マイケル・ジャクソンはジャクソン5だった!Dancing Machineでロボットダンス!

Sponsored Link

1963年、5歳の時に、兄弟が結成したユニット「ジャクソン・ブラザーズ (The Jackson Brothers)」に加入し、その後「ジャクソン5 (The Jackson Five)」として活動された、マイケル・ジャクソンさん。兄弟の中でも、飛び抜けて歌とダンスが上手く、たちまち頭角を現すと、絶大な人気を得ました。




プロフィール!


マイケルさんは、
1958年8月29日生まれ、
アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリーのご出身、

身長178センチ、

靴のサイズは、
27.5~28センチ、

趣味は、
読書、絵を描くこと、遊園地に行く、旅行、
買い物、映画を見る、子どもたちと過ごすこと
(特に不治の病や恵まれない子どもたちと過ごしてあげること)
絵画収集、彫刻収集、投資など、

本名は、
マイケル・ジョセフ・ジャクソン、

だそうです♪


兄弟ユニット「ジャクソン・ブラザーズ」に加入


マイケルさんのお父さんは、
鉄工所に勤めていたそうですが、
もともと音楽を志していたこともあり、

1962年に、マイケルさんの3人のお兄さん、
ジャッキーさん、ジャーメインさん、ティトさんで、
ユニット「ジャクソン・ブラザーズ (The Jackson Brothers)」
を結成すると、

翌年の1963年には、マイケルさん(5歳)と、
もう一人のお兄さんマーロンさんも加入。

マイケルさんは、歌と踊りが上手だったことから、
ジャーメインさんに代わって、
フロントに立つようになります。



ただ、お父さんのレッスンはとても厳しく、
ステップを間違えると、ベルトや物で殴られるなどの虐待を受け、

さらに、「デカ鼻」とからかわれ続けたことから、
マイケルさんは、お父さんの姿を見ただけで、
嘔吐してしまうほどだったそうです。


「ジャクソン5」で頭角を現す


その後、5人は、
「ジャクソン5 (The Jackson Five)」と名乗ると、

地元のハイスクールで行われたタレントショーなど、
数々のコンテストで優勝するなど、早くも頭角を現し、

1968年には、プロへの登竜門と呼ばれる、
クラブ「ハーレムアポロシアター」に出演。

すると、大きく注目を集め、
地元レーベル「スティールタウン (Steelwotn)」と契約し、

ファースト・シングル「I’m A Big Boy Now」で、
デビューを果たされたのでした。


ボビー・テイラーに見いだされる


そんな折、「ジャクソン5」は、ライブの前座で、
シンガーのボビー・テイラーさんに才能を見出され、
無理矢理、デトロイトに連れて行かれると、

その後、ロサンゼルスで、「モータウン・レコード」の社長、
ベリー・ゴーディさんを紹介され、

同年7月には、
「モータウン・レコード」と契約。

翌年の1969年10月には、
「I Want You Back」でメジャーデビューを果たすと、

デビュー曲でありながら、翌年の1970年には、
「Billboard Hot 100」「ビルボード誌」R&Bチャートの、
両方で1位を獲得!


「I Want You Back」

そして、続く、

2ndシングル「ABC」
3rdシングル「The Love You Save」
4thシングル「I’ll Be There」

も1位を獲得し、4曲連続での、
全米チャート1位という快挙を成し遂げたのでした。



(ちなみに、ジャクソン一家は、この成功で、カリフォルニア州の、
 サンフェルナンド・バレーで、12室もある豪邸、
 「ハイヴェンハースト (Hayvenhurst)」に移住しています。)


人気絶頂期に「Got To Be There」でソロデビュー


その後も、「ジャクソン5」は、
リリースするレコードが次から次へとヒット。

中でも、リード・ヴォーカルの、
マイケルさんの人気は群を抜いており、

ついに、「ジャクソン5」が、
人気絶頂の1971年10月、

マイケルさんは、「Got To Be There」で、
ソロデビューを果たされます。

すると、変声期前の透明感溢れる、
伸びやかな歌声が人々の心をとらえ、

翌年の1972年1月には、
同名のソロアルバムが大ヒット。


「Got To Be There」

以降、マイケルさんは、「ジャクソン5」の活動と、
ソロアーティストとしての活動を並行して行かれたのでした。


「Dancing Machine」のロボットダンスで人々を魅了


そんなマイケルさんは、1973年には、
ソロ2作目となるアルバム「Ben」をリリースすると、

このアルバムの1曲目「Ben」が、
映画「Ben」の主題歌となり、注目を集めます。

また、1974年には、「ジャクソン5」として、
リリースした曲「Dancing Machine」で、

それまで主にストリートダンサーの間で踊られていた、
ロボットダンスを間奏で披露。

兄弟たちとは一線を画す、
キレのある華麗なダンスで人々を魅了されています。




「CBS/EPIC」に移籍


ところで、この頃、マイケルさんたちは、
マーヴィン・ゲイやスティービー・ワンダーの影響を受け、
自分たちで作詞作曲、プロデュースを希望するのですが、

「モータウン」がそれを許さなかったため、
他のレーベルとの契約を模索し始め、
1975年には「CBS/EPIC」へ移籍。

そして、「モータウン」が、
「ジャクソン5」というグループ名の商標を、
手放さなかったことから、

マイケルさんらは、グループ名を、
「The Jacksons(ジャクソンズ)」と改名されています。

また、「モータウン」から「CBS/EPIC」へと移籍される際、
ジャーメインさんは、モータウンの社長、
ベリー・ゴーディーさんの娘と結婚されていたため、
「モータウン」に残ることを選択。

「ジャクソンズ」は、ジャーメインさんの代わりに、
マイケルさんの弟ランディさん(当時14歳)が新たに加入し、
スタートを切ることとなったのでした。

「スリラーの売上がエグい!ムーンウォークが大ブームに!」に続く



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ