西郷輝彦はデビュー曲「君だけを」でいきなり大ヒットしていた!

相澤秀禎さんにスカウトされて「竜巳プロダクション」と契約するも、しばらくは仕事のない日々を過ごし、暇を持て余していた、西郷輝彦(さいごう てるひこ)さんですが、1963年、設立されたばかりのレコード会社「クラウンレコード」と契約すると、翌年・・・

「西郷輝彦はデビュー曲「君だけを」でいきなり大ヒットしていた!」の続きを読む

西郷輝彦は昔サンミュージックの相澤秀禎にスカウトされていた!

なんとか、シンガー兼下働きとしてバンドに入り、大阪、京都、名古屋のジャズ喫茶を回るようになるも、先輩からはひどいイジメを受け、そのうえ、肝心のジャズ喫茶の人気も低迷していき、先行きの見えない苦しい日々を耐え忍んでいた、西郷輝彦(さいごう て・・・

「西郷輝彦は昔サンミュージックの相澤秀禎にスカウトされていた!」の続きを読む

西郷輝彦は下積時代に凄まじいイジメを受けていた!

「ナンバ一番」のコンテストで落選し、途方に暮れていた中、俳優としてスカウトされ、東京の俳優の家で住み込みで働くことになるも、便所掃除が嫌で、3日も経たないうちに飛び出したという、西郷輝彦(さいごう てるひこ)さんは、その後、ロックバンドのシ・・・

「西郷輝彦は下積時代に凄まじいイジメを受けていた!」の続きを読む

西郷輝彦は昔歌手で落選し俳優としてスカウトされていた!

もう二度と実家には戻らない、両親には会えない、という覚悟で実家を飛び出し、友人宅をあてにして神戸行きの汽車に乗り込んだ、西郷輝彦(さいごう てるひこ)さんですが・・・

「西郷輝彦は昔歌手で落選し俳優としてスカウトされていた!」の続きを読む

西郷輝彦は家出同然(高校中退)で鹿児島の実家を飛び出していた!

音楽で生きていきたい一心で鹿児島を出ようと考えていた頃、折よく野球部が甲子園出場を果たし、応援にかこつけて、大阪のジャズ喫茶「ナンバ一番」を訪れると、初めて聴く生演奏に感動し、より音楽で生きていく決意を固めた、西郷輝彦(さいごう てるひこ)・・・

「西郷輝彦は家出同然(高校中退)で鹿児島の実家を飛び出していた!」の続きを読む

西郷輝彦は高1の時に音楽で生きる決意をしていた!

9歳で2番目のお兄さんを、15歳で1番上のお兄さんを相次いで亡くし、しばらくは茫然自失の毎日を送っていたという、西郷輝彦(さいごう てるひこ)さんですが、やがて、音楽で生きてくことを決心し、そのために家を出ることを考え始めます。

「西郷輝彦は高1の時に音楽で生きる決意をしていた!」の続きを読む

西郷輝彦は少年時代に2人の兄を相次いで亡くしていた!

音楽が好きでジャズドラマーとして活動していた1番上のお兄さんと、スポーツマンだった2番目のお兄さんの影響を受け、音楽好きで、運動が得意という、活発な少年に育った、西郷輝彦(さいごう てるひこ)さんですが、その敬愛する2人のお兄さんは次々と亡・・・

「西郷輝彦は少年時代に2人の兄を相次いで亡くしていた!」の続きを読む

音無美紀子の娘は村井麻友美!息子は村井健太郎!

「乳ガン」をきっかけにウツ病を患い、生きる気力を失う中、家族の言葉や存在に励まされ、次第に癒やされていったという、音無美紀子(おとなし みきこ)さん。今回はそんな音無さんの、夫・村井國夫さんへのラブレター、お子さんたち、「歌声喫茶」などにつ・・・

「音無美紀子の娘は村井麻友美!息子は村井健太郎!」の続きを読む

音無美紀子は夫・村井國夫の献身でウツ病から回復していた!

「乳ガン」手術後、病院でのリハビリでは明るく前向きに取り組むも、退院して自宅に戻ると、様々なことが今まで通りにいかないことでウツになってしまった、音無美紀子(おとなし みきこ)さんですが、家族の献身的な支えにより、徐々に回復していったといい・・・

「音無美紀子は夫・村井國夫の献身でウツ病から回復していた!」の続きを読む

音無美紀子は乳ガンがきっかけでウツ病になっていた!

1988年9月、「乳ガン」を患い、10時間に及ぶ左胸の全摘手術を受けると、その後は懸命にリハビリに励み、無事に退院された、音無美紀子(おとなし みきこ)さんですが、退院後は、ひどいウツ症状に見舞われたといいます。

「音無美紀子は乳ガンがきっかけでウツ病になっていた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ