相田翔子の生い立ちは?女子プロレスのオーディションに応募していた!

1988年、アイドルデュオ「Wink」としてファーストシングル「Sugar Baby Love」でデビューすると、その後、「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」「淋しい熱帯魚」など、数々のヒット曲を連発し、”・・・

「相田翔子の生い立ちは?女子プロレスのオーディションに応募していた!」の続きを読む

宇崎竜童が阿木燿子と結婚50年超でも仲の良い理由とは?

1964年、明治大学入学2日目にして、軽音楽部に勧誘するため声をかけて以来、半世紀以上、妻の阿木燿子と共に活動しているという、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんですが、今回は、そんな二人の仲良しでいられる秘訣を二人のコメントを交えてご紹介し・・・

「宇崎竜童が阿木燿子と結婚50年超でも仲の良い理由とは?」の続きを読む

宇崎竜童の妻・阿木燿子との馴れ初めは?

作曲家として数々のヒット曲を連発する一方で、ミュージシャン、俳優、映画監督とマルチな才能を発揮している、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんですが、その傍らにはいつも、妻の阿木燿子さんの存在がありました。今回は、そんな宇崎さんと阿木さんの馴れ・・・

「宇崎竜童の妻・阿木燿子との馴れ初めは?」の続きを読む

宇崎竜童のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

1973年、「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を結成し、ファーストシングル「知らず知らずのうちに」でデビューすると、その後は、バンド活動と並行して、山口百恵さんに提供した「横須賀ストーリー」「プレイバック part2」をはじめ、数々の名曲・・・

「宇崎竜童のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

宇崎竜童が山口百恵と親しくしなかった理由とは?

妻の阿木燿子と共に、山口百恵さんに、全68曲もの楽曲を提供し、山口さんの黄金時代を支えた、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんですが、それだけの曲を作りながらも、山口さんとは私的な交流は全くなかったといいます。

「宇崎竜童が山口百恵と親しくしなかった理由とは?」の続きを読む

宇崎竜童が山口百恵に作曲した「プレイバックpart2」は瞬時にできていた!

山口百恵さんに提供した「横須賀ストーリー」が大ヒットとなった、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんは、その後も、自身のバンドのツアー、テレビ出演、映画出演をこなしつつ、次々と山口さんに曲を提供し、山口さんの黄金時代を支えます。

「宇崎竜童が山口百恵に作曲した「プレイバックpart2」は瞬時にできていた!」の続きを読む

宇崎竜童は山口百恵本人からのオファーという噂を信じていなかった!

山口百恵さんの事務所から依頼され、アルバム収録曲として制作した「横須賀ストーリー」が、シングルカットされ大ヒットとなった、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんですが、実はこのオファーは、山口さんが、宇崎さん率いる「ダウン・タウン・ブキウギ・バ・・・

「宇崎竜童は山口百恵本人からのオファーという噂を信じていなかった!」の続きを読む

宇崎竜童が山口百恵に作曲した「横須賀ストーリー」は当初アルバム用だった!

山口百恵さんに提供した「横須賀ストーリー」が大ヒットとなった、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんですが、実は、この「横須賀ストーリー」、当初はアルバムの収録曲として依頼されたものだったそうです。

「宇崎竜童が山口百恵に作曲した「横須賀ストーリー」は当初アルバム用だった!」の続きを読む

宇崎竜童が若い頃は山口百恵に提供した「横須賀ストーリー」が大ヒット!

1974年12月に発売した「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」の3枚目のシングル「スモーキン・ブギ」がヒットすると、1975年4月に発売した4枚目のシングル「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」もミリオンセラーとなる大ヒットとなり、たちまちスタ・・・

「宇崎竜童が若い頃は山口百恵に提供した「横須賀ストーリー」が大ヒット!」の続きを読む

宇崎竜童は若い頃「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が大ヒット!

1974年には早くも「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」の3rdシングル「スモーキン・ブギ」がヒットとなった、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんは、翌年の1975年には、さらに、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」がミリオンセラーの大ヒットと・・・

「宇崎竜童は若い頃「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が大ヒット!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ