「若い頃」タグの記事一覧(4 / 138Page)

長嶋茂雄は東京六大学野球ではマスコミの存在に苦しんでいた!

立教大学4年生の時には、東京六大学野球リーグで、当時の東京六大学記録の7本塁打を更新する8本塁打を記録した、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、新記録達成に立ちはだかる最大の敵はマスコミだったといいます。

長嶋茂雄は杉浦忠と共に中日球団事務所に入団を直訴していた?

立教大学では、砂押監督から特別に目をかけられ、猛特訓を受けていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、1995年、大学2年生の夏頃には、砂押監督のスパルタ方式の特訓に反発した先輩たちによる「砂押監督排斥運動」が起こっており、そもそ・・・

長嶋茂雄は立教大で上級生からの因縁に真っ向勝負を挑んでいた!

お父さんが他界した後は、六大学一番の選手になって日本一のプロ野球選手になるという、お父さんとの約束を守るため、それまで以上に砂押監督の猛特訓に励んでいた、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、そんな中、砂押監督から特別に目をかけられている・・・

長嶋茂雄は立教大時代に重いバットでの素振りを続けていた!

お父さんが他界後、苦しい家計を助けるため、大学を辞めてプロ入りすることを考えるも、家族の反対に遭い、大学に残ると、大学を続けさせてくれるお母さんや他の兄姉たちのためにも、なお一層、野球の練習に励んだという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは・・・

長嶋茂雄は父の死後は家計のため立教大中退(プロ入り)を考えていた!

臨終のお父さんに日本一のプロ野球選手になることを誓ったという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、その後、苦しくなった家計を支えるため、立教大学を辞めてプロ入りすることを考えるも、家族の反対に遭い、大学に残ると、これまで以上に激しいトレーニ・・・

長嶋茂雄は臨終の父親に日本一のプロ野球選手になることを誓っていた!

新人リーグ戦が始まる1954年6月6日を前に、練習にも一層、熱が入り始めた頃、お父さんが危篤との報せを受け、大急ぎで自宅に帰った、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、臨終のお父さんに日本一のプロ野球選手になることを誓ったといいます。

長嶋茂雄は新人リーグ戦前に父親危篤の報せを受け取っていた!

神宮球場で行われる大会(春の六大学野球リーグ戦や新人リーグ戦)出場を夢見て、日々、砂押監督の猛特訓を受けていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、新人リーグ戦を前に、お父さんが危篤だという報せを受けたといいます。

長嶋茂雄は砂押監督から猛特訓を受けるもひたむきさに惹かれていた!

立教大学では、砂押監督から、暗闇の中、素手でノックを受けさせられるほか、重いバットで素振りをさせられるなど、猛特訓を受けていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、やがては、自分が砂押監督に見込まれていると感じるほか、砂押監督のひ・・・

長嶋茂雄が立教大時代は砂押邦信監督から見込まれていた!

立教大学では、砂押監督からは、暗闇の中ノックを受け、ボールが見えずとも、グローブに頼らず素手で捕るよう命じられるなど、スパルタ式の猛特訓を受けていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、その後も、重いバットでスイングするように命じられ・・・

長嶋茂雄は立教大で暗闇の中素手でノックを受けるよう命じられていた!

入学式当日から練習が始まると、他の選手に先駆けて、一人だけ夜間練習が課せられていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、今度は、「鬼の砂押」こと砂押監督から、暗闇の中、素手でノックを受けさせられたといいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ