財津和夫が若い頃は古びた木造2DKでメンバー5人共同生活をしていた!

宗田慎二さんと末広信幸さん脱退後は、吉田彰さん、上田雅利さん、姫野達也さん、安部俊幸さんと共に、新生「チューリップ」を結成し、1972年6月、「魔法の黄色い靴」で再デビューを果たすも、鳴かず飛ばずだったという、財津和夫(ざいつ かずお)さん・・・

「財津和夫が若い頃は古びた木造2DKでメンバー5人共同生活をしていた!」の続きを読む

財津和夫は新生「チューリップ」で再デビューも当初はさっぱりだった!

1971年、「チューリップ」として、ファーストシングル「私の小さな人生」でデビューを果たすも、レコーディングした翌日に、メンバーだった宗田慎二さんと末広信幸さんが脱退したことから、やむなく「チューリップ」を解散したという、財津和夫(ざいつ ・・・

「財津和夫は新生「チューリップ」で再デビューも当初はさっぱりだった!」の続きを読む

財津和夫のワンマンが宗田慎二と末広信幸のチューリップ脱退理由だった?

ファーストシングル「私の小さな人生」のレコーディングをした翌日に、メンバーの宗田慎二さんと末広信幸さんが脱退し、やむなく、「チューリップ」を解散したという、財津和夫(ざいつ かずお)さんですが、今回は、二人の本当の脱退理由を本人の証言を交え・・・

「財津和夫のワンマンが宗田慎二と末広信幸のチューリップ脱退理由だった?」の続きを読む

財津和夫は「チューリップ」でデビュー直後メンバーが脱退し解散していた!

「チューリップ」を結成し、再び挑戦した、「ライト・ミュージック・コンテスト」では、見事2位(準グランプリ)に輝き、メジャーデビューを目指して上京した、財津和夫(ざいつ かずお)さんは、1971年には、ついに、ファーストシングル「私の小さな人・・・

「財津和夫は「チューリップ」でデビュー直後メンバーが脱退し解散していた!」の続きを読む

財津和夫は「チューリップ」の前に「フォーシンガーズ」で活動していた!

大学では激しい学生運動が繰り広げられ、ほとんどの音楽バンドが反戦メッセージ色の強い曲を演奏する中、純粋に音楽を楽しみたいとの思いから、「ビートルズ」のような曲ばかりを演奏していたという、財津和夫(ざいつ かずお)さんは、やがて、プロになるた・・・

「財津和夫は「チューリップ」の前に「フォーシンガーズ」で活動していた!」の続きを読む

財津和夫は高校卒業後はパチンコに夢中だった!

高校入学後、クラスメイトの吉田彰さんに誘われて「ビートルズ」主演の映画「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」を観に行ったことがきっかけとなり、「ビートルズ」に憧れるようになると、以降、「ビートルズ」の楽譜集をコピーし、バンドを組んで音楽活動に熱中するように・・・

「財津和夫は高校卒業後はパチンコに夢中だった!」の続きを読む

財津和夫は当初「ビートルズ」は耳障りな音楽と感じていた!

少年時代、米軍のラジオ放送から流れてくるアメリカンポップスを聴くうち、アメリカに憧れを持つようになったという、財津和夫(ざいつ かずお)さんは、高校生の時には、「ビートルズ」に夢中になり、自らバンドを組んで「ビートルズ」の曲を演奏するように・・・

「財津和夫は当初「ビートルズ」は耳障りな音楽と感じていた!」の続きを読む

財津和夫は幼少期から米軍ラジオの音楽を聴きアメリカに憧れていた!

終戦後、朝鮮半島にいた日本人は引き揚げを余儀なくされたことから、財津一家もそれに従って日本へ引き揚げると、その後、兄弟の中で唯一、日本で誕生したという、財津和夫(ざいつ かずお)さんは、幼い頃、米軍ラジオから流れてくる音楽を聴くうちに、アメ・・・

「財津和夫は幼少期から米軍ラジオの音楽を聴きアメリカに憧れていた!」の続きを読む

財津和夫の父親は朝鮮引揚後は養豚場⇒食堂を経営していた!

21歳の時、祖父・民平さんの意向で、恩師の名前である「財津姓」を名乗ることになると、民平さんの開墾した広大な土地を受け継ぎ、25歳の時、山村サイさんと結婚したという、財津和夫(ざいつ かずお)さんの父・國平さんは、終戦後は、朝鮮半島の広大な・・・

「財津和夫の父親は朝鮮引揚後は養豚場⇒食堂を経営していた!」の続きを読む

財津和夫はもともと「財津姓」ではなかった!

農業をするため、朝鮮半島に移住すると、やがて、地元でも有数の広大な土地を所有する農場経営者となったという、財津和夫(ざいつ かずお)さんの父方の祖父・緒方民平さんですが、恩師の財津永枝さんが亡くなった後、やがて、跡継ぎも亡くなり、財津家が途・・・

「財津和夫はもともと「財津姓」ではなかった!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ