蛭子能収はクズでサイコパス?嫁は?再婚相手は?娘の希和は連れ子!

Sponsored Link

漫画家、タレント、俳優と、マルチに活躍されている、蛭子能収(えびす よしかず)さん。2007年からは、バラエティ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」に、太川陽介さんと出演され、その失言や暴言が受け、人気を博しています。





そんな蛭子さんの、ご家族や、
気になる話題について調べてみました!

クズでサイコパス?


蛭子さんを「クズ」「サイコパス」で、
多くの方が検索されているようです。

というのも、蛭子さんは、これまで、
一般常識からすると、「クズ」
と言われてもおかしくない、

ぎょっとするような言動を、
たびたびされており、

そのあまりにも度が過ぎた発言に、
「サイコパス(反社会性人格障害)」
とまで言われているというのです。

そこで、蛭子さんの、
「クズ」「サイコパス」な発言を、
まとめてみました!

①つまらない人と対談

蛭子さんと、みうらじゅんさんが対談された時、
みうらさんが、楽屋に置いてあった、
蛭子さんの手帳を勝手に読むと、

当日のスケジュール欄に、
「つまらない人と対談」と書いてあった。

②親指でギューと押すと中まで入りますよ

みうらさんが、
「うち、子供が生まれたよ」と言うと、
蛭子さんは、
「赤ん坊はですね、頭のてっぺんが柔らかいから、
親指でギューと押すと中まで入りますよ」
と笑いながら言った。

③障害児じゃなかったですか?

みうらさんの子どもが生まれた時、ニヤニヤしながら、
「障害児じゃなかったですか?」と聞いた。

④ホルマリン漬けの奇形の胎児

蛭子さんに、「うちの子供見に来ませんか?」
と誘われて行くと、そこはなんと病院の研究室。

ホルマリン漬けの奇形の胎児を見せられて、
「これが最初の子供なんですよ」と、笑顔の蛭子さん。

⑤人殺しのくせに・・・

交通事故を起こし、被害者を死なせてしまった、
大竹まことさんと共演れた際、
大竹さんに激しく突っ込まれると、
蛭子さんは、「人殺しのくせに・・・」とつぶやいた。

⑥へへ、すいません

「踊る!さんま御殿!!」でも、
岸部シローさんが、奥さんを亡くし、
独り暮らしの寂しさを語っておられた際、

蛭子さんが「奥さんと別れたんですか?」と質問。
岸部さんは「死んだんだよ!」と答えられ、
明らかに不愉快そうだったが、
蛭子さんは、「へへ、すいません」と笑顔。

⑦葬式に出席すると笑わずにいられない。

「人が死ぬと楽しい。ついおかしくて笑ってしまう。」
と、ある追悼番組でコメントし、
以来、追悼番組には呼ばれなくなった。

⑧息子を燃やす?!

自分と息子さんをモデルにした漫画の中で、
息子を段ボール箱に入れてたたき売り。

しかし売れなかったことから、
「お前なんか死んでしまえ!」と言って、息子を燃やす。

⑨腐ってたら面白いね

難民キャンプで、食料配給の場面を見て、
「あれ、全部腐ってたら面白いね。」

などなど、数多くあるのですが、
いずれも、かなり常軌を逸していますね~

蛭子さんは、少年時代や、会社員時代、
たびたびイジメに遭っており、

そのたびに、

ぐっと耐えて、ストレスは溜まるんですけど、
でもその人たちをいつも漫画の中では殺して書いてましたね。

と笑顔で語っておられたことから、

このようなご経験が、
影響されているのかもしれませんね。

嫁は?


そんな蛭子さんの、
気になる奥さんですが、

蛭子さんは、高校生の頃、画材屋さんで、
奥さんと知り合われ、交際に発展。

その後、蛭子さんが、
看板会社を辞めて、上京されたことで、
1年間は文通されていたそうですが、

1年後、奥さんも、
蛭子さんを追いかけるように、
上京され、同棲。

1972年には、
長女の史英さんの誕生をきっかけに結婚され、

1974年には、
長男の一郎さんが誕生しています。


蛭子さんファミリー♪

ちなみに、この頃、蛭子さんは、
漫画家としてデビューされたものの、
出版社の経営難で、収入を得ることができず、

しばらくは、「ちり紙交換」「ダスキン」の営業で、
生計をたてられるなど、苦しい時代が続いたそうですが、

1979年頃から、漫画家として、
収入を得ることができるようになり、

1980年代中頃からは、
タレントとしても、活躍されています。


最愛の妻死去


しかし、そんな苦労をともにした、
最愛の奥さんも、2001年、
「肺高血圧症」で他界。

蛭子さんは、奥さんについて、

人間って誰かを幸せにしたり、
喜ばせるために生まれてくると思ってるんですよ。

で、一番身近な誰かって、結局は家族でしょう。
女房は俺を幸せにするために生まれてきた。

そして俺は女房を喜ばせるのが運命だった。
そういうことではないですかね。

と、著書「ヘタウマな愛」の中で、
綴っておられます。


ヘタウマな愛 (新潮文庫)

再婚


そして、蛭子さんは、

「寄り添う相手の居ない本当の孤独」

に襲われたそうで、

その寂しさに耐えきれず、
周囲の女性たちに、
必死でアプローチするも全て失敗。

ようやく、女性週刊誌「女性自身」
が企画した、お見合いパーティーで、
19歳年下の女性と知り合われ、

3年半に及ぶ交際の末、
2007年に再婚されたのでした。

ちなみに、現在、蛭子さんと奥さんとの間に、
お子さんはいらっしゃらないのですが、

奥さんの連れ子の希和さんが、蛭子さんの娘として、
テレビ番組にも出演されていたことがあり、

女優デビューも果たされているとのことなので、
今後の活動が楽しみですね。


「踊る!さんま御殿!!」より。蛭子さんと希和さん。

さて、いかがでしたでしょうか?

「人が死ぬと楽しい。」
と笑っておられた蛭子さんですが、

前の奥さんとのエピソードからも、
やはり、これは、
デフォルメされたキャラだったのですね。

いつも元気そうな蛭子さんも、
すでに、70歳間近。

お体には十分に気をつけて、
これからも、私達を、
あっと驚かせてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ