早乙女愛の死因はエイズ?略奪婚だった?子供は?江原道?

Sponsored Link

映画「愛と誠」でブレイク後は、日活ロマンポルノにも出演するなど、妖艶な魅力で人気を博した、早乙女愛(さおとめ あい)さん。プライベートでは、1985年に実業家の男性と結婚され、幸せ絶頂と思われたのですが・・・

「早乙女愛の若い頃は西城秀樹の?夫は?山城新伍のロマンポルノ?」からの続き

略奪婚だった?

1985年4月23日には、二人揃って記者会見を開き、
幸せそうに婚約を発表された早乙女さんと江原さんですが、

実は、江原さんは、つい1ヶ月前の3月末に、
9年連れ添った前妻と2年の別居を経て離婚したばかり。

しかも、前妻に離婚を切り出す際には、

仕事に生きたい。どうか別れて欲しい。

と、言われていたそうで、

まだ、慰謝料の額も決まっておらず、子どもの親権や養育費の問題も片付いていない、
離婚成立1ヶ月足らずで、この会見をテレビで見た前妻は、

週刊誌の取材に対し、

仕事に生きるというからキレイに別れてあげたのに。

と、怒りを爆発すると、

江原さんとの東京旅行から帰った子どもが、

愛ちゃんに会った。

と話したエピソードも明かし、

会社関係の人だと思っていた「愛ちゃん」が、
まさか早乙女愛だったとは!と悔しさをにじませたのでした。

そして、その後は、江原さんが慰謝料として1億円用意とも噂される一方で、
前妻側の5000万円の要求にも難色を示している、とも噂されるなど、

早乙女さんは、幸せの絶頂から一転、
「略奪婚」と書きたてられてしまったのでした。

入籍から半年後に結婚披露宴

それでも、早乙女さんと江原さんは、5月4日には極秘入籍し、
翌日の5月5日からはアメリカへ2週間の新婚旅行に出発されると、

5月18日に帰国された早乙女さんは、

ロスとニューヨークへ。ミュージカルも見てきました。
すっごくゴキゲンな旅でしたよ。

と、幸せそうなご様子で、

江原さんもまた、

(離婚トラブルは)解決した。

と、コメント。

そして、入籍から半年後の11月22日には、結婚披露宴を行われると、
(前妻に配慮して、挙式を遅らせたそうです)


結婚披露宴より。江原春義さんと早乙女さん。

早乙女さんは、集まった取材陣に、
3.3カラットのダイヤの指輪を見せながら、

今までにない身の引き締まる思いがしました。

と、コメントされるほか、プロポーズの言葉が、

朝、早起きして区役所に行こう。

だったことも明かされたのでした。

江原道?息子は?

そんな早乙女さんは、翌年の1986年には、ご主人の江原さんとともに、
化粧品会社「江原道(こうげんどう)」を設立されると、
女優業からは徐々に離れ、助演にシフト。


江原道(KohGenDo)HPより。

(早乙女さんの妹、瀬戸口めぐみさんは、
 長年に渡って、このサロンで施術されているそうです)

1996年には、出演されていたテレビドラマ「はるちゃん」シリーズを、
妊娠をきっかけに途中降板して、1997年、38歳で男の子を出産されると、

以降、子育てに専念するため、芸能活動は、
映画などの数シーンのみの出演にとどまるなど仕事を減らされ、

ついに、2000年、映画「顔」「新・仁義なき戦い」
への出演を最後に、芸能界を引退されたのでした。

(ちなみに、息子さんが現在どうされているかは分かっていません)

死因はエイズ?

ただ、その後、早乙女さんは、2002年に、ご主人の仕事の関係で、
アメリカ、シアトル近郊に移住されるも、2008年には離婚。

離婚後も、一人息子とともにシアトルに在住し、
日本の芸能界からは距離を置く生活をされていましたが、

「体がだるい」「疲れやすくなった」と体調不良を訴えられ、
2010年7月11日、シアトル市のワシントン大病院で診察を受けると、
医師から即入院を指示されたそうで、

入院当初は、

お医者さんって大げさなのよね。

と、周囲に話しながら、
治療を受けられていたそうですが、

数日後に容体が急変すると、同年7月20日未明、
一人息子と前夫の江原さんら親族に看取られ、
「多臓器不全」のため他界されたのでした。(享年51歳)

ちなみに、「多臓器不全」の原因は、
「エイズ」では、とネット上で噂されていますが、
死因は明かされておらず、真相は不明です。

さて、人気絶頂だった西城秀樹さんの相手役を射止め、
セーラー服の似合う清純派アイドル女優として、華々しく芸能界デビューされた後は、
一転、日活ロマンポルノなどで、妖艶な魅力を放った早乙女さん。

早すぎる死は残念でなりませんが、
この機会に、今でも根強いファンの多い、
早乙女さんの作品をご覧になってはいかがでしょうか。

早乙女さんのご冥福をお祈り致します。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ