「幼少期」タグの記事一覧(2 / 26Page)

中村メイコは2歳で映画デビューしていた!

押さえるところは押さえながらも、自由にのびのびと育てられたという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、2歳の時には、売れっ子作家だったお父さんの中村正常さんと一緒に写った一枚の写真が雑誌に載ったことがきっかけで、映画デビューすることになっ・・・

中村メイコが幼い頃は母親から家事一切の手伝いをさせられていた!

幼い頃、ぐずると、お父さんの中村正常さんからは、「君ぐらいの器量の子は、いつもニコニコしているくらいでちょうどいいですぞ」と言われて育てられたことから、いつもニコニコするようにし、おもしろいことを言ってみたり、人の言うことを素直に聞くよう心・・・

中村メイコの幼い頃の育てられ方が凄い!

一律した学校教育を嫌ったナンセンス作家のお父さん・中村正常さんの意向で、小学校へはほとんど行かなかったという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんですが、そんなお父さんの子育ては、独特で、また、ユーモアに溢(あふ)れていたといいます。

中村メイコの学歴が小学校卒の理由とは?

1936年、わずか2歳8ヶ月の時に、映画「江戸っ子 健ちゃん」で子役デビューすると、以降、複数の役で7色の声を使い分けるなど、天才子役として名を馳せ、その後も、テレビドラマ、映画、舞台と幅広く活動している、中村メイコ(なかむら めいこ)さん・・・

大島渚の生い立ちは?大学時代は学生運動と演劇活動に熱中していた!

1959年、「愛と希望の街」で映画監督デビューして以来、「青春残酷物語」「太陽の墓場」「絞死刑」「儀式」「愛のコリーダ」「戦場のメリークリスマス」など、体制や権力に真っ向から立ち向かう、社会性の高い作品を次々と発表し、世界的にも高く評価され・・・

坂東玉三郎の家系図は?14歳で14代守田勘弥の芸養子に!

1957年、7歳の時、14代目守田勘弥さんの弟子となった、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、その後、才能を認められ、1964年、14歳の時には、5代目坂東玉三郎を襲名し、守田勘弥さんの芸養子となります。

坂東玉三郎は7歳で初舞台「菅原伝授手習鑑」も東横ホールだった!

幼稚園に入園するも、たった1日で辞めてしまったという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、踊ることが好きだったため、幼稚園に行く代わりに、日本舞踊を習うことになったそうです。

坂東玉三郎は幼稚園を1日で辞めていた!その理由とは?

1歳半の時に小児麻痺を患って、右足が不自由になってしまい、外で遊ぶことよりも、おままごとをしたり、(両親が料亭を営んでいたことから)料亭に出入りする芸者を真似て踊ることが好きだったという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、幼稚園を・・・

坂東玉三郎の生い立ちは?幼少期から踊ることが好きだった!

歌舞伎界を代表する立女形(たておやま)として、「兜軍記」の阿古屋、「籠釣瓶」の八ツ橋、「先代萩」の政岡など、数々の大役を継承すると、世界の名だたる芸術家ともコラボレーション作品を次々と発表するなど、歌舞伎の枠にとらわれない舞台美を追求し続け・・・

相田翔子の生い立ちは?女子プロレスのオーディションに応募していた!

1988年、アイドルデュオ「Wink」としてファーストシングル「Sugar Baby Love」でデビューすると、その後、「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」「淋しい熱帯魚」など、数々のヒット曲を連発し、”・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ