるため、子供用の衣類を持って、農家を1軒1軒回り、ようやく、袋いっぱいの大豆をもらうことができるも、そんな大豆も、悪ガキ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ