鶴田浩二は山口組から襲撃されていた!マネージャーは自殺?真相は?


主演映画が次々とヒットし、歌手としても成功を収めるなど、戦後の日本を代表するスターとなった、鶴田浩二(つるた こうじ)さんですが、思わぬ事件に巻き込まれてしまいます。

「鶴田浩二の生い立ちは?若い頃は青春三羽烏!岸恵子と破局で自殺未遂?」からの続き

Sponsored Link

山口組から襲撃

鶴田さんは、1953年1月6日、大阪・千日前にある「大阪劇場」「百万ドルショー」に出演された後、天王寺区の旅館「備前屋」で、水の江滝子さん、高峰三枝子さんら10名以上の共演者と夕食をとっておられたのですが、

突然上がり込んできた4人組にウィスキー瓶やレンガで殴りつけられると、4人組は表に待たせてあった車で逃亡。鶴田さんは、すぐに救急車で近くの病院に運び込まれ、頭と手に11針も縫う大怪我を負ってしまいます。

そして、同年2~3月にかけて、山口組の山本健一ら実行犯が逮捕されると、取り調べから、山口組三代目組長である田岡一雄氏の命であったことが分かってきます。(田岡氏自身は否定)

実は、1950年秋、芸能プロモーターでもあった田岡氏は、東映京都撮影所で鶴田さんのマネージャーだった兼松廉吉さんに会い、美空ひばりと鶴田のジョイント公演」をオファーするも、日程に空きがないからと、兼松さんににべもなく断られているのですが、

(山口組は二代目山口登組長の時代から興行を手掛けていました)

その年の暮れ、兼松さんは、何もなかったように、浅草海苔と5万円を持って、

鶴田が大阪劇場の正月興行に出る。よろしく。

と、田岡氏のもとに挨拶に行かれたそうで、

秋ににべもなく断ってきた兼松さんの横柄な態度が許せないは田岡氏は、「いらん」と突き返すのですが、兼松さんはというと、

そら、どういうわけで?

と、田岡氏が怒ってることにも気づかぬ様子で、田岡氏が、

それはおまえがよう考えてみいや

と言うも、兼松さんは、

そんなことを言わずに

と一歩も引かず、このやり取りの末に、田岡氏は、

いらんと言うたらいらん

と言い放ち、出ていったことがあったのでした。


完本 山口組三代目 田岡一雄自伝 (徳間文庫カレッジ)

山口組三代目組長・田岡一雄と昵懇に

つまり、そんな兼松さんに対して、山口組を軽く見ると痛い目に遭うことを分からせようと、田岡氏が鶴田さんを襲撃したと、警察は見たのです。(しかし証拠はなし)

ただ、その後、鶴田さんは、自身が事情も知らないのに襲撃されたため、釈明を求めて田岡氏と面会されると、その時の鶴田さんの、脅しや暴力に屈しない筋の通ったところを田岡氏が気に入り和解。

その後は、二人は親交を深め、鶴田さんは田岡氏の庇護のもと、ゆうゆうと芸能活動に邁進することができるようになったのでした。


(左から)小野満さん、田岡一雄氏、鶴田さん。

ちなみに、兼松さんは、事件から2年後、鎌倉稲村ガ崎防空壕跡で「青酸カリ」を飲んで死亡しており、自殺とされているのですが、原因ははっきりとは分かっておらず、

この事件以来、芸能界では、

山口組・田岡一雄の機嫌を損ねるととんでもないことになる

と恐怖を植え付けられ、山口組は芸能界で大きく勢力を拡大して収益を上げていったのでした。

Sponsored Link

三船敏郎人気で低迷

さて、そんな事件の後も、鶴田さんの人気は衰えを知らず、1953年に主演した「野戦看護婦」では、たった1日の拘束にもかかわらず、出演料が300万円という日本映画史上最高額のギャラをとられ、芸能雑誌の人気投票でも相変わらずトップ。


「野戦看護婦」より。折原啓子さんと鶴田さん。

もちろん、映画もヒットを連発していたのですが・・・

なんと、経理担当者に2000万円を持ち逃げされ、独立プロの難しさを痛感。その後はフリーとなられ、松竹、新東宝、大映、東宝など、各映画会社に出演されるようになったのでした。

そして、1958年には、東宝と専属契約を結び、「旅姿鼠小僧」「暗黒街の顔役」「暗黒街の対決」など、次々と主演を張るのですが・・・

コンビを組んだ三船敏郎さんの人気に押されてパッとせず、単独主演でもこれまでのようにヒットしないようになってしまったのでした。

「鶴田浩二の死因は?高倉健と任侠映画ブームで復活!妻は?息子は?娘は?」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ