「若い頃」タグの記事一覧

田中裕子は昔「おしん」「天城越え」のほかCMでタコも?

1983~1984年、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」で、主人公・おしん(青年期)を演じ、国民的女優と呼ばれるようになった、田中裕子(たなか ゆうこ)さんですが、人知れず、「文学座」出身の役者としてのプライドから、葛藤していたようです。

田中裕子は昔「おしん」で橋田壽賀子の脚本に苦しんでいた!

「文学座」の期待の星として、早くも、テレビドラマや映画で、女優としての才能を開花すると、1983年には、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」で、主人公・おしん(青春・成年期)役に抜擢された、田中裕子(たなか ゆうこ)さんですが、「おしん」の撮・・・

田中裕子は若い頃に「おしん」で大ブレイク!

大学在学中の1978年に「文学座」に研究生として入ると、その後、テレビドラマや映画に立て続けに出演し、1981年には映画「北斎漫画」でいきなり数々の賞を受賞された、田中裕子(たなか ゆうこ)さんですが、実は、「文学座」の研究生時代から、すで・・・

平岳大は父親・平幹二朗の舞台を観て役者になる決意をしていた!

有名人の両親とセットで見られることに嫌気が差し、高校の時、単身アメリカに留学し、大学まで卒業するも、当初の目的だった医療への道に情熱を感じられなくなり、サラリーマンとして働きはじめた、平岳大(ひら たけひろ)さんでしたが、回り回って、ついに・・・

平岳大の若い頃は不動産投資会社のサラリーマンだった!

両親が有名人であるがために、幼い頃から正当に評価されないことに嫌気が差し、高校の時、アメリカに留学して、ブラウン大学を卒業された、平岳大(ひら たけひろ)さんですが、当初の目的だった医療への道に情熱を感じられなくなっていきます。

平岳大の留学先の卒業式で平幹二朗と佐久間良子は離婚後初めて再会していた!

両親が俳優の平幹二朗さんと女優の佐久間良子さんということで、幼い頃からずっと、色眼鏡なしで自分を見てもらえなかったことに不満を感じていた、平岳大(ひら たけひろ)さんは、ついに、高校1年生の時、単身、アメリカに留学されます。

佐久間良子は昔鶴田浩二と不倫していた!

若い頃は、「東映」で、男性スターの相手役を数多く務められた、佐久間良子(さくま よしこ)さんですが、今回は、そんな佐久間さんと、相手役だった、三國連太郎さん、鶴田浩二さんとのエピソードを佐久間さんご本人のコメントを交えながらご紹介します。

佐久間良子の若い頃は成人映画の主演もしていた!

1963年、「人生劇場 飛車角」で初めて汚れ役を演じると、「五番町夕霧楼」では「東映」初の女性単独主演に抜擢され、「東映」の看板女優として活躍された、佐久間良子(さくま よしこ)さんですが、1960年代後半になると、「東映」がヤクザ映画とポ・・・

佐久間良子は昔「東映」初の女性単独主演に抜擢されていた!

デビュー当初から「東映東京撮影所」の期待を一心に背負うも、男性向けの映画が中心だった当時の映画界では、あくまで男性スターの相手役ばかりだった、佐久間良子(さくま よしこ)ですが、着実に女優としてのキャリアを積むと、ついに、「東映」初の女性単・・・

佐久間良子の若い頃は男性スターのヒロイン役で多数出演していた!

高校時代、「西武線のマドンナ」と噂になるほど、その美少女ぶりが有名だった、佐久間良子(さくま よしこ)さんは、その噂を聞きつけて連日スカウトに来た「東映」に応じ、「東映」に入社して映画界入りされると、次々とヒロインに起用されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ