宮﨑駿の新作は?引退してた?復帰?ルパン三世!ハイジ!未来少年コナン!

Sponsored Link

「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「千と千尋の神隠し」など、次々と名作を発表し、多くの人から支持を受けている天才アニメーター、宮﨑駿(みやざき はやお)さん。当初は、TVアニメ「ルパン三世」「アルプスの少女ハイジ」などの制作にも携わっておられました。




プロフィール!


宮﨑さんは、1941年1月5日生まれ、
東京府東京市(現在の東京都墨田区)のご出身です。

血液型はO型、

出身大学は、
学習院大学政経学部、

だそうです♪


アニメーターを志す


宮﨑さんは幼い頃から、
絵がずば抜けて上手な漫画少年だったそうで、

高校3年生の時には、東映動画「白蛇伝」に感動し、
アニメーションにも関心を持つように。


「白蛇伝」

また、大学に進学されると、
当時は大学に漫画サークルがなかったため、
児童文学サークル(現在の児童文化研究会)に所属。

人形劇を企画しながら、漫画家を志し、
漫画を描き続けられたのでした。

そして、大学卒業後は、東映動画に入社し、
動画などを手がけられるのですが、

当初は東映動画で制作されていた作品に、
魅力を感じることができず、

もともと好きだった、漫画への思いを、
断ち切ることができなかったそうです。

しかし、入社して1年後、
旧ソ連製作の長編アニメ映画、
「雪の女王」を観られると感銘を受け、

アニメーションを一生の仕事にしようと、
決意されたのでした。


アニメ製作へ


宮﨑さんは、その後、劇場用アニメ、
「ガリバーの宇宙旅行」(1965年公開)の、
製作スタッフとして参加されると、


「ガリバーの宇宙旅行」

宮﨑さんの提案でラストが変更されるなど、
早くから演出家としての才能を発揮。

(ただ、作品としての出来は、宮﨑さん含め、
 制作スタッフの間では不評だったうえ、子どもたちにも不評で、
 退屈した子どもたちが映画館を走り回っていたそうです。)

1965年~1968年には、
高畑勲さん、森康二さん、大塚康生さんらと共に、
3年かかって、長編アニメ「太陽の王子 ホルスの大冒険」を制作され、

これが、宮﨑さんにとって、本格的に制作に携わった、
初めてのアニメ作品となっています。


「太陽の王子 ホルスの大冒険」

そして、1971年には、
高畑さん、小田部羊一さんとともに東映動画を退社され、

新企画「長靴下のピッピ」を制作するために、
東京ムービーの下請けをやっていた、「Aプロダクション」
(現在のシンエイ動画株式会社)に移籍されるのですが、

原作者の許諾を得られず、
その企画は立ち消えとなってしまっています。


「ルパン三世」で初の演出を担当


そんな宮﨑さんは、同年の1971年、
高畑さんとともに、大塚さんに誘われて、
TVアニメ「ルパン三世」の演出の仕事を引き受けられます。

というのは、大塚さんは、
「ルパン三世」の作画監督に抜擢され、
「大人向けのアニメ」として制作されていたのですが、

当時、アニメは、作りさえすれば、
そこそこの視聴率が取れる、
と考えられていた時代だったにもかかわらず、

視聴率は低調を極め、即打ち切りとなっても、
おかしくない状況だったそうで、

(ルパンと峰不二子のからみや、退廃的な世界観が、
 1970年代の家庭では、倫理観にそぐわなかったようで、
 親が子どもに見せないようにしていたと考えられています。)

東京ムービーの藤岡社長と、
演出を担当されていた大隅正秋さんの間で、

今後、ルパンを、このまま、
大人向けのアニメとして継続するのか、
それとも、子ども向けアニメに転換するのか、
で、意見が衝突。

とうとう、大隅さんは降板され、
ルパンは後任が決まらないまま、
宙ぶらりんの状態に・・・

そこで、苦境に立たされた大塚さんが、
宮﨑さんと高畑さんの二人に演出を依頼されたのでした。


放送打ち切りも、再放送でブレイク


そして、宮﨑さんらは、
原作の影響が強いハードボイルドだった作風を、

徐々に低年齢層向けに変更していき、
キャラクターの性格も変更。


ルパン三世 TV第1シリーズ

すると、視聴率は、
9%と当初よりは向上するも、

結局、約半年後、23話で、
放送が打ち切りとなってしまったのでした。

しかし、それから数年後、
各局で再放送されると、

夕方枠だったにもかかわらず、
局によっては、なんと20%という、
異例の視聴率を記録!

「宮﨑ルパン」は、遅まきながら、
高く評価されることとなったのでした。


「アルプスの少女ハイジ」が大ヒット!


また、宮﨑さんは、1972年には、
大塚さん、高畑さん、小田部さんらとともに、
子ども向け映画「パンダコパンダ」を制作。


「パンダコパンダ」

そして、1974年には、
TVアニメ「アルプスの少女ハイジ」で、
全カットの場面設定、画面構成(レイアウト)を担当されると、

最高平均視聴率が26.9%となる大ヒットを飛ばし、
宮﨑さんは、初の成功を収められています。


「アルプスの少女ハイジ」


「未来少年コナン」


そして、1978年、
NHKのTVアニメ「未来少年コナン」で、
初監督を務められると、

(名義上は演出家であったのですが、監督がいなかったことから、
 事実上、監督をされていたそうです)

毎週放送というタイトなスケジュールの中、
演出を行いながら、キャラクターデザイン、メカデザイン、
設定、絵コンテ、レイアウトなどを、全話担当。


「未来少年コナン」

さらに、スタッフの作った脚本、
レイアウト、絵コンテ、原画なども、

高畑さんが応援で手伝ってくれたものの、
ほとんど、すべてひとりでチェックされたのだとか。

(ちなみに、それでも、視聴率は芳しくなかったそうですが、
 この作品に衝撃を受けた多くの子どもたちが、
 後に、アニメーターやアニメ演出家になるなど、
 人々に多大な影響を与えたようです。)


「ルパン三世 カリオストロの城」で映画作品監督デビュー


その後、宮﨑さんは、大塚さんから、
「ルパン三世」の映画を一緒にやろうと持ちかけられると、

当初は乗り気ではなかったものの、
最終的には了承し、4ヶ月半という短い期間で、
「ルパン三世 カリオストロの城」を制作し、
映画作品の監督デビューを果たされています。


「ルパン三世 カリオストロの城」

しかし、当時、リニューアルし、
人気を博していた「ルパン三世2ndシリーズ」
のイメージと作風が違っていたことや、

SFアニメ全盛の時代だったことから、
興行的には失敗。

宮﨑さんは、このことが原因で、
しばらくの間、映画に携わることのできない、
不遇な時代を過ごすことになってしまったのでした。

ただ、この作品も、TVアニメのルパン同様に、
テレビで再放送を繰り返すうちに、
次第に高視聴率を記録。

現在、この作品は、
アニメ映画として高く評価されているだけでなく、
多くの映画ファンからも支持を受けています。


数々の名作を発表


そんな宮﨑さんは、以降、
数々の名作を発表。

1984年「風の谷のナウシカ」
1986年「天空の城ラピュタ」
1988年「となりのトトロ」


「風の谷のナウシカ」

1989年「魔女の宅急便」
1991年「おもひでぽろぽろ」
1992年「紅の豚」
1994年「平成狸合戦ぽんぽこ」


「紅の豚」

1995年「耳をすませば」
1997年「もののけ姫」
2001年「千と千尋の神隠し」
2004年「ハウルの動く城」


「もののけ姫」

2008年「崖の上のポニョ」
2010年「借りぐらしのアリエッティ」
2011年「コクリコ坂から」
2013年「風立ちぬ」


「崖の上のポニョ」

と、日本人なら、誰もが、
一度は聞いたことがある作品ばかりですね。

さて、いかがでしたでしょうか?

2013年には、長編映画制作からの引退を発表されるも、
2017年には、引退発言を撤回し、
長編映画制作復帰を発表された宮﨑さん。
(その最新作は、2019年公開予定)

さすがに、70代も後半に差し掛かり、
バリバリという訳にはいきませんが、
お体には十分に気をつけながら、
これからも素敵な作品を作り続けてほしいですね♪



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ