「幼少期」タグの記事一覧(5 / 30Page)

神津カンナは幼くして芸能人の母をかばい嘘をついていた!

両親が、お互いのポジションを立て、それを守ろうとする姿を見て育ったという、神津カンナ(こうづ かんな)さんは、自身も、幼いながらに、芸能人であり一般的な母親とは違うお母さんを守ろうという意識があったといいます。

神津カンナは幼少期から両親が互いを立てる姿を見て育っていた!

お母さんの中村メイコさんが、子供に対して、夫の神津善行さんを「良き父親」と立てるのを見て育ったという、神津カンナ(こうづ かんな)さんですが、父・神津善行さんも、子供に対して、妻の中村メイコさんを「良き母親」として立てていたといいます。

神津カンナは幼少期から父・神津善行とは距離を置いた関係だった!

中村メイコさんと神津善行さんを両親に持つ、神津カンナ(こうづ かんな)さんが、両親の影響を大いに受けたであろうことは想像に難くありませんが、カンナさんいわく、神津一家は「似た者同士が煙たがり、同業者が遠慮し合う関係」とのことで、カンナさんと・・・

永六輔は学童疎開したことで病気が治っていた!

信州(長野県)に学童疎開すると、「永」という中国姓のせいでイジメられていたという、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、病気の方は、病院に行けなかったにもかかわらず、むしろ元気になり、すっかり治ったといいます。

永六輔の幼少期は実家の寺が貧しく栄養失調になっていた!

栄養失調で身体が弱く、ほとんど学校へ行くことができずに、病院の中で過ごすことが多かったという、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、栄養失調になったのは、実家のお寺が貧しかったからだといいます。

永六輔の生い立ちは?病弱で小学校に通うことが出来なかった!

1952年、早稲田大学在学中の19歳の時、三木鶏郎さんの事務所「トリロー文芸部」に在籍し、放送作家としての活動をスタートさせると、以降、60年以上も、放送作家、作詞家として活動した、永六輔(えい ろくすけ)さん。今回は、そんな永さんの生い立・・・

中村メイコは終戦後は進駐軍を慰問し英語の歌を歌っていた!

敗戦の色が濃くなった1945年には、疎開先の奈良県から特攻隊の基地まで慰問団として派遣され、明日死にに行く若い特攻兵を見て、子供心にも悲しい思いをしたという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんですが、終戦後は、今度は進駐軍の慰問に行ったとい・・・

中村メイコは子役時代に特攻隊の慰問で隊員たちを感涙させていた!

特攻隊の慰問では、他の慰問団の女性たちが皆もんぺ姿だった中、一人だけワンピース姿につけまつ毛という、女の子らしい格好で行ったという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、歌も軍歌ではなく、オリジナル曲を歌って、特攻兵たちに喜ばれたそうで、そ・・・

中村メイコは子役時代に特攻隊の慰問を要請されていた!

興行で九州へ向かう際、乗っていた列車が爆撃されるも、お母さんに抱えられて飛び降り、九死に一生を得たという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、やがて、東京の街も戦争一色となり、両親とともに奈良県に疎開すると、疎開先の奈良から、大阪、京都、・・・

中村メイコは子役時代に列車が爆撃を受けるも九死に一生を得ていた!

滅多に行かない小学校では、人だかりになって危険と、孔雀(くじゃく)の檻(おり)に入れられるも、芸能界では可愛がられ、家庭でも、個性的な両親のもと何不自由なく伸び伸びと育っていたという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんですが、やがて、戦時色・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ