「幼少期」タグの記事一覧(4 / 26Page)

愛川欽也が学童疎開中は空腹に耐えかねていた!

愛人の息子ということで、自由にお父さんに甘えることが出来ないながら、その分、母親に溺愛され、何不自由なく甘やかされて育ったという、愛川欽也(あいかわ きんや)さんですが、やがて、戦争ムードが色濃くなり、信州に学童集団疎開すると、食べ物もろく・・・

愛川欽也の生い立ちは?母親から溺愛されて育っていた!

印刷会社を経営するお父さんとその愛人だったお母さんのもと、東京・巣鴨に一人っ子として誕生した、愛川欽也(あいかわ きんや)さんですが、お母さんが年をとってから産んだ子供だったことから、特にお母さんには溺愛されて育ったといいます。

うつみ宮土理は母親の言葉で劣等生から優等生に激変していた!

10歳の時、お母さんが他界するも、伯母さん(母親の姉)が新しいお母さんとなり、愛情深く育てられたという、うつみ宮土理(うつみ みどり)さんは、その後、お母さんに褒められたことがきっかけで、みるみるうちに成績がアップしたといいます。

うつみ宮土理の生い立ちは?10歳(小4)の時に母親が他界していた!

1966年、子供向けテレビ番組「ロンパールーム」で、2代目お姉さんとしてタレントデビューして以来、50年以上に渡り、芸能界で活動している、うつみ宮土理(うつみ みどり)さん。今回は、そんなうつみさんの生い立ちについてご紹介します。

平泉成の生い立ちは?高校卒業後はホテルでベルボーイをしていた!

俳優歴50年以上の安定した演技力で、渋く作品の脇を固める、平泉成(ひらいずみ せい)さんですが、当初は、俳優には憧れを持っていただけで、高校卒業後は、ホテルに就職し、ベルボーイとして働いていたといいます。

安藤サクラは5歳で女優に憧れるもその想いを封印していた!

自身のことを姉の”作品”というほど、幼少期は、姉・桃子さんの命じられるがままに行動していたという、安藤サクラ(あんどう さくら)さんですが、一方、両親からはとても自由な発想の教育を受けていたそうです。

安藤サクラの幼少期は姉・安藤桃子に全てコントロールされていた?

奥田瑛二さんと安藤和津さんを両親に持つ、安藤サクラ(あんどう さくら)さんが、多分に両親の影響を受けたであろうことは想像に難くありませんが、サクラさんいわく、自分は姉・安藤桃子さんの”作品”とのことで、桃子さんの影響・・・

安藤和津は少女時代イジメられるも母親の言葉で立ち直っていた!

お母さんが元内閣総理大臣・犬養毅氏の三男の犬養健氏の妾(未婚の母親)ということで、幼い頃から出生や家庭環境のことでイジメられていたという、安藤和津(あんどう かず)さんですが、お母さんにはそれ以上に大事にされたといいます。

安藤和津の生い立ちは?幼少期はお姫様の様に育てられていた!

元内閣総理大臣の犬養毅氏を祖父に持つという、安藤和津(あんどう かず)さんですが、実は、犬養氏の三男の犬養健氏とその妾の間に生まれており、現在では考えられない境遇で生まれ育ったといいます。

毒蝮三太夫のデビューは中1の時の舞台「鐘の鳴る丘」!

城南大空襲(広義での東京大空襲)で、悲惨な経験をしていたことから、玉音放送を聞いて終戦と知り、内心、飛び上がるほど大喜びしたという、毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)さんは、その後、ひょんなことから、演劇の楽しさに目覚めたといいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ