森繁久彌は若い頃「日劇」で痴漢退治をさせられていた!

「日劇」では、幾度となく恐ろしい出来事に遭遇し、朝の見回り中には、地下で、血だらけの男の人が死んでいるのを発見したこともあったという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、その後、「日劇」では、トイレにこもった痴漢の退治に行かされたことも・・・

「森繁久彌は若い頃「日劇」で痴漢退治をさせられていた!」の続きを読む

森繁久彌は若い頃「日劇」の地下で死体を発見していた!

「日劇」で舞台進行係として働く中、役者になる夢が諦めきれず、歌手の藤山一郎さんに頼み込んで、藤山さんのショーに端役で出演することを許してもらうも、観客には全くウケず、失敗に終わったという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、その後、勤務・・・

「森繁久彌は若い頃「日劇」の地下で死体を発見していた!」の続きを読む

森繁久彌は「東宝」入社後は「日劇」で舞台進行係をしていた!

早稲田大学中退後は、お兄さんのコネで「東宝」に入社した、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、家族からは役者になることを許してもらえず、「日本劇場」に派遣され、舞台進行係の仕事をすることになったそうで、そんな中、たまらず、仕事で知り合った・・・

「森繁久彌は「東宝」入社後は「日劇」で舞台進行係をしていた!」の続きを読む

森繁久彌は早大中退後は兄のコネで「東宝」に入社していた!

早稲田大学「演劇研究部」では、先輩の山本薩夫さんと谷口千吉さんが中退したことで、部の中心人物となると、大学の外の素人劇団「中央舞台」にも出演するようになど、積極的に演劇活動に打ち込むも、1936年、当時、必修とされていた軍事教練を拒否したこ・・・

「森繁久彌は早大中退後は兄のコネで「東宝」に入社していた!」の続きを読む

森繁久彌は早大時代「中央舞台(人間座)」で芝居に明け暮れていた!

早稲田大学進学後、先輩に誘われるがままに「演劇研究部」に入部すると、すっかり、お芝居の虜になったという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんは、中心人物だった山本薩夫さんと谷口千吉さんが左翼活動が原因で早稲田大学中退すると、代わって中心的存在と・・・

「森繁久彌は早大時代「中央舞台(人間座)」で芝居に明け暮れていた!」の続きを読む

森繁久彌は早稲田大学演劇研究部の中心的存在だった!

旧制北野中学校時代は、いたずらばかりしていたうえ、歴史の試験では白紙で提出して、落第させられたこともあったという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんは、旧制早稲田第一高等学院に進学すると、物理学者を目指すも、成績が伴わず、やむなく断念したそう・・・

「森繁久彌は早稲田大学演劇研究部の中心的存在だった!」の続きを読む

森繁久彌が中学の時は天井裏から小便をし停学処分となっていた!

教育熱心だったお母さんの意向で、進学校だった旧制北野中学校に進学したという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、中学時代は、かなりやんちゃな生徒だったそうで、天井裏から小便をして停学処分となったことがあったほか、答案用紙を白紙で出して、・・・

「森繁久彌が中学の時は天井裏から小便をし停学処分となっていた!」の続きを読む

財津一郎の息子は?孫は俳優の財津優太郎!

自身が緊急手術を受け、絶対安静中、同じ病院に妻のミドリさんが運び込まれ、ほどなく他界してしまったという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、そんなミドリさんとの間には、男の子が一人誕生しているといいます。今回は、その息子さんとそのお子さ・・・

「財津一郎の息子は?孫は俳優の財津優太郎!」の続きを読む

財津一郎は足が不自由になるも妻の介護を1人で担っていた!

2011年、77歳の時、テレビドラマ「3年B組金八先生ファイナル」の出演を最後に、芸能活動を停止した、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、2019年には、「NEWSポストセブン」の取材に応じ、近況を語っています。

「財津一郎は足が不自由になるも妻の介護を1人で担っていた!」の続きを読む

財津一郎は「脳出血」で倒れるも大手術により完治していた!

2000年、66歳の時には、「タケモトピアノ」のCMでコミカルなパフォーマンスを披露した(CMは2022年現在も放映中)、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、実は、61歳の時、「脳出血」と診断され、大手術を受けていたといいます。

「財津一郎は「脳出血」で倒れるも大手術により完治していた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ