永六輔の妻は元女優!馴れ初めは?

1959年、作曲家・中村八大さんとのコンビで作詞した「黒い花びら」がいきなり大ヒットを記録すると、以降、作詞家として引っ張りだことなり、「上を向いて歩こう」など、数々の名曲を世に送り出した、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、プライベートは・・・

「永六輔の妻は元女優!馴れ初めは?」の続きを読む

永六輔のデビューからの作詞作品と著書を画像で!

1959年、作曲家・中村八大さんとのコンビで作詞した「黒い花びら」がいきなり大ヒットを記録すると、その後も、1961年、坂本九さんに作詞した「上を向いて歩こう」が、日本のみならず、世界中で大ヒットした、永六輔(えい ろくすけ)さん。今回は、・・・

「永六輔のデビューからの作詞作品と著書を画像で!」の続きを読む

永六輔は坂本九が事故死した「日航123便」の墜落現場を訪ねていた!

坂本九さんには、単なる流行歌手で終わって欲しくないとの思いから、厳しい態度で接し続けたという、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、1985年8月12日、坂本さんは、「日本航空123便」の墜落事故により、帰らぬ人となってしまいます。

「永六輔は坂本九が事故死した「日航123便」の墜落現場を訪ねていた!」の続きを読む

永六輔は坂本九がスターになった後も厳しい態度で接していた!

自身が作詞した「上を向いて歩こう」を歌う坂本九さんの歌い方がどうしても好きになれない中、「上を向いて歩こう」が大ヒットとなった、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、坂本さんには、これだけで終わってほしくないという親心から、厳しい態度で接し続・・・

「永六輔は坂本九がスターになった後も厳しい態度で接していた!」の続きを読む

永六輔は坂本九が歌う「上を向いて歩こう」のヒットを予想していなかった!

1961年7月、自身が作詞した「上を向いて歩こう」を坂本九さんが歌うのを、「第3回中村八大リサイタル」で初めて聴くと、10代の若者がふざけて歌っているように聴こえ、激怒したという、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、作曲をした中村八大さんは・・・

「永六輔は坂本九が歌う「上を向いて歩こう」のヒットを予想していなかった!」の続きを読む

永六輔は坂本九の「上を向いて歩こう」の歌い方に激怒していた!

1961年10月、坂本九さんに作詞した「上を向いて歩こう」が大ヒットとなった、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、実は、坂本さんの歌う「上を向いて歩こう」を初めて聴いた時、永さんは、坂本さんの独特の歌い方に激怒していたといいます。

「永六輔は坂本九の「上を向いて歩こう」の歌い方に激怒していた!」の続きを読む

永六輔が「上を向いて歩こう」の歌詞に込めた意味とは?

坂本九さんに作詞した「上を向いて歩こう」が、日本のみならず、世界中で大ヒットとなった、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、実は、この「上を向いて歩こう」には、永さんの、ある想いが込められていたといいます。

「永六輔が「上を向いて歩こう」の歌詞に込めた意味とは?」の続きを読む

永六輔が作詞した「上を向いて歩こう」が「SUKIYAKI」となった理由とは?

1959年、中村八大さんから依頼され作詞した、水原弘さんのデビュー曲「黒い花びら」がミリオンセラーとなった、永六輔(えい ろくすけ)さんは、1961年には、坂本九さんに作詞した「上を向いて歩こう」も大ヒットとなっているのですが、その後、「S・・・

「永六輔が作詞した「上を向いて歩こう」が「SUKIYAKI」となった理由とは?」の続きを読む

永六輔が作詞した「黒い花びら」は当初ヒットを予想されていなかった!

作詞した、水原弘さんのデビュー曲「黒い花びら」が、一旦はお蔵入りしていた状況から、一転、ミリオンセラーとなった、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、その陰では、作曲をした中村八大さんの尽力があったといいます。

「永六輔が作詞した「黒い花びら」は当初ヒットを予想されていなかった!」の続きを読む

永六輔が作詞した「黒い花びら」は「ネリカンブルース」のせいでお蔵入りになっていた!

作詞した、新人歌手・水原弘さんのデビュー曲「黒い花びら」がミリオンセラーとなった、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、実は、この「黒い花びら」、当初はB面扱いで、しかも、一旦、お蔵入りになっていたといいます。

「永六輔が作詞した「黒い花びら」は「ネリカンブルース」のせいでお蔵入りになっていた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ