田中要次!ヒーロー!猫!奥さんは?

Sponsored Link

テレビドラマ「HERO」の、「あるよ」の名セリフでブレイクされた、俳優の田中要次(たなか ようじ)さん。これがきっかけで、バラエティにも引っ張りだことなられました。




元JR社員?


田中さんは、1982年、
故郷長野で旧国鉄に就職されました。

1987年、国鉄の民営化でJR社員となり、
愛知県の岡崎保線区管轄内に配属され、
線路を保守、管理する保線業務に携わられたのでした。

その頃から、愛知を始め、岐阜、三重を渡り歩かれ、
自主上映活動などに参加したり、
様々な映画関係者と交流を深められたそうです。


俳優を志す


そんな中、知り合われた、山川直人監督から誘われ、
1989年に、ミュージック・ビデオ、
「佐木伸誘 / SEEK AND FIND」に出演されることに。



それがきっかけとなったようで、
田中さんは、俳優を目指し、
1990年12月8日にJR東海を退職。

実は、この日は、
国鉄時代からの勤続年数が8年8ヶ月8日となる日で、
また、ジョン・レノン十回忌当日でもあったそうです。

ちなみに、田中さんは、
ご自身が退職されたことを、
「脱線」と呼んでおられるようです(^^)


俳優兼スタッフとして活動


JR東海を退職後、俳優を志し、
上京された田中さんは、

1991年、照明技師の安河内央之さんに師事、
竹中直人さんがメガホンを取った映画、
「無能の人」の照明助手として参加された際、

竹中さんの目に留まり、
同作品のエキストラとしても出演されたそうです。

そして、舞台「竹中直人の会 / 鉢植を持つ男」では、
舞台監督助手 兼 俳優も務めておられます。
(事情は分かりませんでしたが、
神戸浩さんの代役としての出演だったようです)

その後も、俳優はもちろん、撮影スタッフとして、
照明助手、録音助手、ドライバー、付き人など、
様々なことを経験され、
数多くの映像制作に携わられたのでした。


俳優一筋に


しかし、1994年、竹中監督作品「119」で、
照明機材を載せたトラックを運転中に、
事故を起こしてしまわれ、

この事故をきっかけに、スタッフ業を辞められ、
俳優業に専念するようになられたのでした。

この頃は、俳優としてだけでは生活できず、
3年ほど、バイク便ライダーのアルバイトをしながら、
生計をたてられていたそうです。


ヒーロー!


そして、2001年、
木村拓哉さんが主演の人気テレビドラマ「HERO」に、
バーテンダーのマスター役で出演、

「あるよ」

の名台詞で一躍人気者になられました!



これは、主人公の木村さんが通うバーで、
どんなむちゃぶりにも、「あるよ」と答えてくれる、
心強い名物マスターの役。

「なんでココには何でもあるんだ!」

と宇野検事が絶叫するくらい、

通販の商品から、お好み焼きなどの食べ物、
バーベキューの道具、ハンカチ、胃薬、
夢!・・・などなど。

ここにはなんでもあるんです(^^)

このマスターのLINEスタンプが、
限定配信されるほどの人気だったとか!



ぼそっとつぶやく「あるよ」
田中さんの朴訥(ぼくとつ)とした風貌にピッタリあい、
とても、はまっていましたね。

その後、映画では、「道~白磁の人~」「さまよう獣」
テレビドラマでは、「ストロベリーナイト」「純と愛」
「イタズラなKiss Love in TOKYO」「偽装の夫婦」

など、数多くの映画やテレビドラマに出演され、

「あるよ」のブレイクで、
バラエティにも引っ張りだことなられました。

そんな田中さんの、
話題になっていることについて調べてみました!

猫!


田中さんは大変な猫好きのようで、
クマコ、チャイ、サビという、
3匹の猫ちゃんたちに囲まれて暮らされているそうです♪

普通のブログのほかに、
猫専用のブログも書かれており、

そこには、猫たちの愛らしい写真とともに、
田中さんの、愛情あふれるコメントが綴られていました。



ほんと、見ていて癒やされますね~

今は亡くなってしまって、もういない、
スズとタマのことも、
写真とともに、その想いが綴られており、

田中さんにとって、猫ちゃんたちは、
単なるペットということではなく、

かけがえのない存在なんだということが、
すごく伝わってくるブログでした。




猫とコワモテ


田中さんは猫好きが高じてか、
2016年1月2日放送予定のBSジャパンのドラマ、
「猫とコワモテ」に出演されています。

田中さんがひたすら猫を愛でるだけ、というドラマで、
田中さんのために作られたドラマ、
と言ってもいいかもしれません(^^)



田中さん演じる犬飼健三は、一見コワモテで、
街を歩いていると、人から怖がられる風貌。

家では、犬好きの奥さんと娘のために、
犬を飼っているのですが、実は大の猫好き、
という設定で、

そんな犬飼が、休日に、
日本各地に実在する猫たちを訪ね歩き、
ひたすら猫を愛でる、という内容だそうです。

田中さんは、撮影現場となった、
東京池袋のペットショップでも、
撮影の合間に、ご自身のスマホで猫グッズを撮影したり、

お店の人と猫の話で盛り上がるなど、
仕事と趣味が一緒になって楽しまれたご様子(^^)



猫ちゃん達の動きの予想がつかないため、
撮影では、台本を複数のパターンで準備されていたのだとか。

それでも相手が生き物なので、
なかなか台本通りには行かなかったようですが、

そんな中でも、田中さんがアドリブを効かせ、
撮影は順調に進み、無事に終了したそうです♪

太田勇監督は、

猫がかわいいのはもちろんですが、
かわいい猫を愛でる犬飼さん(田中)もかわいく見える、
そんなドラマを目指しています。

と、このドラマの狙いを語っておられました。

田中さんは、猫の魅力について、

昼と夜の目が違うというところですかね。

昼間は、まるでヘビのような目をしていますけど、
夜になると、クリクリの黒い瞳になりますからね。

猫好きの方は思わず、「うん、うん」
と頷きたくなるかも。

そのギャップがたまらないのですね!

この撮影では、

僕のフェティシズム的な部分はまだそんなに出ていない。

と、田中さん。

田中さんの猫フェチを、もっともっと表現するために、
もしかすると、連続ドラマになるかも?!
と期待させる発言でした♪

奥さんは?


田中さんが猫好きというのはよく分かりましたが、
結婚はされているのでしょうか?

調べてみたところ、
田中さんはご自身のブログで、
たびたび、結婚記念日を綴られており、

そこから計算すると、
2004年に結婚されたことになります。

奥さんについては、詳しい情報がないことから、
一般の方だと思われます。

ブログの内容には、たびたび奥さんが登場し、
奥さんとの微笑ましいエピソードが綴られていることから、
仲はとても良いようです♪

さて、10年近く、会社員をされていたこともあり、
38歳でブレイクという遅咲きの田中さんですが、

それ以来、14年経った現在でも、
俳優として安定した地位を築いておられます。

今度は、猫役者でブレイクかも!?

田中さんからは目が離せません!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ