栗原小巻の若い頃は?結婚は?年齢は?父は?ロシア映画でバレエ!現在は?

Sponsored Link

バレリーナから女優に転身し、1967年、NHK大河ドラマ「三姉妹」でヒロインの末妹役を演じて、たちまちブレイクした、栗原小巻(くりはら こまき)さん。「コマキスト」と呼ばれる熱狂的な男性ファンを生み出すなど、アイドル的存在として、男性を中心に絶大な人気を博しました。

年齢は?出身は?身長は?本名は?父は?

栗原さんは、1945年3月14日生まれ、
東京都世田谷区のご出身、

身長163センチ、
体重46~48キロ、

血液型はO型、

学歴は、
桐朋女子高等学中退、

特技は、
洋裁、ロシア語、クラシックバレエ、

ちなみに、栗原小巻は本名で、

お父さんが、

二人でも食いかねているのに、子供が生まれる。
困ったな、困り切った。

と、「小巻」と命名されたとか。

(このお父さんとは、演出家・児童劇作家の栗原一登(くりはら かずと)さんで、
 弟さんも演出家の加来英治(かく えいじ)さんです)

少女時代はバレリーナを志す

栗原さんは、幼い頃、西洋文化・芸術に憧れ、
バイオリンとバレエを習い始めたそうで、

当初は、バイオリニストを目指していたのですが、
限界を感じたのか辞められ、

もうひとつの習い事であるバレエの道を志し、
高校を1年で中退して「チャイコフスキー記念東京バレエ学校」に入学。

すると、そこでは、モスクワの「ボリショイバレエ団」から教師として来日していた、
スラミフ・メッセレルさん、アレクセイ・ワルラーモフさんから、
直接指導を受けられたそうで、

その際、メッセレルさんから、

バレエをやるには演技力の基礎訓練が必要

と、言われたことから、
1963年、「チャイコフスキー記念東京バレエ学校」を卒業後は、
劇団「俳優座」養成所に入所されます。

バレリーナから女優に転身

そして、同年、「アンナ・カレーニナ」で初舞台を踏み、

翌年の1964年には、「みつめいたり」で、
「俳優座」同期の高橋長英さんとW主演でテレビドラマデビューされるのですが、

(ただ、栗原さん、高橋さんともに、まだ養成所の素人だったことや、
 内容も社会性が強く地味で暗かったことから、このドラマはお蔵入りとなってしまい、
 実際に放送されたのは4年も後の1968年となっています)

そこで、演技のおもしろさに目覚め、やがて、バレエのレッスンよりも、
養成所での活動が大部分を占めるようになったそうで、

養成所を卒業後の1966年には、「俳優座」の座員(準座員)となり、
本格的に女優の道へ進むことになったのでした。

コマキスト?

そして、翌年の1967年、NHK大河ドラマ「三姉妹」で、
ヒロインの末妹・雪役を演じられると、たちまちブレイク。


「三姉妹」より。
(左から)藤村志保さん、岡田茉莉子さん、栗原さん。

その後も、栗原さんは、

テレビドラマでは、

1967年「木下恵介劇場・木下恵介アワー『今年の恋』」
1968~1969年「木下恵介劇場・木下恵介アワー『3人家族』」
1970年「木下恵介劇場・木下恵介アワー『二人の世界』」
      NHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」
1978年 NHK大河ドラマ「黄金の日日」


「3人家族」より。栗原さんと沢田雅美さん。


「二人の世界」より。栗原さんと竹脇無我さん。


「黄金の日日」より。

映画では、

1967年「ゴメスの名はゴメス・流砂」
1971年「戦争と人間 第一部 運命の序曲」
     「戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河」
     「いのちぼうにふろう」
1972年「忍ぶ川」
1974年「サンダカン八番娼館 望郷」
1977年「八甲田山」


「ゴメスの名はゴメス・流砂」より。栗原さんと仲代達矢さん。


「戦争と人間」より。加藤剛さんと栗原さん。


「いのちぼうにふろう」より。仲代達矢さんと栗原さん。

ほか、清楚な美しさと芯の強さを併せ持つ女性の役を多く演じられると、
プロ受けする高い演技力とその現代的な美貌から、
栗原さんの熱狂的男性ファン(コマキスト)が続出。

吉永小百合さんの熱狂的男性ファン(サユリスト)と、
アイドル的存在として、人気を二分されたのでした。

ロシア映画

ところで、栗原さんは、幼い頃から、
バレエを通して、ロシアの文化に親しんでいたことから、
文化・芸術を大切にするロシアの精神に感銘を受け、

1974年には、日本と旧ソ連合作映画「モスクワわが愛」にも、
ヒロインとして出演されているのですが、


「モスクワわが愛」より。オレグ・ヴィドフさんと栗原さん。

この映画、日本での評価はそれほど高くはなかったものの、
旧ソ連ではヒットしており、

バレリーナを目指して単身モスクワに渡り、ロシア人青年と恋に落ちる少女、
百合子役を演じた栗原さんも、その優雅で繊細な美しさで、たちまち人気を獲得。


「モスクワわが愛」より。

栗原さんは、その後も、

1978年「白夜の調べ」(主演)
1990年「未来への伝言」(企画・主演)


「白夜の調べ」より。栗原さんとユーリー・ソローミンさん。

と、日ソ合作映画に出演されています。

ちなみに、「白夜の調べ」で監督を務められたセルゲイ・ソロビヨフさんは、

私にとって栗原さんは真の発見でした。
当時彼女は日本で想像を絶する人気でした。

私と彼女でプールに行った時、彼女のサインを求めてファンたちが、
服を着たまま水に飛び込んだのを覚えています。

こんな絶大な人気を誇っていながら、
昔も今も彼女は信じられないほど謙虚で美しい人のままです。

しかも彼女は驚くほど誠実な女性です。
彼女は今でも私たち皆のことを覚えていて、自分のところに招き、
こちらにも来てくれます。連絡は途絶えていません。

と、栗原さんを絶賛されており、

栗原さんもまた、ソロビヨフ監督とは折々に再会し、
友情を深めていることをインタビューで明かされています。

また、栗原さんは、この映画の撮影のため、
3ヶ月半もの間、実際に「ボリショイ劇場」に通い、
約10年ぶりにバレエのレッスンを再開されているのですが、

毎日レッスンに通うことが楽しくて楽しくて仕方なく、
このまま続ければバレリーナに戻れるんじゃないかというほど、
みっちりレッスンに励まれたそうで、

結果、「ボリショイ劇場」「ジゼル」を踊り、
バレリーナになるという少女の頃の夢を叶えることができて、
とても嬉しかったとのことでした。

結婚は?

そんな栗原さんの、
気になるプライベートですが、

栗原さんはこれまで一度も結婚されたことがなく、
現在も独身で、過去にも噂になった人はいらっしゃいません。

若い頃、あれだけの美貌を持ちながら、誰からも声がかからない訳がないので、
おそらく、慎重にお付き合いされていたのでしょうね。

現在は?

さて、2014年4月には、50年在籍した「俳優座」を退団し、
現在はフリーで舞台を中心に活動されている栗原さん。

実は、1994年に、師匠でもある、
「俳優座」代表の千田是也さんが亡くなった後は、
「俳優座」の舞台への出演が激減。

2003年の「肝っ玉おっ母さんとその子どもたち」を最後に、
出演されておらず、50年を区切りに退団されたのですが、

その後、2015年には、ロシアの劇作家チェーホフの「桜の園」に出演されており、
やはり、栗原さんの原点は、「ロシア」「舞台」なのでしょうね。

70代も半ばに差し掛かる栗原さんですが、
これからも素晴らしい演技をみせ続けてほしいですね。

応援しています!!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ