神田沙也加の母親は松田聖子!父親は?壮絶なイジメを受けていた!

Sponsored Link

2002年、ファーストシングル「ever since」でアイドル歌手としてデビューし、翌年の2003年には、映画「ドラゴンヘッド」でヒロインに抜擢されるも、大きくブレイクすることはなかった、神田沙也加(かんだ さやか)さん。しかし、2004年、ミュージカル「INTO THE WOODS」で約20倍の難関を突破して赤ずきんの役を射止められると、舞台女優としての道を歩み始められます。




プロフィール!


沙也加さんは、1986年10月1日生まれ、
東京都のご出身です。

身長157センチ、

血液型はA型、

趣味は、
ロリータファッション、アニメ、

お父さんは、俳優の神田正輝さん、
お母さんは、歌手の松田聖子さん、

旧芸名は「SAYAKA」です♪


「SAYAKA」名義で芸能活動をスタート


沙也加さんは、1998年、12歳頃から、
「SAYAKA」名義で芸能活動を開始。

1999年には、「ALICE」というペンネームで、
お母さんである聖子さんの曲「恋はいつでも95点」で、
初めて作詞に挑戦されています。

(この時はまだ、「ALICE」が聖子さんの娘であることは、
 伏せられていたようです)

ただ、聖子さんがトップアイドルだったため、
幼い頃から、周囲には、

「あなたは歌手にだけはなってはいけない」

「(お母さんと)同じ道を選んでも比較されてつらい思いをするだろう」

と、言われて育ったそうで、

沙也加さんは、自分は歌手になってはいけないと、
思い込んでおられたそうです。


「恋はいつでも95点」

壮絶なイジメ


また、沙也加さんは、
有名人の娘ということで、

中学時代、全寮制の名門で、
壮絶なイジメに遭われます。

それは、下着が盗まれて見世物にされたり、
夕食を終えて自室に戻ると、
布団がびしょびしょに濡らされていて、
眠ることができなかったりといった陰湿なもので、

とうとう、逃げ場のない寮のイジメに耐えかね、
通学生として通うことに。

ただ、それでも、やはりイジメは続き、
結局、沙也加さんは中学時代だけで、
4回も転校を繰り返すこととなったのだとか。

(ちなみに、血の繋がらない遠い親戚の家に預けられての、
 通学だったそうで、自宅に戻らなかったのは、
 聖子さんのスキャンダルが原因だと言われています。)


歌手、女優としてデビューするも・・・


その一方で、沙也加さんは、
2001年5月、15歳の時、

江崎グリコ「アイスの実」でCM初出演し、
自身が作詞したオリジナル曲も歌唱。


「アイスの実」のCMより。

翌月の6月には、聖子さんのコンサートで、
初めてファンの前で生の姿を紹介され、

翌年の2002年5月には、
ファーストシングル「ever since」で、
アイドル歌手デビュー。


「ever since」

続く2003年8月には、
自ら作詞作曲した2枚目のシングル、
「garden」をリリースされるのですが、
いずれもヒットとは程遠い結果に・・・


「garden」

そして、2003年には、映画「ドラゴンヘッド」で、
ヒロインに抜擢され、妻夫木聡さんと共演。

また、「ヤンキー母校に帰る」では、
テレビ出演も果たし、

大々的に女優としての活動も始められたのですが、
やはり、どれもパッとはしなかったのでした。


「ドラゴンヘッド」より。妻夫木聡さんと沙也加さん。


元トップアイドルの娘が故に


というのも、沙也加さんの場合、両親が有名人のうえ、
特にお母さんが松田聖子さんということで、

他の二世タレントとは、
比べ物にならないほど注目度が高いため、
どうしても、実力不足が目立ち、

かといって、古典的な顔立ちなどから、
アイドルとしての素質も乏しい沙也加さんは、
業界内で厳しい評価となっていたのでした。

そこで、聖子さんは、
そんな沙也加さんを心配してか、
音楽留学も勧められるのですが、

このまま日本で仕事を続けたかった沙也加さんは、
2004年、宮本亜門さんのミュージカル、
「INTO THE WOODS」のオーディションを受けられます。


宮本亜門の舞台に出演


すると、約20倍の難関を突破。
沙也加さんは、赤ずきん役を射止められたのでした。

ほとんどが有名劇団出身の、
ベテラン俳優ぞろいの中での起用だったそうで、

沙也加さんは、

ミュージカルは初めてで、右も左も分からなくて、
自信もない状態だったんですが、

そんなときに亜門さんが
「ちゃんとあなたを見て選んだんだから、
あなたはあなたのままで、自信を持ってそこに立っていいんだよ」

って言ってくれて、すごい楽になったし、
ちゃんとここに立っていくぞと思った。

と、当時の心境を明かされています。

ちなみに、宮本さんは、

(沙也加さんに)歌ってもらって、本気なんですよ。
絶対舞台女優になるという意志のもとに来ていて、
生半可じゃない熱の入れようで、声が素晴らしかった。

と、沙也加さんを起用した理由を、
明かされており、

沙也加さんの本気度が、
起用の決め手となったようですね。

こうして、沙也加さんは、自らの手でチャンスを掴み、
舞台女優としての一歩を踏み出されたのですが・・・

「『アナと雪の女王』でブレイク~結婚発表~」へ続く



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ