横浜流星!身長は?彼女は森高愛?仮面ライダーフォーゼに出演!

Sponsored Link

「烈車戦隊トッキュウジャー」「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」に出演されている、若手俳優の横浜流星(よこはま りゅうせい)さん。戦隊ものに多く出演され、小学1年生から培った極真空手の技を活かし、迫力あるアクションシーンを披露されています。




プロフィール!


横浜さんは、1996年9月16日生まれ、
神奈川県横浜市のご出身です。

身長174センチ、

靴のサイズは27~27.5センチ、

血液型はO型、

趣味は、音楽鑑賞、

特技は、極真空手(初段)、

出身地と同じお名前ですが、
本名なのだそうです♪


スカウトされて芸能界入り


横浜さんは、小学6年生の夏休み、
家族と初めて行った原宿でスカウトされ、
芸能界に入られました。

事務所の方が、お父さんに声をかけられたそうで、
当のご本人は、小学6年生ということもあり、
スカウトというのが全然分からなかったそうですが、

もともと、目立ちたがり屋だったこともあり、
横浜さんは、芸能活動をやってみたい、
と思われたのだそうです。


極真空手で優勝


とはいえ、横浜さんは、中学時代、
小学1年生の頃から続けていた極真空手に、
熱中されていたことから、

芸能活動は、
それほどされていませんでした。

ちなみに、2011年、
中学3年生の時には、

「第7回国際青少年空手道選手権大会
13・14歳男子55kgの部」
で、
見事優勝を果たされており、

現在、その実力を、
ドラマのアクションシーンに、
活かされているようです♪




デビュー


そんな横浜さんは、2011年、
「栄光ゼミナール」のCMで芸能界デビューを果たすと、

同年、ローティーン向けファッション雑誌「ニコ☆プチ」と、
同誌の姉妹雑誌「nicola」のメンズモデルになられ、
「メンモ(メンズモデル)人気投票第1位」を獲得。

誌面で、メンモ史上初の、
連載を持つなどして活躍されましたが、

2015年、惜しまれつつ、
メンモを卒業されています。


「nicola」卒業イベントより。


仮面ライダー!


横浜さんは、2012年には、
特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」で井石二郎役を演じ、
テレビドラマデビューも果たされています。

横浜さん演じる井石二郎は、
主人公、朔田流星(吉沢亮さん)の友人で、
同じ武術道場に通い、修行に励んでいたのですが、

流星のように強くなりたいと願い、
ゾディアーツスイッチを押してしまいます。

しかし、二郎の体は、
スイッチのエネルギーに耐え切れず、
スイッチは爆発。

二郎は意識を失い、
その後も病院のベッドで眠り続けてしまうのでした。


「仮面ライダーフォーゼ」より、横浜さんと吉沢亮さん。

ちなみに、二郎は、劇中、
朔田流星の回想シーンで多く登場するのですが、

道場での修行時代、
二郎と朔田流星が組手をするシーンでは、

そのド迫力に、スタッフも驚かれたそうなので、
さすが、極真空手の実力者ですね!


彼女は岡本夏美?


ところで、横浜さんの、
気になるプライベートなのですが、

早くも、2人の方との交際が、
噂されています♪

まずは、モデルで若手女優の、
岡本夏美(おかもと なつみ)さん。



岡本さんも、横浜さん同様、
ファッション雑誌「nicola(ニコラ)」で、
専属モデルをされていたのですが、

岡本さんが、ブログに、

横浜さんと一緒にお仕事をするのは緊張する

という内容のことを綴られたことで、

岡本さんが横浜さんに、思いを寄せているのでは、
とうわさが広まったのでした。

しかし、デート現場などの目撃情報はないので、
単なるうわさに過ぎなかったようですね。

彼女は森高愛?


そして、もうひとりは、
モデルで若手女優の、
森高愛(もりたか あい)さん。

お二人は、2014年、
特撮ドラマ「烈車戦隊トッキュウジャー」で、
共演されており、

さらに、幼なじみということで、
熱愛のうわさが流れたようですが、



こちらも、デート現場などの、
目撃情報はなく、

岡本さん同様、
信ぴょう性が低いようです。


「でぶせん」に出演


さて、2016年8月からスタートする、
テレビドラマ「でぶせん」では、
義志沢月人役を演じられる横浜さん。

この作品は、デブでキモ面の福島満(森田甘路さん)が、
コスプレ衣装の買い過ぎで借金地獄に陥ってしまい、

自殺しようと、富士の樹海に向かったところ、
穴に落ちてしまい、そこで、デブの白骨死体を発見。

そして、バッグの中身の免許書の写真を見ると、
自分とそっくりの女性で、
しかも、名前まで「福島満子」とそっくり!

満は、白骨死体の指にはめられていた指輪を、
吸い込まれるようにはめると、魂が乗り移り、

国語教師「福島満子」として、
第二の人生を再スタートすることになる、
というストーリーなのですが、



横浜さん演じる義志沢月人は、
喧嘩が強く、クラスメイトを半殺しにして、
停学になった不良でありながら、

誰にも明かしていない、
意外な過去を持つという役どころ。

横浜さんは、

喧嘩のシーンは1つの見所だと思います。
月人が抱えている想い、
そこからの月人の「行動」を注目して頂きたいです。

と、おっしゃっていました。

爽やかなイメージが定着している横浜さんが、
どのように、この役を演じられるのか、

このドラマ、
横浜さんの不良姿、必見です!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ