渡辺美里のデビューは?年齢は?結婚は?マイレボリューションが大ヒット!

Sponsored Link

1984年「ミス・セブンティーンコンテスト」「最優秀歌唱賞」を受賞し、翌年の1985年「I’m Free」で歌手デビューされた渡辺美里(わたなべ みさと)さんは、1986年、4枚目のシングル「My Revolution」が大ヒット。その後は、20年に渡り、西武ライオンズ球場(現在の西武ドーム)でライブを開催されるなど、精力的にライブ活動を続けておられます。




出身は?年齢は?高校は?


渡辺さんは、1966年7月12日生まれ、
東京都のご出身(出生地は京都府京都市)、

身長は158センチ、

学歴は、
東京都立松原高等学校卒業、

高校時代はラグビー部のマネージャーを、
されていたそうです。


「ミス・セブンティーンコンテスト」で最優秀歌唱賞を受賞しデビュー


渡辺さんは、3歳からピアノを習い始め、
10歳の時、歌手になる決意をすると、
発声練習やダンスのレッスンに励み、

1983年、17歳の時には、
高校の友だちとアマチュアバンドを結成し、
学園祭のステージに立つなど、バンド活動をしながら、
デビューのきっかけを探しておられたそうで、

1984年、レコード会社「EPIC・ソニー」と、
女性ファッション雑誌「セブンティーン」が、
合同で「ミス・セブンティーンコンテスト」
を開催することを知った渡辺さんは、

グランプリにはなれないと思うけど、
きっと誰かが私の歌を聞いていてくれる。

(このオーディションに参加する人は、
 主にアイドルになるような可愛い人たちが多いことから)

と思われ、参加されます。

すると、ほとんどの参加者が当時の流行歌謡曲を歌っていた中、
渡辺さんは、EPOさんの「土曜の夜はパラダイス」を歌唱し、
(EPOさんは渡辺さんの高校の先輩)

見事、応募者総数17万325人の中から、
「最優秀歌唱賞」を受賞。



決勝には、工藤静香さん、国生さゆりさんなども残られ、グランプリは、
松本典子さん(本名の佐藤美和子さんで出場)と網浜直子さんがW受賞されました。


もともと、「最優秀歌唱賞」という賞はなかったのですが、
渡辺さんの歌があまりにも上手だったことから、
審査員が高い評価をし、急遽、特別に設けられたのでした。

また、渡辺さんは、好きな歌手を聞かれた際には、
イギリスのパンクバンド「セックスピストルズ」を挙げるなど、
参加者の中でも異彩を放っていたそうです。

「My Revolution」が大ヒット


そんな渡辺さんは、翌年の1985年、「EPIC・ソニー」
(現・エピックレコードジャパン)に所属すると、
同年5月には、ケニー・ロギンスのカバー曲「I’m Free」でデビュー。


「I’m Free」

同年9月には、ライブハウスツアー「GROWIN’ UP LIVE」をスタートさせ、
10月には、ファーストアルバム「eyes」をリリースするなど、


「eyes」

歌謡曲全盛の当時において、自身の希望通り、
ロック色を前面に押し出した活動を展開すると、

1986年1月には、4枚目のシングル「My Revolution」が、
テレビドラマ「セーラー服通り」の主題歌に起用されたこともあって、
3月24日付のオリコンシングルチャート第1位を獲得。

売上枚数は44万5000枚を超える大ヒットを記録し、
2018年現在、渡辺さんの最大のヒット曲となったのでした。


「My Revolution」

ちなみに、この曲は「TM NETWORK」としてデビュー間もない、
小室哲哉さんが初めて他のアーティストに提供した作品だったそうで、

小室さんは、渡辺さんがいるスタジオにデモテープを届けに来た際、
そのテープを再生せず、スタジオにあったピアノを弾き、
渡辺さんご本人に直接聴かせるほどの自信作だったそうです。




スタジアムコンサートを成功させる


こうして、渡辺さんは、小室さんの自信作、
「My Revolution」の大ヒットで一躍人気歌手となられると、

同年8月には、女性ソロシンガーとして初めてとなる、
大阪球場(現在の大阪スタヂアム)、名古屋城深井丸広場(現在はありません)、
西武ライオンズ球場(現在の西武ドーム)でのスタジアムコンサート、
「MISATO SPECIAL ‘86 KICK OFF」を成功させ、

以降20年連続、毎年夏に、
西武ライオンズ球場でライブを開催。

2006年からは、スタジアムコンサートの代わりに、

ファンには毎年、西武球場に来てもらっていた。
ならば今度はこちらからファンに会いに行こう。

と、毎年「美里祭り」と題して、
様々な都市でライブを開催されています。

また、渡辺さんは、音楽活動以外にも、
ラジオのパーソナリティーやナレーションを務められるほか、

2012年と2014年には、
ミュージカル「アリス・イン・ワンダーランド」
に出演されるなど、多方面で活躍。


(左から)浜田めぐみさん、渡辺さん、安蘭けいさん。

そして、2015年には、デビュー30周年を記念して、
19枚目となるオリジナルアルバム「オーディナリー・ライフ」
をリリースされ、47都道府県で「美里祭り」を開催されるなど、
精力的に活動されています。

結婚は?


ところで、渡辺さんの、
気になるプライベートですが、

渡辺さんは、現在、独身で、
過去にも結婚歴はないようです。

ちなみに、デビュー当時、大江千里さんと交際していたのでは、
との噂がありましたが、真相は分かりませんでした。

大江さんは、同じ「EPIC・ソニー(現・エピックレコードジャパン)」
の先輩で、渡辺さんのデビューアルバム「eyes」に楽曲を提供し、
以来、お互いの作品に参加するなどの交流があったようなので、
仲良くされていたのは事実なのでしょうね♪


渡辺さんと大江千里さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

ビビる大木さん、ふかわりょうさん、友近さん、山田花子さん、
徳光和夫さんなど、芸能界でも多くのファンを持つほか、
谷亮子さんや松井秀喜さんとも親交があると言われている渡辺さん。

10歳で歌手を目指して以来、
歌一筋でやってこられた渡辺さんの歌声には、
多くの人が元気づけられているのでしょうね。

これからも末永く、そのパワフルな歌声で、
私達を勇気づけてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ