司葉子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

1954年、「君死に給うことなかれ」で映画デビューすると、清楚な魅力でたちまち人気を博し、東宝の看板女優として活躍した、司葉子(つかさ ようこ)さん。今回は、そんな司さんの出演作品を画像を交えてご紹介します。

「司葉子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

司葉子は黒澤明監督「用心棒」で本気で髪の毛を掴まれ振り回されていた!

「秋日和」(1960年)、「小早川家の秋」(1961年)と、小津安二郎監督作品に出演すると、小津監督のことを「オシャレでやさしく、本当に素敵な男性」と語っていた、司葉子(つかさ ようこ)さんですが、黒澤明監督はそういうわけにはいかなかったよ・・・

「司葉子は黒澤明監督「用心棒」で本気で髪の毛を掴まれ振り回されていた!」の続きを読む

司葉子が語る小津安二郎監督とは?

女優を辞めようかと悩んでいた折、小津安二郎監督に誘われ、「秋日和」に出演すると、その透明感あふれる演技と存在感が高く評価された、司葉子(つかさ ようこ)さんですが、今回は、司さんが語る小津監督のエピソードをご紹介します。

「司葉子が語る小津安二郎監督とは?」の続きを読む

司葉子が若い頃は小津安二郎に誘われ「秋日和」に出演していた!

「新日本放送」(現在の毎日放送)で秘書をしていた時、行きつけの美容院に頼まれて雑誌の表紙のモデルを務めると、その表紙を見た東宝の映画監督の丸山誠治さんに見初められて、プロデューサーと相手役の池部良さんにスカウトされ、1954年、映画「君死に・・・

「司葉子が若い頃は小津安二郎に誘われ「秋日和」に出演していた!」の続きを読む

神津カンナが現在も結婚しない理由とは?

執筆活動のほか、エネルギー・環境問題の一貫として、原子力発電の問題にも取り組み、”原子力の通訳者”を自任しているという、神津カンナ(こうづ かんな)さんですが、今回は、そんな神津さんのプライベートについてご紹介します・・・

「神津カンナが現在も結婚しない理由とは?」の続きを読む

神津カンナが原子力発電に興味を持った理由とは?

1983年、「親離れするとき読む本」で作家デビューすると、たちまちベストセラーとなり、その後も、「美人女優」「冷蔵庫が壊れた日」など数多くの著書を発表している、神津カンナ(こうづ かんな)さんですが、原子力発電推進活動もしているといいます。・・・

「神津カンナが原子力発電に興味を持った理由とは?」の続きを読む

神津カンナの作家デビューからの著書テレビ出演を画像で!

1982年、「親離れするとき読む本」で作家デビューすると、たちまちベストセラーになり、以降、40年に渡り、数多くの著書を発表している、神津カンナ(こうづ かんな)さん。今回は、そんな神津さんの著書やテレビ・ラジオの出演番組を画像を交えてご紹・・・

「神津カンナの作家デビューからの著書テレビ出演を画像で!」の続きを読む

神津カンナは幼少期から自分で考える習慣がついていた!

幼いながらに、自分の家庭がほかの一般家庭とは違うことや、それに伴う様々な諸事情をなんとなく理解し、芸能人であるお母さん(中村メイコさん)を守ろうとする意識があったという、神津カンナ(こうづ かんな)さんですが、幼稚園の時には、持ってくるよう・・・

「神津カンナは幼少期から自分で考える習慣がついていた!」の続きを読む

神津カンナは幼くして芸能人の母をかばい嘘をついていた!

両親が、お互いのポジションを立て、それを守ろうとする姿を見て育ったという、神津カンナ(こうづ かんな)さんは、自身も、幼いながらに、芸能人であり一般的な母親とは違うお母さんを守ろうという意識があったといいます。

「神津カンナは幼くして芸能人の母をかばい嘘をついていた!」の続きを読む

神津カンナは幼少期から両親が互いを立てる姿を見て育っていた!

お母さんの中村メイコさんが、子供に対して、夫の神津善行さんを「良き父親」と立てるのを見て育ったという、神津カンナ(こうづ かんな)さんですが、父・神津善行さんも、子供に対して、妻の中村メイコさんを「良き母親」として立てていたといいます。

「神津カンナは幼少期から両親が互いを立てる姿を見て育っていた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ