デヴィ夫人がアランドロンと?フランス社交界では東洋の真珠?

Sponsored Link

スカルノ大統領が失脚したことにより、身の危険を感じたデヴィ夫人は、スカルノ大統領を置いてフランスに逃げ出すのですが、なんと、フランスでは「社交界」に顔を出され、ここでも、「社交界の華」「東洋の真珠」と言われて、注目を浴びることになります。




「デヴィ夫人の過去が壮絶!プロポーズの言葉は?母と弟は?フランス亡命!」からの続き

「社交界の華」「東洋の真珠」~アラン・ドロンと?


スカルノ大統領の失脚で、命からがらインドネシアを脱出し、
フランスに亡命されたデヴィ夫人ですが、

フランスでは、なんと、毎晩、パリの社交界に顔を出し、
週末はパーティーに出席されるなど、各界の著名人と交流を持たれると、
その美貌と知的な会話で、たちまち人々の注目を集め、

「社交界の華」「東洋の真珠」と言われて、
フランスの貴族やイギリスの伯爵など、
多くの要人らと恋愛を楽しまれたのです。

そして、なんと、あのフランスの俳優、
アラン・ドロンさんとも恋愛されていたことがあった(?)
というのです。


当時のデヴィ夫人とアラン・ドロンさん。

さかのぼること、1964年、
スカルノ大統領の第3夫人だったデヴィ夫人が、

東京五輪のために帰国し、帝国ホテルを出入りしていた際には、
いつも決まって、ドロンさんの姿がロビーにあったそうで、

その姿を見たスカルノ大統領は、

「おまえが目当てなんじゃないか」

と、嫉妬されたとか。(デヴィ夫人談)

もちろん、この時には、
デヴィ夫人とドロンさんとの間には何もなかったのですが、

デヴィ夫人がフランスに亡命して、ロスチャイルド家(ヨーロッパの財閥)
のパーティに参加されると、ドロンさんと再会。

デヴィ夫人は、

40年前の昔々のお話。
カレというほどではないですけど。うたかたの恋ですね。

と、おっしゃっていたので、
実際には何もなかったのかもしれませんね。

社交界とは?


ところで、私達にあまり馴染みのない、
「社交界」というところについてですが、

デヴィ夫人によると、社交界というのは、
王侯貴族の流れを引いたサロンのことを言うそうで、

例えば、フランスの場合だと、フランス国王ルイ16世の末裔を中心とした、
働かなくても大金を使えるエリートの集まりのことを言い、

一般人や政治家ほか、女優などのショービジネスの人達は、
そうは呼ばれないそうです。

また、社交界は、女性にとって、
美と知性を競うところでもあったそうで、

デヴィ夫人は、

会話がうまくできなかったら、どんな美人でも「壁の花」と呼ばれるし、
男性から「退屈だ」と言われたら、もう招かれなくなってしまうぐらい、
「会話」に対しては厳しいところですの。

本物のセレブリティたちが集い、オペラやコンサートを鑑賞、
カクテル・ガラ、大晩餐会、舞踏会など催される。

主催者はそれぞれに、館やお城、
大きなアパルトモンを持っているから、

今日は誰々のところという感じで、
毎晩のように豪華な会が開催されていたわ。

と、明かされていました。


サブラン侯爵とデヴィ夫人。後にいるのは娘のカリナちゃん。

インドネシア~日本で芸能界デビュー!


こうして、フランスで10年あまり過ごされたデヴィ夫人は、
1980年、40歳の時に、インドネシアに帰国されると、

本人いわく、石油関連事業を興して財を築かれたそうですが、
1991年には、アメリカのニューヨークへと移住。

ちなみにデヴィ夫人が、スカルノ大統領から相続した遺産は、
日本円にして20億円と言われており、

その遺産と、パリ時代のパトロン(経済的な後援者)の援助で、
事業を興されたと考えられています。

そして、詳しい時期は分かりせんが、

なんと、デヴィ夫人は、
日本で芸能界デビューすることになるのです。

「デヴィ夫人の娘は?孫は?元彼は銀行家に公爵!津川雅彦とも?」に続く



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ