白川由美の死因は?若い頃は?旦那は二谷英明!娘は?松嶋菜々子と?

Sponsored Link

1955年「森永製菓のキャンペーンガール」に選ばれて芸能界入りし、翌年、映画「ならず者」で女優デビューされると、以降、清楚で知的な女性の役を多く演じ、「日本のグレース・ケリー」と呼ばれた、白川由美(しらかわ ゆみ)さん。1980年代には、映画からテレビドラマへと活動の場を移し、優しく理解ある母親役を多く演じ、「理想の母親」と若い世代からも支持されました。


出身は?本名は?

白川さんは、1936年10月21日生まれ、
東京都品川区のご出身、

身長167センチ、

血液型はA型、

本名は、
二谷 安基子(にたに あきこ)、
(旧姓は山崎)

学歴は、
頌栄女子学院中学校・高等学校卒業、

趣味は、おしゃれで、オートクチュールで作られた服は、
すべて、故・植田いつ子さん(皇后陛下のドレスやスーツを手掛けた、
ファッションデザイナー)が手がけられたものだったそうです。

「日本のグレース・ケリー」として

白川さんは、高校卒業間近の1955年、
森永製菓のキャンペーンガール「森永スイート・ガール」
に応募されると、見事合格し、芸能界入り。

翌年1956年には、東宝にスカウトされ、
同年「ならず者」三船敏郎さん主演)で映画デビューされると、

以降、数多くの映画に出演され、清楚で彫りの深い顔立ちから、
「日本のグレース・ケリー」と呼ばれ、
その美貌を活かした役を多く演じられました。

出演ドラマ映画

それでは、ここで、
白川さんの出演作品の一部をご紹介しましょう。

映画では、

1956年「サザエさん」
1957年「サラリーマン出世太閤記」
     「続サラリーマン出世太閤記」

1958年「続々サラリーマン出世太閤記」
1959年「野獣死すべし」

1960年「山のかなたに」
1961年「真紅の男」
1962年「妖星ゴラス」
1963年「林檎の花咲く町」
1964年「国際秘密警察シリーズ」

「林檎の花咲く町」より。高石かつ枝さんと白川さん。

1966年「奇巌城の冒険」
1968年「兄貴の恋人」
1969年「コント55号 人類の大弱点」
1983年「嵐を呼ぶ男」
2010年「ゴースト もういちど抱きしめたい」

テレビドラマでは、

1965年「奥様はトップレディ」
     「青春とはなんだ」

1966年「のれん繁昌記」
1967年「船場」
1969年「戦国艶物語」

1970年「乱戦模様」
1971年「花嫁のれん」
1972年「決めろ!フィニッシュ」
1973年「花のいのち」
1974年「華やかな荒野」

「青春とはなんだ」より。夏木陽介さん(左)と白川さん。

1975年「もうひとつの春」
1976年「いごこち満点」
1979年「家族八景」
1981年「父母の誤算」
1982年「親と子の誤算」

1983年「家族ゲーム」
1985年「男が家を出るとき」
1986年 NHK連続テレビ小説「はね駒」
1987年「親子ジグザグ」
1988年 NHK連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」

「家族ゲーム」より。
(左から)長渕剛さん、白川さん、伊東四朗さん。

1989年「ママハハ・ブギ」
1990年「予備校ブギ」
1991年「パパとなっちゃん」
1992年「十年愛」
1994年「オトコの居場所」

1995年「パパ・サヴァイバル」
1996年「真昼の月」
1997年「智子と知子」
1998年「海まで5分」
1999年「魔女の条件」

「パパとなっちゃん」より。(左から)田村正和さん、
小泉今日子さん、白川さん、浜田雅功さん。

2000年「昨日の敵は今日の友」
2001年「金田一少年の事件簿」
2003年「エ・アロール それがどうしたの」
2004年「それは、突然、嵐のように…」
2005年「おばあさんの反乱」

2006年「クロサギ」
2007年「ハケンの品格」
     「有閑倶楽部」

2008年「あんどーなつ」
2010年「獣医ドリトル」

「有閑倶楽部」より。
(左から)白川さん、半海一晃さん、長谷川初範さん。

2011年 NHK連続テレビ小説「おひさま」
     「家政婦のミタ」

2012年「恋味母娘」
2013年「ドクターX~外科医・大門未知子~」
2014年「ブラック・プレジデント」

ほか、数多くの作品に出演され、特に、
1980年代に映画からテレビドラマへとシフトされてからは、

母親を数多く演じられ、主人公を見守るような懐が深い演技で、
若い世代からも人気を博しました。

旦那は二谷英明!娘は?

そんな白川さんの、
気になるプライベートですが、

白川さんは、1964年、
俳優の二谷英明さんと結婚されています。

ただ、白川さんが二谷さんと出会われた当時、
二谷さんには、奥さんと娘さんがいらっしゃり、

その後、二谷さんと結婚された白川さんは、
略奪婚と言われてしまったようです。

また、結婚された年に、一人娘の、
二谷友里恵さんが誕生していることから、
「できちゃった婚」だったのかもしれません。

(左から)白川さん、友里恵ちゃん、二谷英明さん。

ともあれ、その後の結婚生活は順調で、
「芸能界のおしどり夫婦」と呼ばれ、

2012年に二谷さんが他界された際にも、

夫との思い出がつまった目黒の自宅には帰りたくない

と、白川さんは、娘の友里恵さんのご家族とともに、
暮らされていたことから、本当に夫婦仲はよかったようです。

ちなみに、2013年には、娘の友里恵さんが、
白川さんの「喜寿」のお祝いに、自宅に白川さんの友人を招いて、
ホームパーティーを開かれているのですが、

その際、白川さんを励まそうとの思いから、
白川さんと二谷さんの出会ってから晩年に至るまでの、
歴史を綴ったヒストリー映像を作って披露されたそうで、
白川さんはとても喜んでおられたとのことでした。

死因は?

こうして、娘の友里恵さん一家や友人たちの支えもあってか、
その後、徐々に二谷さんの死から立ち直っていった白川さんですが、

2016年6月14日の午後、
娘の友里恵さん一家と家族団らんを過ごされると、

その後、突然倒れられ、
すぐに救急車で都内の病院に運ばれるも、
「急性心不全」のため、79歳で帰らぬ人に。

それまで大きな病気もなく、
この週には、友人と外食の約束をされていたほか、
倒れられる直前まで、お元気だったことから、

突然の訃報は、周囲に、
大きな驚きと悲しみを与えたのでした。

ちなみに、葬儀では、
喪主を務めた友里恵さんが、

母は、明るく本当に“人”が好きで、
人が集まること、賑やかなことが大好きな人でした。

こうして母の大切な皆さまがたに見守られながら、
最愛の父の元へ旅立つことができ、本当に幸せだったと思います。

と、挨拶されており、

今頃、白川さんは、天国で、
二谷さんとの再会を喜んでいらっしゃることでしょうね。

さて、いかがでしたでしょうか?

優しいお母さんの役を数多く演じられ、
現実でも、「芸能界の母」として多くの芸能人から慕われた白川さん。

特に「魔女の条件」「家政婦のミタ」で、
共演された松嶋菜々子さんとは仲が良く、

松嶋さんは仕事の悩みだけではなく、
お子さんの受験の相談までされていたそうですが、

ドラマでの優しい役柄は、
白川さんのお人柄そのものだったのですね。

この機会に、白川さんの出演作品を、
ご覧になってはいかがでしょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ