「若い頃」タグの記事一覧

沢田研二の若い頃は「許されない愛」「危険なふたり」が大ヒット!

1971年、「ザ・タイガース」が解散した後は、岸部一徳さんに誘われて、ニュー・ロック・バンド「PYG」に加入された、沢田研二(さわだ けんじ)さんですが、まもなくソロとして頭角を現すと、1973年には、ソロとして発売した6枚目のシングル「危・・・

沢田研二はタイガース解散後は岸部一徳に誘われPYGに加入していた!

大ブレイクするも、バンド内では数々のトラブルがあり、ついに、1971年、「ザ・タイガース」は解散しますが、沢田研二(さわだ けんじ)さんは、岸部一徳さんに誘われ、新たなバンド「PYG」に加入することになります。

沢田研二のタイガース時代は加橋かつみと不仲だった!

セカンドシングル「シーサイド・バウンド」がレコード売上40万枚を超える大ヒットを記録すると、その後も、「君だけに愛を」「銀河のロマンス/花の首飾り」「シー・シー・シー」と、出す曲、出す曲、大ヒットを連発し、当時流行していた「グループ・サウン・・・

沢田研二は昔タイガースでシーサイド・バウンドが大ヒットしていた!

1966年6月、内田裕也さんに声をかけられたことをきっかけに、「渡辺プロダクション」のオーディションに合格した、沢田研二(さわだ けんじ)さんたち「ファニーズ」のメンバーは、ついに、東京進出を目指して上京します。

沢田研二らファニーズは内田裕也にスカウトされていた!

大阪市西成区岸里のアパート「明月荘」で「ファニーズ」のメンバーと合宿生活を送りながら、本格的に音楽活動を始め、関西を中心に人気を博していた、沢田研二(さわだ けんじ)さんですが、内田裕也さんとの出会いによって、東京進出のチャンスをつかみます・・・

沢田研二らファニーズのアパートは大阪西成区の薄汚れた木造2階建だった!

1966年、京都のダンス喫茶「田園」でステージに立っていたところ、「サリーとプレイボーイズ」の岸部一徳さんにスカウトされて、共に「ファニーズ」で活動を始めた、沢田研二(さわだ けんじ)さんは、早速、関西バンドの憧れである、ジャズ喫茶「ナンバ・・・

加山雄三は昔「ぼくの妹に」と「帰ってきた若大将」で借金を完済していた!

1970年には、経営するリゾートホテルが倒産して巨額の借金を抱えたうえ、最愛の母親が他界と、絶頂から奈落の底へと転落した、加山雄三(かやま ゆうぞう)さんですが、借金を完済するべく、巻き返しを図ります。

加山雄三は昔アメリカに逃避行し猛バッシングを受けていた!

2週間で15曲のレコーディングという殺人的なスケジュールを、作詞家の岩谷時子さんやスタッフたちの協力と抜群のチームプレーにより、無事レコーディングを終えることができた、加山雄三(かやま ゆうぞう)さんは、レコーディング終了当日、単身で渡米さ・・・

加山雄三は岩谷時子の協力で2週間15曲のレコーディングを敢行していた!

リゾートホテル経営の失敗で23億円もの借金を背負ったうえ、最愛の母親が他界するという不幸が続いた、加山雄三(かやま ゆうぞう)さんですが、そんな中、作詞家の岩谷時子さんが加山さんの力になろうと、一肌脱いだと言います。今回は、岩谷さんから見た・・・

加山雄三の若い頃は「君といつまでも」が大ヒット!

映画「大学の若大将」で一躍人気を博す一方で、バンド「ザ・ランチャーズ」を結成し、「ベンチャーズ」の来日公演で共演するほか、オリジナル曲を「ベンチャーズ」にカバーされるなど、ミュージシャンとしても活動されていた、加山雄三(かやま ゆうぞう)さ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ