マキノノゾミの本名は?嫁はキムラ緑子!沢田研二と?劇団M.O.P.?

Sponsored Link

1984年に、「劇団M.O.P.」を旗揚げし、脚本家、演出家、劇作家として活動されている、マキノノゾミさん。当初はつかこうへいさんの作品を上演されていましたが、1989年からはオリジナルの制作を始められ、時代劇、青春ドラマ、コメディ、アメリカが舞台の作品など、様々な作品を発表されています。




プロフィール!


マキノさんは、1959年9月29日生まれ、
静岡県浜松市のご出身です。

身長183センチ、
体重88キロ、

血液型はB型、

出身大学は、
同志社大学文学部卒業、

趣味・特技は、
ピアノ、ギター、

本名は、
牧野望(まきの のぞみ)さん、

だそうです♪


「劇団M.O.P.」


マキノさんは、大学入学後、一番最初に親しくなった友達が、
演劇サークルに入っていたことから、
サークル活動を手伝っていたそうですが、

いつしか、マキノさんも、
演劇活動にのめり込んでしまったそうで、
そのうち、演出を手がけられるまでに。

そして、大学卒業後の1984年、
「劇団M.O.P.」を結成し、

同年、つかこうへいさん作
「熱海殺人事件」で旗上げされたのでした。

以降、マキノさんは、
「広島に原爆を落とす日」「ストリッパー物語」
「飛龍伝」「寝取られ宗介」
など、
つかさんの作品を次々と上演されていたのですが、

1989年「HAPPY MAN」公演より、
オリジナルの作品を上演。

マキノさんは、オリジナルの脚本を、
書くようになった経緯について、

29歳で初めて書いたんですよ。
当時の小劇場は劇団の代表が戯曲も書くし、
演出もするし・・・というところが多くて、

「マキノ、お前が書けよ」となった。
それで書いてみたら「意外とできるな」って(笑)。

でも同年代の作家は20歳ぐらいから書いているわけだから、
俺にとっては「失われた10年を取り返そう!」ですよ。

コメディー、西部劇、チャンバラ、文芸ものと、
作品ごとにジャンルを決めて書き始めました。。

と、語っておられました。

こうして、ジャンルを問わず、
様々な作品を書かれ上演されていたマキノさんですが、

マキノさんの外部でのお仕事が忙しくなったことから、
2010年「さらば八月のうた」をもって、
「劇団M.O.P.」は解散されています。


「劇団M.O.P.」最終公演「さらば八月のうた」より。

沢田研二と?


ところで、マキノさんを「沢田研二」で、
多くの方が検索されているようです。

というのも、マキノさんは、
2006年から、沢田研二さん主演の音楽劇で、
脚本と演出を担当されており、

マキノさんは、
沢田さんとの出会いを、

2003年だったかな。
杉浦直樹さんのお芝居を観に行ったときに、
楽屋にご挨拶にお邪魔したら、

杉浦さんとの共演が決まっていた沢田さんも、
いらっしゃったんですよ。

そのときは、簡単な自己紹介だけ、
させていただいたんです。

なぜか僕のことをご存知だったことに驚きましたが、
それから2年くらいして、沢田さんご本人から、
「やってくれないか」とオファーをいただきました。

もちろん、一も二もなく、
「やらせていただきます」と即答しました。

と、明かされているのですが、

実は、この時、
「劇団M.O.P.」の舞台公演と、
スケジュールが重なっていたそうで、

沢田さんの大ファンであったマキノさんは、
どうしても、このチャンスを逃したくなくて、
劇団のスケジュールを変更してもらったのだとか。

こうして、マキノさんは、2006年、
沢田さん主演の音楽劇「モダン出世双六 天国を見た男」で、
脚本と演出を担当されると、


「モダン出世双六 天国を見た男」より。
沢田研二さんと南野陽子さん。


以降、

2009年、2011年「探偵~哀しきチェイサー~」
2012年「お嬢さんお手上げだ」
2013年「探偵~哀しきチェイサー2 雨だれの挽歌」
2014年「悪名」
2015年「お嬢さんお手上げだ・明治編」
2016年「悪名 The Badboys Return!」


「お嬢さんお手上げだ・明治編」より。

と、次々に、沢田さんの作品を担当。

マキノさんは、沢田さんについて、

お付き合いも長くなってきましたが、
いまでも沢田さんの歌の素晴らしさには驚かされるばかりですね。

声量から何から、他の歌手とはまったく違う。
やっぱり「ジュリー」としか言いようがない大スターです。

と、熱く語っておられました。

キムラ緑子


そんなマキノさんの、
気になるプライベートですが、

マキノさんは、1992年、
「劇団M.O.P.」のメンバーで、女優の、
キムラ緑子さんと結婚されています。


マキノさんとキムラ緑子さん♪

実は、キムラさんの一目惚れだったようで、
キムラさんは、マキノさんとの出会いを、

役者になるつもりなんてなかったんですけど(笑)。
大学で、芝居をやりたいという友達に、

「サークルの見学に行くからついてきて」と言われて、
初めて観たのがマキノノゾミがやってた、つかこうへいさんの芝居で。

それが格好よくて、ものすごい衝撃だったんです。

と、語っておられました。

こうして、結婚されたお二人は、
公私ともに順調だったのですが、
2005年には離婚。

なんと、キムラさんが、

「旦那さんが演出家なんだから良い仕事が来るのよ」

と、陰口を叩かれたことに腹を立てられ、

「実力の世界でやってやる!」

と離婚を決意されたそうで、

マキノさんも、そんなキムラさんの気持ちをくみ、

「毎日必ず連絡を取り合うという約束を守るんやったら」

という条件で離婚を承諾。

こうして離婚されたお二人ですが、
離婚後も、お互いのブログに登場し合ったり、
お二人で猫を育てられるなど、
相変わらず仲睦まじいご様子だったそうで、

その後、劇団が解散する2010年頃、
お二人は復縁(再婚)されたのでした。



さて、いかがでしたでしょうか?

学生運動などを体験した団塊の世代や、
戦争体験をした世代とは違い、

平和で、語るべきものが何もない時代に育ったことに、
一度は嘆かれたマキノさんですが、

その「何もない」を武器に、
「じゃあ想像してやろう」と、
気持ちを切り替えられたそうで、

沢田さんの音楽劇をはじめ、
マキノさんの多種多様なお芝居は、
そうして生まれたのですね。

それは、平和で何もない幸せを謳歌して、
心から演劇を楽しむということなのかもしれません。

これからも、その自由な発想で、
素晴らしいお芝居を上演してほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ