「若い頃」タグの記事一覧(4 / 112Page)

大島渚は若い頃「青春残酷物語」「太陽の墓場」が大ヒット!

高校時代、成績優秀で、京都大学法学部に進学するも、学生運動と演劇活動に熱中していたという、大島渚(おおしま なぎさ)さんは、1954年、大学卒業後は、松竹に入社し、助監督として働き始めると、1959年には、映画監督としてデビューします。

坂東玉三郎はアンジェイ・ワイダの「ナスターシャ」で男女2役を演じていた!

歌舞伎の枠を超えて、シェイクスピア劇「オセロー」、泉鏡花作品「天守物語」ほか、映画、演劇、朗読、舞踊など、活動の場を広げ、海外でも認められるようになっていった、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、1989年には、ポーランドの映画監督・・・

坂東玉三郎は泉鏡花の「天守物語」が大ヒットしていた!

1976年2月、シェイクスピア劇「マクベス」でマクベス夫人役を演じると、たちまち大ブレイクし、一躍、トップスターの座に駆け上った、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、その後も快進撃を続けます。

坂東玉三郎は昔シェイクスピア劇「マクベス」でも大ブレイクしていた!

篠山紀信さんとコラボレーションして、写真展を開催し、写真集を出版すると、大きな反響を呼び、歌舞伎界だけではなく、一般の週刊誌にも取り上げられた、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、今度は、シェイクスピア劇「マクベス」で、マクベス・・・

坂東玉三郎と篠山紀信のコラボに養父の守田勘弥は当初反対していた!

写真家の篠山紀信さんとのコラボレーションで、たちまち、世間にその名を広めた、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、すんなり事が運んだ訳ではなかったといいます。

坂東玉三郎は篠山紀信によって更なる大ブレイクとなっていた!

片岡孝夫(現・15代目片岡仁左衛門)さんとの”孝・玉コンビ”で大ブレイクした、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、実は、その人気を一気に世間に広めたのは、写真家の篠山紀信さんだったといいます。

坂東玉三郎は片岡孝夫(現15代片岡仁左衛門)と「孝・玉」コンビで大ブレイク!

妬(ねた)みや嫉(そね)みで潰されることを心配した、師匠で養父の14代目守田勘弥さんによって、主役と脇役を交互に演じていたという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、1971年6月、片岡孝夫(現・15代目片岡仁左衛門)さんとコン・・・

坂東玉三郎は嫉妬を避ける為ブレイクを抑制されていた!

1970年9月1日、松竹により、歌舞伎座での公演「新秋大歌舞伎」で、市川海老蔵(後の12代目市川團十郎)さんと共に売り出されると、海老蔵さんとの共演が”海老玊コンビ”と話題になった、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう・・・

坂東玉三郎は市川海老蔵(12代市川團十郎)と海老玉コンビで人気を博していた!

「椿説弓張月」の白縫姫役では、原作兼演出の三島由紀夫さんに落胆されるも、一般的には好評を博した、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、その後、松竹から本格的に売り出されることになるのですが、単独はかなわず、コンビとして売り出されること・・・

坂東玉三郎は三島由紀夫に女方を高く評価されていた!

1969年11月、「椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)」で白縫姫役を演じて好評を博すも、原作者で演出もした三島由紀夫さんからは不満を抱かれていたという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、それでも、三島さんには、その美しさを讃え・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ