宮川大輔!チュパチャップス!ほっしゃん。と?嫁は?13年目の結婚式!

Sponsored Link

お笑い芸人で、俳優の、宮川大輔(みやがわ だいすけ)さん。バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」「お祭り男」として、お茶の間の人気者になられました。




チュパチャップス!


宮川さんは、高校3年生の時、
お父さんの同級生であった、
当時関西テレビのアナウンサーをしておられた、
桑原征平さんの紹介で、NSC大阪校に入学されます。

当初は、役者志望だっそうですが、
役者のコースもある、と聞いて入学されたものの、

周りがお笑い志望だったことで、
結局は、お笑いをされることになったのでした。

そして、1991年、
星田英利さんと「チュパチャップス」を結成。



同年、吉本の若手芸人からなる、
ダンスとお笑いをミックスしたユニット、
「吉本印天然素材」にも参加されます。

メンバーには、
「雨上がり決死隊」「ナインティナイン」
「FUJIWARA」
などがいたそうで、
今から考えると、すごいユニットですね!



若い人たちを中心にブレイクしましたが、
まず、ナインティナインが脱退、
続いて、雨上がり決死隊も脱退と、
次第に人気に陰りが出始めます。

仕事も、月1回、
渋谷のイベントに出演する程度しかなくなり、

相方の星田さんとの関係も、
ぎくしゃくするようになったのだとか。

十分な下積みのない、いきなりのブレイクで、
しかも、「吉本印天然素材」は、
「ナインティナイン」「雨上がり決死隊」の人気で、
支えられていたようなユニットだったそうなので、

1999年には、
ついに、「吉本印天然素材」は解散。

同年、「チュパチャップス」も、
解散となってしまいました。


役者へ


そこで、宮川さんは、
本来志望していた役者業に、
活動の場をシフトしていかれたのでした。

2000年には、宮本亜門さん演出の舞台、
「BOYS TIME」のオーディションを受けられ、
1万人の中から見事選ばれ、念願の役者デビュー。

もともと志望されていただけあって、
役者としての才能をお持ちだったのですね!

2001年には、「ルミネtheよしもと」が、
オープンしたことによって、「吉本新喜劇」に出演、
芸人の仕事もされるようになります。

2004年には「人志松本のすべらない話」で、
徐々に人気が出はじめ、

2007年には、バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」の、
「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」で、

「お祭り男」として、国民的な人気を博され、
お茶の間に広く知られるようになられたのでした!



役者としても、
「シバトラ」「チーム・バチスタの栄光」「銭ゲバ」と、
話題になったドラマに次々と出演されています。

少し回り道をした宮川さんですが、
結果的に、念願の役者デビューを果たし、
お笑いの方でもうまくいき、良かったですね♪


ほっしゃん。と?


宮川さんは、元相方、
ほっしゃん。こと、星田英利さんと、
不仲がうわさされているようです。

宮川さんによると、ほっしゃん。とは、
NSCを卒業するときに、
たまたま組んだ間柄だったそうです。

なので、学生時代からの友達コンビと違い、
お互いのことはあまり知らなかったのだとか。

もともと、あまり、
相性が良くなかったのでしょうか、

「ちょっとしたことで、ムカつくようになるんですよ」

と、宮川さん。

ほっしゃん。も、テレビ番組で、

「MBS(毎日放送)のエレベーター前でどつきあいして、
スタッフに止められた。めっちゃ覚えてる。」

とのことで、

不仲のうわさは、
両人が認めるとおり、事実のようですね(^_^;)

コンビ解散の理由


そして、「チュパチャップス」が、
解散に至った経緯について、
宮川さんはインタビューで、

あるとき、コンビで東京進出しようか話し合ったときに、
向こうは「ええよ」と言ってたんですけど、
よしもとの社員さんには「僕はまだいいです」と答えてたらしい。

なんや、あんまり真面目に、
コンビでやっていく気はないんや・・・と。

それは僕も同じような気持ちやったし、
1999年、名古屋でのロケ仕事の帰り、
新幹線のホームで「解散しよう」と伝えました。

と、語っておられました。

さらに、テレビ番組では、

「新幹線のホームで、
役者をやりたいということも告げた」

と、宮川さんはおっしゃっていました。



ほっしゃん。も、解散の話について、

「おれもそう思ってた」

と即答だったとか。

しかし、2005年に「R-1ぐらんぷり」で優勝され、
テレビ出演が増えたほっしゃん。の影響で、
元相方の宮川さんがクローズアップされたり、

逆に、吉本新喜劇に出演していた宮川さんが、
ほっしゃん。を新喜劇に出演するように取り計らったりと、

お互いの活躍が良い影響を
与えあっているようで、

現在は、舞台やテレビで共演されていて、
関係は良好だとか(^^)

それぞれがピンで活躍し、
その後、お互いを助け合うというのは理想的ですね。

それに、お互い売れて余裕が出てくると、
相手のことも思いやれるようになるのかもしれません。

嫁は?


1997年、宮川さんは、
一般女性と結婚されています。

本名は明かされていませんが、
宮川さんは奥さんのことを、
「マーコ」と呼んでおられるのだとか。

マーコさんが働かれていたクラブに、
お客さんとして宮川さんが訪れたのが、
初めての出会いだそうです。

お二人が結婚された頃は、
ちょうど仕事が減っていった頃で、
宮川さんの暗黒時代。

月60万円あった収入が、一気に9千円にまで激減し、
家中のものをフリーマーケットで売られたのだとか!

相方の星田さんとの仲は険悪でしたが、
奥さんといる時は、「自分を見直せた」とのことで、
奥さんにやすらぎを見出していたのでしょうね。

この時期は、経済面でも、
奥さんの支えがあったようです。


13年目の結婚式!


そして、当時、経済的な理由で、
出来なかった結婚式を、

結婚13年目、
2010年に挙げられたそうです。

それは、ただ単に奥さんのためだけではなく、
奥さんのご両親への親孝行の意味もあったようです。

宮川さんは、

僕がずっと気になってたのが、嫁の両親のことで、
やっぱり、仕事のない芸人に、娘を嫁がせるっていうのは、
ものすごい勇気がいることだと思うんですよ。

反対はされなかったんですけど、
それも本当にありがたいことだと思っています。

それでお互いの親も高齢になってきたし、
そろそろ親孝行をしないといけないよねって話を嫁として、
家族でハワイに行って結婚式を挙げたんです。

と、インタビューで語っておられました。

結婚して13年の間には、
奥さんが実家に帰ってしまったこともあったそうで、

奥さんの両親や、自身の両親に、
感謝の気持ちを伝えることができたことで、
胸を撫で下ろされたようです。

もちろん、奥さんに対しても、
本当にずっと申し訳ないなという気持ちもあったんでね。

写真もなかったし、きちんとドレスを着て、
式を挙げたいなと思ってたので、
着せてあげることができて良かったです。

そして、結婚式をしたすぐ後に、
息子さんにも恵まれ、
さらなる喜びを味わわれたのでした!

結婚式をしようと考えられた頃から、
子どもが欲しいと思われていたそうですが、
すべてが良いタイミングで起きた宮川さん。

今後のご活躍にも期待ですね♪
応援しています!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ