ET-KING!愛しい人へ!ギフト!TENN死去の原因は?イトキンが再結成の理由告白!

Sponsored Link

1999年に大阪で結成し、2007年に、シングル「愛しい人」「ギフト」と立て続けにヒットを飛ばした、J-POPユニット「ET-KING」。2014年には、一旦、活動を停止していますが、メンバーの死を経て、2015年、活動を再開しています。




「ET-KING」


1999年、イトキンさん、TENNさん、KLUTCHさんの3人は、
大阪の大国町を拠点に「ET-KING」結成。

その後、ライブを観に来たセンコウさんが、
そのパフォーマンスに感銘を受け、加入を志願。

また、詳しい経緯は分かりませんでしたが、
イトキンさんと高校の同級生だったBUCCIさん、

KLUTCHさんと同じ中学の先輩だった、
DJ BOOBYさんが加入し、
しばらくは、6人で活動されていたのですが、

2003年には、「ET-KING」とイベントで共演経験があり、
「ET-KING」に憧れていたコシバKENさんが加入。

以下、最終的な「ET-KING」のメンバーとなっています。

イトキンさん(ヴォーカル)
TENNさん(MC)
KLUTCHさん(ヴォーカル)
センコウさん(ヴォーカル)
BUCCIさん(ヴォーカル)
DJ BOOBYさん(DJ)
コシバKENさん(総合司会)


(左から)BOOBYさん、KLUTCHさん、TENNさん、イトキンさん、
BUCCIさん、センコウさん、コシバKENさん。



デビュー


そして、2005年、「ET-KING」
テレビ番組「流派-R」で特集されたイベント、
「流派NIGHT」のオーディション企画、
「R-Battle」に参加されると、

応募者総数450組の中から、
見事グランプリを獲得!

レコード会社5社の争奪戦の末、
翌年の2006年夏、ユニバーサルミュージックより、

ファーストシングル「ドーナッツ/夏大盛り」で、
メジャーデビューを果たされています。


「ドーナッツ/夏大盛り」


「愛しい人へ」「ギフト」がヒット!


その後、「ET-KING」は、

2007年2月にリリースした、
3番目のシングル「愛しい人へ」が、オリコン最高10位、
デジタルダウンロード件数100万件を突破するヒット!


「愛しい人へ」

さらに、同年7月にリリースした、
5番目のシングル「ギフト」が、
オリコンチャート最高12位を記録するヒットとなり、


「ギフト」

結婚式で使われる定番ソングとなるなど、
広く世の中に知られるようになったのでした。


活動休止へ


また、翌年の2008年には、
アニメ「ヤッターマン」の主題歌、
「ヤッターマンの歌」を担当されるなど、

順調な活動を続けられていたのですが、
次第に人気が低迷。

2014年3月には、
「ET-KING 結成15周年記念全国ツアー
~おまえとおったらおもろいわ!~」

11都市11公演をスタートさせるも、

翌月の4月に、地元、大阪フェスティバルホールの、
最終公演をもって活動を休止。

メンバーは、活動休止にあたり、

結成15周年を迎えるにあたり、
メンバー全員で繰り返し話し合いを進めてきました。

自分達に、この先何が出来るのか? 
7人で作る音楽の意味とは何なのか? 

いま一度グループとしての活動を見直し、
また一から新しいET-KINGというものを作り上げていく、
そんな時間が必要だという意見に達しました。

と、発表されています。



TENN死去!原因は?


こうして、「ET-KING」は充電期間に入り、
メンバーそれぞれが、個々で活動を開始された矢先・・・

2014年9月、
TENNさんが自ら命を断たれます。

大阪市天王寺区にある自宅マンションの駐車場車内で、
TENNさんが首をつっているのを、

奥さんである、SPEEDの上原多香子さんが発見し、
救急車で病院に運ばれるも、死亡が確認されたのでした。


上原多香子さんとTENNさん。

TENNさんは、それまで、
自殺をほのめかすような言動などはなく、

曲を作ったり、携帯電話を購入するなど、
普通の生活を送られていたようなので、

なぜ、自殺したのか分からないと、
周囲の人たちは首をかしげているのですが、

その一方で、この頃、TENNさんは、
ほとんど無収入に近い状態で、

「ET-KING」活動休止後、
センコウさん、BUCCIさんと3人で、
ユニット「ヒロウモンズ」を結成されるも、
新曲の制作で煮詰まり、

知人の男性に、電話で、

ヒロウモンズでどうしても1発当てなきゃいけない

と、話されていたそうで、
追い込まれたような感じだったとのこと。

また、そのような状況だっため、
金銭面で、奥さんの上原さんに頼っていたこと、

そして、東京で活動する上原さんと、
すれ違いの生活が続き、離婚話も出ていたことから、
悩んでいたとも言われています。


TENNさんの遺影を抱える上原多香子さん。

活動再開


そんな中、2015年7月、
「ET-KING」は活動を再開。

TENNさんが亡くなったことで、
メンバーは、辛く苦しい日々を送られていたのですが、

TENNさんのお母さんの、

大丈夫やで。離れてないから。
また会えるし。ちょっと遠いところにおるだけや。

の言葉に励まされ、
「ET-KING」の活動再開を決意されたそうで、

活動休止中に、大阪のスタジオを拠点に、
自分たちのレーベルを設立し、

2016年4月には、
再始動後初のワンマンライブを、
大阪城野外音楽堂で開催されています。

そのことにつて、イトキンさんは、

僕らはずっと大阪・大国町で、
メンバーみんなで共同生活をしていたこともあって、
どこかで「みんながおって当たり前」と、
刷り込みのように、無条件に思ってきたんです。

ただ、今回、TENNのことがあって、
それがガラッと変わりました。

ホンマに、ホンマに。「いるのは当たり前ではない」。
そう、心底思うようになりました。切なくもありますけど。

となると、より一層、好きなもんとおれる時間というのが、
とんでもなく貴重で、幸せなものやと思えるようになったんです。

と、語っておられ、

もともと、とても仲の良いメンバーでしたが、
このことで、一層絆が強くなったご様子。

TENNさんのことは残念ですが、
どうせなら、全盛期を超えるような、
ブレイクをを期待したいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ