「若い頃」タグの記事一覧(3 / 138Page)

長嶋茂雄は天覧試合の前夜は村山実に抑え込まれていた!

天覧試合で阪神タイガースの村山実さんから逆転サヨナラ本塁打を放ったことが、あまりにも有名な、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、実は、村山さんは前夜の巨人戦にもリリーフとして4イニング投げ、巨人打線をシャットアウトに抑えていたそうで、長・・・

長嶋茂雄だけでなく王貞治も天覧試合で同点ホームランを放っていた!

天覧試合では、対戦相手の阪神に2点差をつけられ、7回裏の打席では、「なんとかしなくては・・・」と焦るあまりに、見逃しの三振に倒れた、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、続く5番・坂崎一彦さんがライト前にヒットすると、当時まだルーキーだっ・・・

長嶋茂雄は天覧試合では阪神に逆転され焦りから見逃三振をしていた!

天覧試合では、天皇・皇后両陛下の期待を一身に背負い、4番打者の重圧を感じながらも、5回裏、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんが同点ホームランを放つと、続く5番の坂崎さんもホームランを放ち、2対1と一気に逆転した巨人ですが、直後の6回表には、巨・・・

長嶋茂雄は天覧試合ではサヨナラ本塁打の前に同点本塁打も打っていた!

1959年6月25日、後楽園球場で行われたプロ野球試合初の天覧試合では、天皇・皇后両陛下のお目当てが自身であることを知り、緊張のあまり、普段は張り上げている甲高い声を出すことも忘れていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、3回表・・・

長嶋茂雄は天覧試合では緊張のあまり足の震えが止まらなかった!

プロ入り1年目から大活躍し、新人王にも輝いた、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、1959年6月25日、後楽園球場で行われたプロ野球初の天覧試合(天皇が観戦する武道やスポーツ競技の試合)でも、サヨナラ本塁打を打っているのですが、実は、試合が・・・

長嶋茂雄が若い頃は本塁打を放つも一塁ベースを踏み忘れたことがあった!

1958年、巨人に入団した年には、開幕戦の国鉄スワローズ戦で、エース・金田正一さんに4打席連続三振を喫するも、153安打3割5厘29本塁打34二塁打92打点89得点37盗塁で、新人王・本塁打王・打点王・最多安打・最多二塁打・最高長打率・最多・・・

長嶋茂雄はプロデビュー戦で金田正一に4連続三振を喫していた!

立教大学卒業後、巨人(読売ジャイアンツ)に入団した、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、入団した年の1958年、国鉄スワローズ戦で、エースの金田正一さんに4打席4三振を喫しているのですが、以降、金田さんの球を打ち砕くことしか考えられなくなっ・・・

長嶋茂雄は南海ホークスに入団するはずだった?

長嶋茂雄(ながしま しげお)さんといえば、誰もが巨人(読売ジャイアンツ)で活躍したスーパースターと知るところですが、実は、当初は、巨人ではなく、南海ホークス(現・ソフトバンク)に入団することになっていたといわれています。

長嶋茂雄はタイカッブバットで東京六大学新記録8本塁打を達成していた!

1957年11月3日、東京六大学野球の秋のリーグ戦で、勝てばチームは優勝、個人的には、あと1本ホームランを打てば、東京六大学の記録を更新するという状況で、緊張のあまりバッティングが振るわなかったという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが・・・

長嶋茂雄は東京六大学最終戦では途中でタイカッブバットを借りていた!

1957年(大学4年生)の時、春のリーグ戦で通算7本塁打を放ち、あと1本で、当時の東京六大学リーグ史上、新記録になるという状況の中、マスコミの存在や周囲の目が気になって、なかなか思うようなバッティングができずにいたという、長嶋茂雄(ながしま・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ