中島かずき!劇団☆新感線の脚本家!アテルイが歌舞伎NEXTとして公演!

Sponsored Link

「劇団☆新感線」の脚本家として、数多くの作品を生み出してこられた、中島かずき(なかしま かずき)さん。特撮ファンを公言されており、2006年には「ウルトラマンマックス」で、初の特撮脚本を担当されています。




プロフィール!


中島さんは、
1959年8月19日生まれ、

出身大学は、
立教大学文学部心理学科、

中島さんは、
大の特撮ファンなのだそうです♪


「双葉社」時代


中島さんは、
2010年に退職されるまで、

出版会社「双葉社」の編集者として勤務されており、
その傍ら、脚本の執筆活動をされていたそうです。

編集を担当された作品には、
「クレヨンしんちゃん」
「ゲッターロボサーガ」

などがあり、

ご自身も、「ゲッターロボ」の、
大ファンだったそうです♪


脚本家として


そんな中島さんは、1985年、
高校時代からの友達だった、
「劇団☆新感線」の主宰者で劇作家の、

いのうえ ひでのりさんの誘いで、
「炎のハイパーステップ」公演の、
脚本を担当されると、

以降、「劇団☆新感線」の、
座付作家となられます。


前川さんといのうえさん。とても仲が良さそうですね♪

担当作品には、
1987年「阿修羅城の瞳」
1989年「スサノオ」
1990年「髑髏城の七人」

をはじめ、劇団の代表作となる作品も多く、
根強いファンを獲得されています。

ちなみに、中島さんは、
1979年、20歳の時、福岡で、
いのうえさんとユニットを結成され、
お芝居をされていたこともあったそうです。


アテルイが歌舞伎NEXTとして公演!


ところで、2015年に、中島さんの作品、
歌舞伎NEXT「阿弖流為(あてるい)」が、
公演されているのですが、

この作品は、2002年、「劇団☆新感線」が、
「アテルイ」として上演した舞台劇を、

「劇団☆新感線」「松竹」が、
タッグを組んで蘇らせたもので、

いのうえさんが演出を担当され、
市川染五郎さんが主演を務められています。


歌舞伎NEXT「阿弖流為(あてるい)」より。
(左から)中村七之助さん、中村勘九郎さん、市川染五郎さん。


この作品は、古代日本を舞台に、
国家統一を目指す大和朝廷から、
故郷を守るために立ち上がった、

主人公の阿弖流為(市川さん)と、
立烏帽子(中村七之助さん)が、

敵対する征夷大将軍、
坂上田村麻呂(中村勘九郎さん)と、
戦う姿を描いた人間ドラマということで、

この熱く爽快な物語は、
中島さんの得意とするところ。

また、新しい時代を受け継いだ、
「歌舞伎NEXT」第1作目ということで、

主演の市川さんは、

「歌舞伎NEXT」という、今までになかった歌舞伎が、
今日、誕生しますので、
その第一歩の生き証人になっていただきたい。

と、熱く語っておられました。

「ふたがしら2」


さて、2016年9月からスタートする、
テレビドラマ「ふたがしら2」では、
前作に引き続き、脚本を担当される中島さん。

この作品は、同名の人気漫画が原作で、
2015年に放送された、前作の続編なのですが、

明るく豪快な弁慶(松山ケンイチさん)と、
頭脳明晰でクールな宗次(早乙女太一さん)の、
二人の盗賊が繰り広げる、
痛快時代劇エンターテイメント。

今回は原作にはない、
弁慶と宗次が築いた盗賊一味「壱師」の創成期を、
中島さんのオリジナルストーリーで、
描かれているとのことで、

「秋の空のように、すっきり爽やかな気持ちになる」
と言われる中島作品に、この秋、
どっぷりハマってみては、いかが?



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ