篠田正浩監督のデビューからの監督映画を画像で!

1960年、「恋の片道切符」で映画監督デビューして以来、「心中天網島」「夜叉ヶ池」「悪霊島」「瀬戸内少年野球団 」「写楽」「梟の城 owl’s castle」「スパイ・ゾルゲ」ほか数多くの名作映画を世に送り続け、2003年に映画・・・

「篠田正浩監督のデビューからの監督映画を画像で!」の続きを読む

篠田正浩は「夜叉ヶ池」を松竹への罪滅ぼしで制作していた!

2020年に42年ぶりに4Kデジタルリマスター版で復活した「夜叉ヶ池」ですが、実は、1979年に公開された「夜叉ヶ池」は、当時、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんが、松竹への罪滅ぼしで制作したものだったといいます。

「篠田正浩は「夜叉ヶ池」を松竹への罪滅ぼしで制作していた!」の続きを読む

篠田正浩の「夜叉ヶ池」は巨匠マーティン・スコセッシも絶賛していた!

1979年に公開された後は、2020年に42年ぶりに4Kデジタルリマスター版で復活するまで、一度だけテレビ朝日系「ゴールデンワイド劇場」で放送されただけで、ビデオやDVDにもされず、幻の作品と言われてきた、篠田正浩(しのだ まさひろ)さん制・・・

「篠田正浩の「夜叉ヶ池」は巨匠マーティン・スコセッシも絶賛していた!」の続きを読む

篠田正浩の「夜叉ケ池」が42年ぶりに4Kデジタルリマスター版で復活!

2003年には、映画監督人生の集大成として映画「スパイ・ゾルゲ」を発表し、これを最後に映画監督を引退していた、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、2020年には、「夜叉ヶ池」(1979)が42年ぶりに4Kデジタルリマスター版で復活し、喜・・・

「篠田正浩の「夜叉ケ池」が42年ぶりに4Kデジタルリマスター版で復活!」の続きを読む

篠田正浩は「スパイ・ゾルゲ」を最後に引退していた!

日本映画産業全体が斜陽化してきた1965年、「松竹」を退社してフリーになり、翌年1966年、独立プロダクション「表現社」を設立すると、1969年には映画「心中天網島」を大ヒットさせた、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんは、その後も次々に名作を・・・

「篠田正浩は「スパイ・ゾルゲ」を最後に引退していた!」の続きを読む

篠田正浩は若い頃「心中天網島」が大ヒットしていた!

映画「乾いた湖」を発表すると大ヒットを記録し、”松竹ヌーベルバーグの騎手”と呼ばれるようになった、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんは、その後も次々と作品を発表するのですが、やがて、日本映画産業自体が斜陽化し、「松竹」・・・

「篠田正浩は若い頃「心中天網島」が大ヒットしていた!」の続きを読む

篠田正浩が若い頃は「乾いた湖」が大ヒットしていた!

1953年、早稲田大学を卒業後、超難関の「松竹」に助監督として入社するも、陸上部出身ということで、当初は、日数も予算も少ないハードなロケ映画の助監督など、体力の必要な力仕事ばかり命じられていたという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、・・・

「篠田正浩が若い頃は「乾いた湖」が大ヒットしていた!」の続きを読む

篠田正浩が若い頃は松竹で助監督として下働きしていた!

ダメ元で受けた「松竹」の助監督試験で、筆記試験、1次面接と無事通過した、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんは、最終面接も合格し、見事、超難関だった「松竹」の助監督になると、1953年の入社以来、助監督として、様々な監督の下で下働きをしつつ、監・・・

「篠田正浩が若い頃は松竹で助監督として下働きしていた!」の続きを読む

篠田正浩は大学卒業後は松竹の助監督試験を受けていた!

演劇の勉強と陸上競技をするため早稲田大学に進学すると、その2つの相乗効果で、映画監督を志そうと考え始めたという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんは、大学卒業後は、大学院進学を考えていたそうですが、お母さんが急逝し、就職しなければならなくなっ・・・

「篠田正浩は大学卒業後は松竹の助監督試験を受けていた!」の続きを読む

篠田正浩は陸上競技をやっていたから映画監督になれた?

早稲田大学では、演劇の勉強をしつつ、競走部(陸上部)で陸上の練習に励んでいたという、篠田正浩(しのだ まさひろ)さんですが、陸上の練習で焼け野原になった新宿の街を走っていた際、あるインスピレーションを感じたそうで、これが職業として映画監督を・・・

「篠田正浩は陸上競技をやっていたから映画監督になれた?」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ