「幼少期」タグの記事一覧(5 / 26Page)

毒蝮三太夫の生い立ちは?母親は家事嫌いも情に厚かった!

1948年、舞台「鐘の鳴る丘」で子役デビューして、児童劇団に入って以来、70年以上に渡り、数多くのテレビドラマや映画に出演するほか、タレントとしても活躍している、毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)さん。今回は、そんな毒蝮さんの生い立ちとお・・・

スチュアート・サトクリフは幼少期から絵画の才能を発揮していた!

ポール・マッカートニーさんが驚異し嫉妬したと言われるほどの、芸術における非凡な才能を持ち、デビュー前のビートルズのベーシストとして活動しながらも、21歳という若さで夭逝した、スチュアート・サトクリフ(Stuart Sutcliffe)さん。・・・

篠田正浩は少年時代に観たヨーロッパ映画に大きな影響を受けていた!

幼い頃からフィルムなど映画に慣れ親しみ、小学3年生の時には、記録映画「民族の祭典」を観て衝撃を受けたという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、その後、黒澤明監督作品「姿三四郎」を観てさらなる衝撃を受け、そのうえ、映画を観ることが禁じら・・・

篠田正浩は幼少期に「民族の祭典」を観て衝撃を受けていた!

終戦後は、敗戦の原因がアメリカ人との体格差だと感じ、まずは体を鍛えるべく陸上競技に打ち込んだという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、その一方で、幼い頃から、映画に慣れ親しんでいたといいます。

篠田正浩の生い立ちは?少年時代は天皇を現人神と信じていた!

1960年代始め、「乾いた湖」「三味線とオートバイ」「わが恋の旅路」「夕陽に赤い俺の顔」「涙を、獅子のたて髪に」「乾いた花」など、次々と作品を発表すると、日本的な様式感覚と独特の美意識に裏打ちされた演出で、”松竹ヌーベルヴァーグ・・・

吉田拓郎は少年時代は病弱でモテなかった!

小学校2年生の時に、両親が別居することとなり、お姉さんと共にお母さんと暮らすことを選び、女性ばかりの家庭で育った、吉田拓郎(よしだ たくろう)さんですが、少年時代は病弱(小児喘息)だったことから、まるで女の子に(異性として)相手にされなかっ・・・

吉田拓郎は不在だった父親と兄にも大きな影響を受けていた!

母、姉、祖母と、女性ばかりの環境で育ったことから、子供の頃は、男らしいものにほとんど触れる機会がなく、次第に気持ちが歪んでいったのを自覚していたという、吉田拓郎(よしだ たくろう)さんですが、不在だった父親と兄の存在もまた、吉田さんの人格形・・・

吉田拓郎は女性環境で育ち気持ちが歪んでいた?

終戦後、朝鮮から鹿児島に引き揚げた両親のもと誕生した、吉田拓郎(よしだ たくろう)さんですが、両親が別居することになり、姉と共に母親についていったことから、女性ばかりの家庭で育ち、自身でも気持ちが歪んでいくのを感じたといいます。

吉田拓郎の生い立ちは?幼少期に鹿児島から広島へ転居していた!

朝鮮総督府官吏として、植民地下の朝鮮半島で農地制度近代化を支えたという、吉田拓郎(よしだ たくろう)さんのお父さんの吉田正廣さんですが、終戦後は、鹿児島県に引き揚げ、郷土史家となったそうで、そこで、吉田さんが誕生します。

上岡龍太郎の生い立ちは?幼少期から芸能に憧れていた!

1960年、「漫画トリオ」で漫才師としてデビューすると、2000年に引退するまで、立て板に水のような流暢な話術と毒の効いたユーモアで人気を博した、上岡龍太郎(かみおか りゅうたろう)さん。今回は、そんな上岡さんの生い立ちについてご紹介します・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ