三船敏郎!身長は?妻は?黒澤明監督!写真家志望だった?

Sponsored Link

「ヴェネツィア国際映画祭男優賞」を2度も受賞し、「世界のミフネ」と呼ばれた日本の映画スター、三船敏郎(みふね としろう)さん。黒澤明監督の映画に数多く出演し、日本のみならず、世界中の映画人から引っ張りだことなられました。




プロフィール!


三船さんは、1920年4月1日生まれ、
中華民国山東省青島市のご出身です。

身長174センチ、

血液型はO型、

学歴は、
(中国の)大連中学卒業、

趣味は、車と船で、
1952年型MG-TD、1962年型ロールスロイスシルバークラウド、
オールドモービル、ジャガー、メルセデスベンツ、モーターホーム等多数所有。

特技は、
剣術、乗馬、射撃、

だそうです♪


父の職業は写真業


三船さんが5歳の頃、
一家が、中国・大連に移り住み、
お父さんがそこで、「スター写真館」を開業されるのですが、

そのことが、後の三船さんに、
大きな影響を与えます。

というのも、三船さんは、
20歳になり、兵役に就くのですが、

写真の知識と経験があることから、
満州国・公主嶺の陸軍第七航空隊に配属されると、

そこでも写真の腕を見込まれ、
航空写真を扱う、司令部偵察機の偵察員に。

さらに、頼まれて撮影した、
上官の家族の写真の出来栄えが良かったことから、

教育隊に残るように命じられ、
三船さんは、戦地に赴くことなく、
生き残ることができたのだそうです。

ちなみに、先輩兵である大山年治さんからは、

俺はこの3月に満期除隊となるが、来年はお前の番だ、
満期になったら砧の撮影所へ来い。撮影助手に使ってやる。

と誘われるのですが、

戦況が激しくなったことで、
満期除隊はなくなってしまい、

以降、三船さんは、
敗戦まで、6年間兵役に就くことに。

戦争末期には、
熊本の特攻基地隊に配属され、

出撃前の隊員達の遺影を撮るという、
辛い仕事に従事されたのでした。

映画界へ


そして、1945年、
三船さんは、特攻基地で敗戦を迎えると、
復員服のままで上京。

三船さんは、大山さんとの約束を頼りに、
大山さんを訪ね、撮影助手を願い出ます。

しかし、なぜか、三船さんは、
俳優の面接を受けることに・・・

これには、2つの説があり、

一つは、何かの手違いで、
三船さんの志願書が、俳優志願の申込書の中に、
混ざってしまったという説。

もう一つは、本土復員に伴い、
復帰社員が増加したことから、
縁故採用が難しくなったことで、

大山さんから、

とりあえず、「第1回ニューフェイス募集」
をしてるから受けてみろ、貴様の面なら合格するはずだ、
入ってしまいさえすれば撮影助手に呼べるからな。

と、助言を受けたため、

不本意ながら、俳優志望として、
面接を受けたという説。

さておき、三船さんは、
俳優の面接を受けられたのですが、

審査員から、

「笑ってみてください」

と言われた際、

「面白くもないのに笑えません」

と、ふてぶてしい態度をとってしまい、
その結果、不合格に。

黒澤明との出会い


しかし、三船さんは、面接会場に居合わせた、
女優の高峰秀子さんの目に止まり、

高峰さんが、三船さんの存在を、
映画監督の黒澤明さんに知らせると、

三船さんを見に駆けつけた黒澤さんも、
三船さんに対し、ただならぬ予感を感じられたそうで、

三船さんは、「東宝第1期ニューフェイス」の、
補欠として採用されたのでした。


映画デビュー


それでも、三船さんは、
撮影部に所属することにこだわり、
俳優になる気はなかったそうですが、

野性的な男を探していた、
映画監督の谷口千吉さんに口説き落とされ、

「銀嶺の果て」で映画デビュー。


「銀嶺の果て」より。

三船さんは、この映画で、
雪山で遭難する3人のうちのひとりを、
演じられるのですが、

黒澤監督は、この映画を見て、
三船さんの類まれなる才能を確信されたのでした。


映画スターに


そして、三船さんは、1948年、
黒澤監督の映画「醉いどれ天使」で、

破滅的な生き方をする、
ヤクザ役を演じ、一躍スターに。


「醉いどれ天使」より。志村喬さんと三船さん。

黒澤さんは、三船さんについて、

彼は表現がスピーディなんですよ。

一を言うと十わかる。
珍しいほど監督の意図に反応する。

日本の俳優はおおむねスローだね。
こいつを生かしていこうと思ったね、あの時は。

と、語っておられます。

この映画は、大ヒットを記録し、
ロングラン上映が決定。

舞台化もされ、三船さんは、
主演の志村喬さんとともに、
全国を巡られたのでした。

三船さんは、その後、

1949年「静かなる決闘」
     「野良犬」



「静かなる決闘」より。

1950年「醜聞(スキャンダル)」
     「羅生門」



「羅生門」より。

と、黒澤さんの映画で、
次々と主演を務めると、

1951年には、「羅生門」が、
「ヴェネチア映画祭金獅子賞」を受賞し、
「世界のミフネ」の起点となったのでした。

世界のミフネへ


また、
1954年「七人の侍」では、
「ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞」
「アカデミー美術賞・衣装デザイン賞ノミネート」



「七人の侍」より。

1961年「用心棒」では、
「ヴェネツィア国際映画祭男優賞」
「アカデミー衣装デザイン賞・作曲賞ノミネート」



「用心棒」より。

1965年「赤ひげ」では、
「ヴェネツィア国際映画祭男優賞・サン・ジョルジョ賞」


「赤ひげ」より。

と黒澤さんとともに三船さんの名が、
世界に知れ渡るようになると、
三船さんのもとには世界中からオファーが。

三船さんは、日本映画の出演を優先し、
ほとんどの依頼を断られていたのですが、

それでも、

1961年「価値ある男」(メキシコ)
1966年「グラン・プリ」(アメリカ)


「グラン・プリ」より。

1968年「太平洋の地獄」(アメリカ)
1971年「レッド・サン」(フランス・イタリア・スペイン)
1975年「太陽にかける橋 ペイパー・タイガー」(イギリス)


「レッド・サン」より。

などの海外作品に出演され、
海外のスターと共演を果たされています。

以降、三船さんは、俳優業の傍ら、
バラエティ番組の出演、映画プロデューサー、
三船プロダクションの社長など、
様々な分野で活動をされ、

1997年、多臓器不全で、
他界されています。


妻は?


そんな三船さんの、
気になるプライベートなのですが、

三船さんは、1950年、
「東宝第一期ニューフェイス」の同期だった、
女優の吉峰幸子さんと結婚されています。


三船さんと吉峰幸子さん。

結婚生活は、当初は良好で、
2人の息子さんを設けられたのですが、

1970年代に入ると、
酒乱が原因で、三船さんが、
奥さんから家を追い出される形で別居。

ただ、奥さんは、
自分から三船さんを追い出したものの、

そんな行動とは裏腹に、
三船さんとの関係修復を望まれていたと言われており、

三船さんの方から、数回に渡り、
離婚を迫られてもこれを拒否。

奥さんは、最後まで、
離婚に応じなかったそうです。


内縁の妻


一方、三船さんは、
奥さんとの離婚裁判中に、

映画で共演された、
女優の喜多川美佳(本名:大野照代)さんと交際。


当時の喜多川美佳さん。

1974年、アメリカのフォード大統領を、
迎賓館に招いた歓迎晩餐会では、
喜多川さんを妻として同伴し、
出席されていたとか。

さらに、1982年に、
娘の美佳さんが誕生すると、

喜多川さんと娘の美佳さんを連れて、
マスコミの前に現れ、
親子3人の写真を撮らせていたとも。

三船さんは、喜多川さんを、
公の場で、堂々と、
奥さんとして扱っていたようです。


本妻の元へ


しかし、1992年、
三船さんが「心筋梗塞」を起こして倒れると、

なんと、三船さんは、喜多川さんから、
関係を解消されてしまいます。

そして、そんな三船さんを引き取り、
看病を希望されたのは、
本妻の幸子さんだったのでした。

以降、奥さんは、
体調のすぐれない三船さんを献身的に看護され、
晩年の夫婦仲は円満だったのですが、

1995年、
奥さんが先に他界。

その2年後の1997年、
三船さんも他界されたのでした。


三船さんの遺作となった1995年「深い河」より。

さて、いかがでしたでしょうか?

戦後、日本が産んだ映画スターとして、
黒澤監督の映画に数多く出演し、
世界を魅了した三船さん。

自ら世界に売り込み、
活躍する日本人は数多くいますが、

日本人としての姿勢を崩さず、
むしろそれを買われて、海外の監督から、
数多くオファーを受けたのは、三船さんだけ。

時代背景もありますが、もう、
三船さんのようなスーパースターは、
二度と出てこないことでしょう。

是非、この機会に、
三船さんの出演作品をご覧になってみては?



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ