安達祐実の年齢は?身長は?本名は?昔は家なき子で子役!出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

0歳で赤ちゃんモデルとしてデビューすると、その後は、CMやテレビドラマなどで子役として活動し、1994年、12歳の時、テレビドラマ「家なき子」で、大ブレイクされた、安達祐実(あだち ゆみ)さん。しかし、このブレイクの裏では、プライベートで壮絶なイジメ、そして、ブレイク後も、子役のイメージから脱却できず、長年、もどかしい思いをされていたのでした。




年齢は?出身は?身長は?本名は?


安達さんは、1981年9月14日生まれ、
東京都台東区のご出身、

身長153センチ、

靴のサイズは22.5センチ、

血液型はA型、

学歴は、
堀越高等学校卒業、

趣味は、
写真を撮ること、アルバムを作ること、

ちなみに、安達祐実は本名で、
結婚後は、長谷川祐実となっています。


ハウス食品のCM~「家なき子」でブレイク


安達さんは、なんと、0歳の時に、
子育て雑誌でモデルデビューすると、

その後も、子役としてCMなどに出演し、

1990年、9歳の時には、
「自由の丘に私が残った」でテレビドラマデビュー。

翌年の1991年には、小林稔侍さんと共演した、
CM「ハウス食品・咖喱(カリー)工房」での愛らしい姿が、

「具が大きい」

のフレーズとともに話題となります。



そして、その後も、

1991年 NHK朝の連続テレビ小説「君の名は」
1992年「HOTEL2」第7話
     「学校があぶない」
     「わがままな女たち」

1993年 NHK大河ドラマ「琉球の風」
     「ひとつ屋根の下」
第9話
     「愛してるよ!」


「愛してるよ!」より。安達さんと田原俊彦さん。

と、立て続けに、
子役としてテレビドラマに出演されると、

1994年、12歳の時には、テレビドラマ「家なき子」が、
最高視聴率37.2%の大ヒットとなり、

逆境にめげず、たくましく生き抜いていく主人公、
相沢すず役を演じた安達さんも大ブレイク。

周囲の大人たちから憐れみの目で見られると、
すずが発するセリフ、

「同情するならカネをくれ」

は、新語・流行語大賞にも選ばれるなど、
社会現象を巻き起こしたのでした。


「家なき子」より。安達さんと田中好子さん。

プライベートでも壮絶なイジメ


しかし、一方、プライベートでは、
子役であるがゆえに、小学生の時からいじめられ続け、

特に、「家なき子」が放送されるタイミングで、
入学した中学校時代は、

ドラマ上の役と安達さんを混同した同級生から、

上履きを花壇に埋められる、
体操着を切られる、
男の子には体を触られる、

などといった、ひどいいじめを受け、

学校の外でも、通行人から、

「生で見るとブスだな」

と、罵られたこともあったそうで、

このような経験から、安達さんは人間不信に陥り、
優しくしてくれる子でさえも信頼できず、敵に思え、
中学の3年間は、ずっとひとりで耐えていたのでした。

「子役は大成しない」のプレッシャー


そんな悲惨な中学時代も、卒業して、
芸能人が多く集まる堀越高等学校に入学したことで、
ようやく、友達と打ち解けることができるようになったのですが、

今度は、「家なき子」ブームが去ったことで、

「子役は大成しない」

と、週刊誌に書きたてられるようになり、

仕事が減っていくことへの恐怖や、
周りからのプレッシャーに悩まれたそうで、

安達さんは当時を振り返り、

(週刊誌を)わざわざは読まないんですけど、
やっぱり目に入る機会はあって。

事務所の人や親も焦り始めて、
自分は「早く大人にならなきゃ」みたいな気持ちはありました。

その反面、どうして大人にならなきゃいけないんだろう・・・・
というのもあったし、中学、高校は複雑な時期でしたね。

と、明かされています。

出演ドラマ映画


それでは、ここで、
その後の安達さんの出演作品の一部をご紹介しましょう。

映画では、

1993年「REX 恐竜物語」
1994年「ヒーローインタビュー」
     「家なき子」

1998年「お墓がない!」
1999年「稚内発 学び座~ソーランの歌が聞こえる~」


「REX 恐竜物語」より。

2006年「LOFT ロフト」
2009年「幼獣マメシバ」
2013年「TOKYOてやんでぃ」
2014年「野のなななのか」


「幼獣マメシバ」より。安達さんと佐藤二朗さん。

テレビドラマでは、

1995年「家なき子2」
1996年 NHK朝の連続テレビ小説「ひまわり」
1997年「ガラスの仮面」
1998年「ガラスの仮面2」

1999年 NHK大河ドラマ「元禄繚乱」
2000年「シンデレラは眠らない」
2001年「グッド★コンビネーション」
2002年「ナースのお仕事4」


「シンデレラは眠らない」より。原沙知絵さんと安達さん。

2003年「スーパー時代劇 大奥」
2004年「ドールハウス~特命女性捜査班~」
     「金曜時代劇 慶次郎縁側日記」

2005年「金曜時代劇 慶次郎縁側日記2」
2006年「金曜時代劇 慶次郎縁側日記3」

2008年「金曜時代劇 密命 寒月霞斬り」
2009年「帝王」
2010年「娼婦と淑女」
2011年「名前をなくした女神」第1話


「娼婦と淑女」より。
(左から)鳥羽潤さん、安達さん、石川伸一郎さん。


2012年「主に泣いてます」
2013年「ホリック~xxxHOLiC~」
2014年「トクボウ 警察庁特殊防犯課」

ほか、単発ドラマにも数多く出演されています。


映画「花宵道中」で新境地開拓


ただ、いかんせん、童顔でかわいらしい外見から、
どうしても子役のイメージから抜け出せずにいた安達さんですが、

2014年、33歳の時、映画「花宵道中」で、
ヌードやラブシーンなど、体を張った遊女役を演じられたことから、
ようやく、子役のイメージから脱却。

安達さんは、その心境を、

やっと女性ならではの、
濃い役をやらせてもらえる年齢になったなって(笑)。

年齢の割に幼いルックスなので、どうしても、
はっきりした役、もしくは真逆の影のある役どころが多かったのですが、

本来の甘えん坊な部分を持った役の方が、
自分には向いているんじゃないかって密かに思っていました。
やっとそういう部分が見せられる役がいただけたと思いましたね。

昔は“いい子”でいたかったし、逆に、
“いい子”に見られることに反発した時期もありましたけど、

大人になった今、ようやく、人間にはいろいろな面があることを、
表現することが許される年齢になった。

少しずつ人生経験を積んだぶん、
前よりも説得力をもって演じられるようになったのかなって(笑)

と、明かしておられます。


「花宵道中」より。淵上泰史さんと安達さん。

ちなみに、以降、安達さんは、

映画では、

2015年「ST 赤と白の捜査ファイル」
     「王妃の館」

2017年「TOKYO DECIBELS(トーキョーデシベル)」


「TOKYO DECIBELS」より。(左から)辻仁成さん、
松岡充さん、安達さん、SUGIZOさん、長井秀和さん。


テレビドラマでは、

2015年「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」
     「37.5℃の涙」
第2話
2016年「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」
     「相棒 season15
」第7話
2017年「女囚セブン」
     「PTAグランパ!」
     「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」
     「男の操」

2018年「リピート~運命を変える10か月~」
     「99.9 -刑事専門弁護士- SEASONⅡ」
第3話
     「海月姫」


「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」より。
(左から)安達さん、板尾創路さん、壇蜜さん。


などに出演されています。

さて、そんな安達さんも、プライベートでは、
女の子と男の子、二人のお母さんなのですが、

お子さん達の芸能界入りについては、

「何かをやっていないと、愛されない」
という思いをさせたくない。

と、やはり、ご自身が幼い頃から芸能界に身を置き、
辛いプライベートを過ごしてこられたことから、
芸能界入りには反対されているそうで、

今は、しばし、ご家族での団欒(だんらん)を、
堪能されているのでしょうね。

ただ、近い将来、お子さんたちが、
芸能界入りを希望された時はどうされるのか、

もし、芸能界入りされれば、
是非、親子共演を見たいものですが・・・

今後も、安達さんの動向には注目です!!



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ