石原まき子(北原三枝)の狂った果実ほか出演映画を画像で!


少女時代は戦争や弟の世話で苦労するも、戦後は、NDT「日劇ダンシングチーム」入団、「松竹ニューフェイス」に合格し「北原三枝(きたはら みえ)」で活躍、「日活」に移籍し看板女優と、トントン拍子に女優のキャリアを積まれた、石原まき子(いしはら まきこ)さん。その後、石原さんは、石原裕次郎さんと運命の出会いを果たし、次々に裕次郎さんと共演されます。今回は、そんな石原さんの、裕次郎さんとの出会い以降の出演作品を画像を交えてご紹介します。

「石原まき子の若い頃は北原三枝で日活看板女優だった!」からの続き

Sponsored Link

石原裕次郎との共演映画「狂った果実」が大ヒット~「ドル箱コンビ」として

すでに、スター女優として活躍していた北原三枝(石原まき子)さんですが、1956年、映画「狂った果実」で、まだ無名の新人俳優だった石原裕次郎さんと共演すると、日本人離れしたスラリとした長身のお二人は、新しい時代の風を感じさせ、映画はたちまち大ヒット。


「狂った果実」より。石原裕次郎さんと北原三枝(石原まき子)さん。

以降、お二人は、1960年まで、延べ23作もの映画でコンビを組んで、次々と映画をヒットさせ、「日活のドル箱コンビ」と称されます。

(裕次郎さんは、1956年、お兄さんである石原慎太郎さんの芥川受賞作品を原作とする映画「太陽の季節」に、端役で出演されたばかりでした。)

出演作品(映画)

それでは、ここで、北原三枝(石原まき子)さんの主な出演作品をご紹介しましょう。

映画では、

1956年「朝やけ血戦場」
     「ドラムと恋と夢」
     「若の花物語 土俵の鬼」
     「逆光線」
     「火の鳥」
     「感傷夫人」
     「色ざんげ」


「逆光線」より。渡辺美佐子さん(左)と北原三枝(石原まき子)さん(右)。

1957年「勝利者」
     「俺は待ってるぜ」
     「嵐を呼ぶ男」
     「今日のいのち」
     「危険な関係」


「俺は待ってるぜ」より。石原裕次郎さんと北原三枝(石原まき子)さん。

1958年「風速40米」
     「明日は明日の風が吹く」
     「嵐の中を突っ走れ」
     「陽のあたる坂道」
     「素晴しき男性」
     「赤い波止場」
     「錆びたナイフ」


「陽のあたる坂道」より。(左から)北原三枝(石原まき子)さん、芦川いづみさん、石原裕次郎さん。


「錆びたナイフ」より。石原裕次郎さんと北原三枝(石原まき子)さん。

1959年「天と地を駈ける男」
     「山と谷と雲」
     「今日に生きる」
     「風のある道」
     「若い川の流れ」
     「男が爆発する」
     「清水の暴れん坊」


「男が爆発する」より。石原裕次郎さんと北原三枝(石原まき子)さん。

1960年「闘牛に賭ける男」
     「白銀城の対決」
     「天下を取る」
     「青年の樹」
     「やくざ先生」
     「鉄火場の風」


「白銀城の対決」より。石原裕次郎さんと北原三枝(石原まき子)さん。

Sponsored Link

出演作品(テレビドラマ)

テレビドラマでは、

1964年「あしたの虹」

などに出演されています。

「石原まき子(北原三枝)と石原裕次郎の馴れ初めは?両想いだった!」に続く

文字に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ