布施博の若い頃は?トレンディ俳優?君が嘘をついた他ドラマ映画は?

Sponsored Link

1979年に劇団「ミスタースリムカンパニー」で俳優活動をスタートすると、1984年には、テレビドラマ「昨日、悲別で」のメインキャストに抜擢された、布施博(ふせ ひろし)さん。以降、テレビドラマへの出演を重ね、1988年には、トレンディドラマ「君が嘘をついた」で一躍人気を博します。




年齢は?出身は?身長は?本名は?


布施さんは、1958年7月10日生まれ、
東京都足立区のご出身、

身長182センチ、
体重78キロ、

靴のサイズは28センチ、

血液型はB型、

学歴は、
足立区立第一小学校
⇒足立区立第八中学校
⇒二松學舍大学附属高等学校中退

趣味は、
パチンコ、オートレース、競艇、野球、
ゴルフ、クルマ、バイク、ボディボード、
ジェットスキー、スキューバダイビング、

特技は、
料理、日曜大工、水泳、

ちなみに、
布施博は本名です。


野球漬けの少年時代


布施さんは、小学生の時から軟式野球チームに入り、
4番でピッチャーを務められていたそうで、
中学、高校も、ともに野球部に入部。


小学生の頃の布施さん。

高校の時には、1年生ながら、補欠のピッチャーとして、
ベンチメンバーに入るほどの実力だったそうですが、

甲子園を目指し、野球漬けの毎日を送る中、
高校1年生の秋、野球部の先輩を殴って退部すると、
そのまま高校も中退。

布施さんは、ただ、
野球を楽しんでやりたかっただけだったのですが、
それが先輩の反感を買ってしまったそうで、

布施さんはその時のことを振り返り、

要は僕が生意気だったんですよ(笑)
野球一筋の人生だったから、部活をやめるなら学校も・・・
ということで中退したんです。

と、明かされています。

若い頃は~劇団「ミスタースリムカンパニー」


ただ、野球をやめたことで、
もともとあった「プロ野球選手になる」
という目標を失ってしまった布施さんは、

製本、左官(家業)、運送屋、土木作業員、新宿のディスコ、
ホストクラブ(4日でやめる)、アイスクリーム屋「サーティワン」
など、アルバイトを点々とする毎日。

そんなある日、先輩に誘われて、劇団「ミスタースリムカンパニー」
の舞台稽古を観に行くと、演劇の魅力にハマったそうで、

その後、劇団員のたまり場に入り浸るようになると、
いつの間にか顔パスになり、1979年にはそのまま、
劇団「ミスタースリムカンパニー」に入団。

同年、「ジャッカル」で初舞台を踏まれています。

ちなみに、劇団員としての生活は苦しかったそうですが、
ようやく自分の居場所を見つけた布施さんにとって、
稽古の後に仲間とお酒を飲むことは、
何にも代えがたい楽しみだったそうです♪


「君が嘘をついた」などトレンディドラマでブレイク


そんな布施さんは、1982年、
「刑事ヨロシク」の端役でテレビドラマデビューを果たし、

その後も、

1983年「天まで上がれ!2」
     「ふぞろいの林檎たち」



「ふぞろいの林檎たち」より。左端が布施さん。
(中央は柳沢慎吾さん。)


と端役での出演を重ねると、

1984年には、倉本聰さん脚本のテレビドラマ「昨日、悲別で」で、
メインキャストのひとり、「駅長」役に抜擢。


「昨日、悲別で」より。(左から)布施さん、天宮良さん、石田えりさん。

すると、このドラマでの素朴な演技が注目され、

(この頃、劇団「ミスタースリムカンパニー」を退団)

以降、

1985年「太陽にほえろ!」
1986年「武蔵坊弁慶」
     「ライスカレー」

1987年「北の国から’87 初恋」
     「クセになりそな女たち」



「ライスカレー」より。(左から)布施さん、
陣内孝則さん、時任三郎さん、田中邦衛さん。


と、立て続けに、テレビドラマに出演。

そして、

1988年「君が嘘をついた」
1989年「ハートに火をつけて!」
     「ハロー!グッバイ」
     「恋人の歌がきこえる」

1990年「世界で一番君が好き!」


「君が嘘をついた」より。
(左から)三上博史さん、布施さん、大江千里さん。



「世界で一番君が好き!」より。浅野温子さんと布施さん。

と、次々にトレンディドラマに出演されると、
たちまちブレイク。

その後、トレンディドラマブームが去った後も、
順調に俳優としてのキャリアを積まれています。


二日酔いで撮影も


ところで、布施さんは、
新人でメインキャストに抜擢された「昨日、悲別で」でも、

やはり、ロケ終了後には、劇団時代同様、
毎日のようにお酒を飲みに行っていたそうで、

なんと、次の日、二日酔いで、
撮影に臨んだ時もあったのだとか。

ただ、それでも、「ライスカレー」「北の国から’87初恋」と、
その後も、倉本さんの作品に続けて起用されているところを見ると、

もしかしたら、布施さんは、お酒を通して、
人間関係を構築されていたのかもしれませんね。


出演作品(テレビドラマ、映画)


それでは、ここで、
布施さんのそのほかの出演作品をご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1991年「君の名は」
1992年「ずっとあなたが好きだった」
1993年「青春オフサイド!女教師と熱血イレブン」
1994年「スウィート・ホーム」
1995年「味いちもんめシリーズ」


「ずっとあなたが好きだった」より。布施さんと賀来千香子さん。

1996年「闇のパープル・アイ」
1997年「遠い日の花火」
1998年「検視官江夏冬子シリーズ」
1999年「笑ゥせぇるすまん」
2000年「別れる2人の事件簿」

2001年「悪の仮面」
2002年「松本清張スペシャル・一年半待て」
2003年「俺たちの旅 三十年目の運命」
2004年「探偵 左文字進シリーズ」
2005年「海猿」


「松本清張スペシャル・一年半待て」より。布施さんと浅野ゆう子さん。

2006年「戦国自衛隊・関ヶ原の戦い」
2007年「私の頭の中の消しゴム」
2008年「風のガーデン」
2009年「本日も晴れ。異状なし」
2010年「地下鉄サリン事件 15年目の闘い
      ~あの日、霞ヶ関で何が起こったのか~」


2011年「十津川警部シリーズ」
2012年「ガンリキ 警部補・鬼島弥一」
2013年「嘘の証明 犯罪心理分析官・梶原圭子3」
2014年「金田一少年の事件簿N(neo) 」第3話
2015年「火災調査官・紅蓮次郎15」
2017年「やすらぎの郷」第7話


「十津川警部『志賀高原殺人事件〜黒姫伝説の謎〜』」より。
渡瀬恒彦さんと布施さん。


映画では、

1987年「私をスキーに連れてって」
1988年「海へ~See you~」
1989年「螢」
1990年「どっちもどっち」
1991年「フィレンツェの風に抱かれて」


「私をスキーに連れてって」より。(左から)布施さん、
高橋ひとみさん、沖田浩之さん、三上博史さん、原田知世さん。


1993年「修羅場の人間学」
2003年「ベースボールキッズ」
2006年「I am 日本人」
2011年「五日市物語」
2018年「鈍色のキヲク」

ほか、数多くの作品に出演されています。


劇団「東京ロックンパラダイス」を旗揚げ


また、布施さんは、1994年2月に一般公募でメンバーを集めて、
同年11月、劇団「東京ロックンパラダイス」を旗揚げされると、

ロックンロールミュージカル、ストレートプレイほか、
ジャンルを問わない活動を続けられ、

2001年には、一旦解散されるも、
その後、活動を再開。

現在も活動を続けられています。

「布施博が再婚!元嫁は古村比呂!離婚理由は?暴力事件?」に続く



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ