「若い頃」タグの記事一覧

浜村淳は昔ソフィアローレンにセクハラしていた?

1974年から、実に50年近くにわたり、ラジオ番組「ありがとう浜村淳です」のパーソナリティとして活躍されている浜村淳(はまむら じゅん)さんですが、「ありがとう浜村淳です」のゲストコーナー「朝からようこそ」ほか、自身のテレビ番組には、日本人・・・

浜村淳の「ありがとう浜村淳です」が約50年も続いている秘訣とは?

1964年、活動の拠点を東京から関西に移すと、やがて自身の芸風を確立し、数多くのラジオやテレビで司会を務めるなど、まるで水を得た魚のような快進撃を続けた、浜村淳(はまむら じゅん)さん。この後、いよいよ、後に浜村さんのライフワークとなる番組・・・

浜村淳は若い頃に東京から関西に戻って独特の芸風を確立していた!

「渡辺プロダクション」の渡辺晋社長の邸宅に居候しながらタレント活動を続けていた、浜村淳(はまむら じゅん)さんですが、やがて、東京での活動に限界を感じ、「渡辺プロダクション」を退職して関西に戻ると、独特の芸風を確立していきます。

浜村淳が若い頃は「渡辺プロ」の社長宅に居候してタレント活動をしていた!

学生アルバイトながら、ジャズ喫茶での司会が評判を呼び、楽しく仕事をしていた、浜村淳(はまむら じゅん)さんは、大学卒業後も引き続き司会業で身を立てようと考えたそうですが、当初は両親の反対に遭い、新聞社を受験したこともあったといいます。

浜村淳は大学時代ジャズ喫茶で司会や映画解説のアルバイトをしていた!

実家が時代劇のロケの本場だったことから、阪東妻三郎さんや嵐寛寿郎さんといった大スターを間近で観て育ち、自然と映画が好きになった、浜村淳(はまむら じゅん)さんですが、終戦後は、ラジオから流れる音楽番組やラジオドラマにも夢中になり、大学進学後・・・

坂本龍一の「戦メリ」も「ラストエンペラー」も当初は俳優オファーだけだった!

「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が爆発的な人気を博し、一躍トップアーティストとなった、坂本龍一(さかもと りゅういち)さんですが、人気絶頂期に「YMO」を「散開(解散)」すると、ソロ活動ではさらなる大ブレイクを果たします。

坂本龍一の若い頃は?細野晴臣と高橋幸宏との出会いは?

幼い頃からピアノに触れ、早くからピアノと作曲の才能を発揮されていた、坂本龍一(さかもと りゅういち)さんですが、その後、様々な人物との出会いで現在の坂本さんが作られていきます。

真島昌利の若い頃は?甲本ヒロトとの出会いは?

12歳の時、友達の家で、初期の頃のビートルズの曲を聴いてロックに目覚めて以来、独学でギターを覚え、中学校の文化祭やアマチュアバンドコンテストで演奏していた、真島昌利(ましま まさとし)さんですが、やがて、運命の人と出会います。

倉本聰の「北の国から」は自身の体験が反映されたものだった!

1977年秋に北海道・富良野に移住すると、当初は北海道の大自然の厳しさに苦しむも、やがて現地の人たちと親しくなり、自然の中で生きる知恵を知って感銘を受けたという、倉本聰(くらもと そう)さんですが、そんな富良野生活の経験から、大ヒットドラマ・・・

倉本聰は好んで札幌から過疎の富良野に移住していた!

酷い形とはいえ、自身の言動が発端でNHKの仕事を降ろされ、一人札幌で悲しみに浸っているところ、幸運なことに、フジテレビ社長らがわざわざ居場所を探してまでオファーを届けてくれ、脚本家として再スタートできた、倉本聰(くらもと そう)さんですが、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ