樹木希林の若い頃は?本名は?旧芸名は?出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

高校卒業後の1961年、「文学座付属演劇研究所」の1期生となられると、1964年には、テレビドラマ「七人の孫」で東北弁をしゃべるお手伝い役を演じ、お茶の間の人気者となられた、樹木希林(きき きりん)さん。以降、数多くのテレビドラマや映画で個性派女優として活躍され、1974年のテレビドラマ「寺内貫太郎一家」では、30歳の若さで老人の役を演じられています。


年齢は?出身は?身長は?本名は?旧芸名は?

樹木さんは、1943年1月15日生まれ、
東京市神田区(現・東京都千代田区)のご出身、

身長160センチ、

血液型はA型、

本名は、
内田 啓子(うちだ けいこ)、
(旧姓:中谷(なかたに))

旧芸名は、
悠木千帆(ゆうき ちほ)、

学歴は、
千代田女学園卒業、

趣味は、
お経、車の運転、

特技は、和裁、

ちなみに、
お父さんは、琵琶(びわ)奏者の中谷襄水さん、
夫は、ロック歌手の内田裕也さん、
娘は、エッセイストの内田也哉子さん、
娘婿は、俳優の本木雅弘さんです。

高校時代は薬剤師を目指すも・・・文学座付属演劇研究所入り

樹木さんは、高校生の時、
薬剤師を目指して受験勉強をされていたのですが、

お父さんの琵琶仲間が、
北海道の夕張で鉄道員をしていたことから、
お父さんについて遊びに行くと、

雪が積もった炭鉱のボタ山を、
地元の子どもが板に乗って滑り降りており、

それを真似して滑ったところ、足の骨を折ってしまい、
受験はおろか、卒業式にも出られなくなってしまったそうです。

そんな樹木さんは、同級生が希望に燃えて新しい道に踏み出す中、
何の目標もなく家で過ごしていることに疎外感を感じて、
毎日通える場所を探していると、新聞で、
「新劇の3劇団が研究生募集」の記事を見つけます。

これまで、お芝居と言えば、学芸会しか経験はなかったものの、
とりあえず「文芸座」を受けに行かれると、見事合格。

こうして、樹木さんは、1961年、
「文学座付属演劇研究所」の1期生となられると、

「悠木千帆(ゆうき ちほ)」の芸名で、
女優活動をスタートされたのでした。

(試験には美男美女が大勢来ていて、受かる自信はなかったそうですが、
 耳がよく、相手のセリフをよく聞いていたことが、合格の決め手になったと、
 後に知ったそうです。)

デビュー~30歳で老人役~個性派女優として

樹木さんの正確なデビュー作は不明ですが、
1964年、テレビドラマ「七人の孫」で、
東北弁をまくし立てるお手伝いさんの役を演じられると、

そのふてぶてしい演技で、
一躍、お茶の間の人気者になられています。

「七人の孫」より。(左から)森繁久彌さん、
松山英太郎さん、樹木さん(当時は悠木千帆)。

以降、個性派女優として、
数多くの映画、テレビドラマ、舞台に出演されており、

1974年には、テレビドラマ「寺内貫太郎一家」で、
30歳の若さでありながら、老人の役を演じられ、

「寺内貫太郎一家」より。(左から)梶芽衣子さん、加藤治子さん、西城秀樹さん、
小林亜星さん、樹木さん(当時は悠木千帆)、浅田美代子さん。

(主人公、貫太郎(小林亜星さん)の母親役だったのですが、
 実際には、樹木さんの方が小林さんより10歳以上も年下)

1977年、1978年には、
ホームドラマ「ムー」、続編「ムー一族」で、
足袋屋「うさぎや」のお手伝いさん役を演じられると、
共演者の郷ひろみさんとのコミカルな掛け合いが人気を博し、

当時の郷ひろみさんと樹木さん。

郷さんとのデュエット曲、
「お化けのロック」(1977)
「林檎殺人事件」(1978)
が、大ヒットを記録しています。

芸名「悠木千帆」をオークションで売却

ところで、樹木さんは、1977年、
「わが家の友だち10チャンネル 徹子のナマナマ10時間半」
というテレビの特番に出演されているのですが、

同番組が企画したオークション企画に、
出品するものが何もなかったことから、

なんと、自身の芸名「悠木千帆」を競売にかけられています。
(特に思い入れがなかったとの理由で)

ちなみに、芸名は、2万2000円で、
世田谷の飲食店店主に売却されたそうで、

その後、樹木さんは、本名の「内田啓子」で、
芸能活動をしようとするのですが、

ご主人の内田裕也さん(すでに別居中)に、

本名の「内田」を使うのはやめてくれ~

と、言われたことから、

仕方なく、辞書を弾いて適当な文字を拾われたそうで、
それが、現在の「樹木希林」なのだとか。

(その後、「悠木千帆」という名は、落札した飲食店店主が、
 2004年に無償で女優の山田和葉さんに譲り渡されたそうで、
 現在、山田さんは「(2代目)悠木千帆」として活動されているそうです。)

出演作品(テレビドラマ、映画)

それでは、ここで、
樹木さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1965年「時間ですよ」
1966年「丸出だめ夫」
1968年「風」第31話
1970年「プレイガール」
1971年「ザ・ガードマン」

「時間ですよ」より。樹木(当時は悠木千帆)さんと森光子さん。

1972年「シークレット部隊」
1976年「さくらの唄」
1977年「せい子宙太郎」
1978年「半七捕物帳」
1979年「探偵物語」

1980年「影の軍団シリーズ」
1981年「結婚したい女」
1982年「カムバック・ガール」
1983年「外科医 城戸修平」
1984年「風にむかってマイウェイ」

「影の軍団」より。樹木さんと寺田農さん。

1986年「翔んでる警視」
1989年「美空ひばり物語」
1990年 NHK大河ドラマ「翔ぶが如く」
1991年 NHK連続テレビ小説「君の名は」
1992年「花と竜」

「翔ぶが如く」より。

1995年「味いちもんめ」
1996年「坊ちゃんちゃん」
2000年NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」
2001年「菊次郎とさき」
2004年「向田邦子の恋文」

2005年「和田アキ子 特別企画ドラマ ザ・介護番長」
2006年「僕たちの戦争」
2007年「松本清張 点と線」
2012年「約束~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯~」
2014年「このミステリーがすごい! ベストセラー作家からの挑戦状」
2016年「いとの森の家」

「僕たちの戦争」より。
(左から)上野樹里さん、樹木さん、森山未來さん。

映画では、

1966年「殿方御用心」
1967年「続・大奥(秘)物語 」
1968年「続・大奥(秘)物語 」
1969年「クレージーの大爆発」
1970年「男はつらいよ フーテンの寅」
1971年「谷岡ヤスジのメッタメタガキ道講座」

「男はつらいよ フーテンの寅」より。
樹木(当時は悠木千帆)さんと渥美清さん。

1972年「あゝ声なき友」
1974年「赤ちょうちん」
1975年「まむしと青大将」
1976年「エデンの海」
1977年「サチコの幸」
1978年「トラック野郎・突撃一番星」

1979年「龍の子太郎」
1980年「ツィゴイネルワイゼン」
1981年「野菊の墓」
1982年「転校生」
1983年「天城越え」
1985年「さびしんぼう」

「野菊の墓」より。松田聖子さんと樹木さん。

1986年「春駒のうた」
1988年「郷愁」
1989年「風の又三郎 ガラスのマント」
1990年「ドンマイ」
1991年「大誘拐~Rainbow kids~」
1992年「いつかギラギラする日」

「大誘拐~Rainbow kids~」より。樹木さんと北林谷栄さん。

1993年「夢の女」
1994年「さくら」
1995年「時の輝き」
1996年「微笑みを抱きしめて」
1997年「恋と花火と観覧車」

1999年「39 刑法第三十九条」
2000年「ざわざわ下北沢」
2001年「東京マリーゴールド」
2002年「リターナー」
2004年「下妻物語」

「下妻物語」より。深田恭子さんと樹木さん。

2006年「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」
2007年「サイドカーに犬」
2008年「歩いても 歩いても」
2010年「悪人」
2011年「奇跡」

「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」より。
オダギリジョーさんと樹木さん。

2012年「ツナグ」
2013年「そして父になる」
2014年「神宮希林 わたしの神様」
2015年「あん」
2016年「海よりもまだ深く」
2018年「モリのいる場所」

「モリのいる場所」より。樹木さんと山﨑努さん。

ほか、数多くの作品にされています。

「樹木希林の目は?全身ガン?娘は?旦那の内田裕也と離婚しない理由は?」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ