千原ジュニア!身長は?バイク事故で生死をさまよう!

Sponsored Link

お笑いコンビ「千原兄弟」の弟、千原ジュニア(ちはら ジュニア)さん。現在は、お笑い芸人のほか、司会や俳優など幅広い分野で活動されています。




プロフィール!


千原さんは、1974年3月30日生まれ、
京都府福知山市のご出身です。

身長180センチ、

足のサイズは27センチ、

血液型はO型、

学歴は、
京都共栄学園高等学校中退、

趣味は、
マンガを読むこと、映画観賞 ボクシング、

本名は、
千原浩史(ちはら こうじ)さん、

だそうです♪


小学校時代


千原さんは、小学校時代、
よく、友達と悪さをしていたそうですが、

なぜか、千原さんだけが、
目立ってしまっていたそうで、



そのため、友達の親からは、
よく思われておらず、

遊びに行った友達の家から、

「千原くんと遊んだらあかん」

と言う声が聞こえてきたことも、
あったそうです。

中学・高校学時代


そんな中、千原さんは、
周りを見返すために、

当時、一目置かれていた、
私立の中学を受験することを決意。

親に頼み込んで塾に行かせてもらい、
その甲斐あって見事合格されたのですが、

千原さんにとっては、
「この中学に入ること」が目的だったため、
急にやる気が失せてしまったことと、

さらに、進学校だったため、
周囲は大学受験に向けて猛勉強しており、

千原さんはそんな空気に馴染めず、
ついに、不登校になってしまったのでした。



それでも、中学を卒業し、
なんとか高校に進学したものの、

相変わらず引きこもりがちで、
たまに学校へ行っても、
一言も話さなかったため、

みんなからは、
気持ち悪がられていたそうです。

そんなある日、千原さんは、学校の帰り道、
とうとう、橋から川に制服を投げ捨て、

その日以来、高校へは行かず、
家に引きこもってしまったのでした。


お笑いを目指す


こうして、引きこもりの日々が続く中、
千原さんは、お兄さんのせいじさんに、

お前、何もせんと家におんのやったら、
俺吉本にいてるから来いや。

と、誘われ、
NSC(吉本総合芸能学院)に出向くことに。

せいじさんに、
明後日までにネタを作ってくるように言われ、

なんとかネタを作り上げて、
当日、そのネタを生徒の前で披露すると、

生徒たちに大ウケ!
爆笑の渦となったのだそうです。

千原さんは、その瞬間、

俺にはこれしかない、この世界で闘っていくんや。

と、お笑いで生きていくことを決意。
高校を中退されたのでした。

「千原兄弟」結成


そして、千原さんは、1989年、
せいじさんと、お笑いコンビ「千原兄弟」を結成すると、

「心斎橋筋2丁目劇場」で頭角を表し、
「大阪城ホール」での公演を、
超満員にされるまでに!

さらに、1994年には、
「ABCお笑い新人グランプリ」で、
「第15回 優秀新人賞」を、

同年、ラジオ大阪の「上方漫才大賞」では、
「第29回 新人賞」を受賞されるなど、

その実力を見せつけられ、
大阪で大成功を収められたのでした。


当時の「千原兄弟」。目つき悪っ!

その後、1997年に東京に進出。
当初は、仕事がなく苦労されますが、

コツコツと、小さな会場でコントライブを重ね、
次第にテレビの仕事が増えていくと、
お茶の間の人気者に。

現在はピンでも活躍されています。


バイク事故で生死をさ迷う!


そんなトントン拍子に見える、
千原さんの芸能人生ですが、

上京して4年目、
生死をさまよう大事故に遭われています。

一体何があったのでしょうか?

千原さんは、2001年3月26日深夜、
バイクで家に帰る途中、

タクシーとの接触を避けた際、
ガードレールに激突。

千原さんは、この事故で、
鼻・左頬・前頭骨を骨折、あごは真っ二つに割れ、
おでこの神経が切れるという、
大けがを負われたのでした。



さらに、ひどいことに、
眼窩底と内壁を骨折したことで、
眼球が垂れ下がり、

脳は全体的に腫れ、
髄液が漏れているという、

とても危険な状態に陥っていたそうで、

事故の知らせを受けて、
駆けつけたせいじさんにも、
弟の顔が判別できないほどだったそうです。


奇跡的な回復


しかし、その後、脳や脊髄に損傷がなく、
後遺症の可能性も低いことが分かり、
千原さんは、峠を越えられたのでした。

実は、千原さんは、事故の当日、
春の日差しが気持ち良いということで、

いつも被っているフルフェイスではなく、
半キャップ型に変えられていたのですが、

この半キャップが、
千原さんの命を救ったのだそうです。

もし、フルフェイスだと、
首にすべての衝撃がかかり、
即死していただろうというのです。

とはいえ、一命をとりとめた程度で、
顔の損傷はひどく、

10時間に及ぶ手術は、
無事に成功したものの、

完全な顔を取り戻すのには、
1年半もかかったそうです。



また、2014年8月には、
顔の後遺症の手術をされたということで、

どれほど、この事故が、
凄まじかったかが分かりますね。

さて、いかがでしたでしょうか?

千原さんは、2012年からは、
再び、バイクに乗り始めたそうですが、

やはり10年以上経つと、
恐怖心も薄くなるものなのでしょうか?

それとも、恐怖心を上回るほど、
バイクがお好きなのでしょうか?

いずれにせよ、今後は、
十分、気をつけて、
バイクを楽しんでほしいですね♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ