「若い頃」タグの記事一覧

財津一郎は「吉本興業」を退職希望もすぐには辞めさせてもらえなかった!

「吉本新喜劇」の舞台や時代劇風人気コメディ番組「てなもんや三度笠」で、コメディアンとして成功を収めるも、もともと、歌と演劇をしていた、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、やがて、東京でブロードウェイミュージカルが上演されると、演劇に戻りたく・・・

財津一郎は藤田まことから「受けの芝居」を学んでいた!

時代劇風人気コメディ番組「てなもんや三度笠」で、浪人・蛇口一角(へびぐち いっかく)役を演じると、劇中、甲高い声で叫ぶギャグ「非っ常にキビシ~ッ!」「~してチョウダィ!」が視聴者に受け、たちまち大ブレイクを果たした、財津一郎(ざいつ いちろ・・・

財津一郎は昔「非っ常にキビシー」「してチョウダィ!」のギャグで大ブレイク!

吉本新喜劇の舞台で、思わず叫んだ「やめてチョウダイ」のセリフが、たちまち評判となり、このことがきっかけで、人気芸人の仲間入りを果たした、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、その後、「非っ常にキビシ~ッ!」のギャグも評判となり、さらなる大ブレ・・・

財津一郎のギャグ「やめてチョウダイ」は心の叫びだった!

1962年、28歳の時、「吉本新喜劇」に入団すると、当初は、東京から流れ着いて来たのだろうという厳しい視線を感じ、笑いを取るどころではなかったという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、大阪に打ち解けるための勉強を重ねるうち、やがて、仲・・・

財津一郎は昔「夫婦善哉」を観て大阪の文化を勉強していた!

「石井均一座」「劇団ムーラン」と立て続けに、所属していた劇団が解散し、途方に暮れていたところ、劇作家で俳優の小崎政房さんに紹介され、「宝塚新芸座」に入団するも、夜の公演がないことを物足りなく感じ、再び小崎さんに相談し、「吉本興業」を紹介され・・・

財津一郎は昔「吉本興業」に入っていた!

「石井均一座」に入るも、2年ほどで解散したことから、今度は、「劇団ムーラン」に入るも、またもや早々に解散となってしまい、再び、途方に暮れていたという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、劇作家で俳優の小崎政房さんのアドバイスと紹介により・・・

財津一郎は昔「石井均一座」や「劇団ムーラン」を転々としていた!

1959年には「榎本健一映画演劇研究所」を卒業するも、さらに東京で修行をしようと決めたという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、なかなか仕事がなく、毎日、職業安定所に通っていると、ひょんなことから、憧れの俳優だった仲代達矢さんを目にし・・・

財津一郎は「榎本健一映画演劇研究所」卒業後は職安に通う日々だった!

1957年には、「榎本健一映画演劇研究所」に入所し、2年間、演劇を勉強したという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、ほとんどの研究生が、卒業後は京都の撮影所に行って映画の仕事をもらっている中、さらに東京で修業を積む決意をしたそうですが、な・・・

財津一郎はエノケン(榎本健一)の最後の弟子だった!

1957年、「日本の喜劇王」と称された榎本健一さんの「榎本健一演劇研究所」に入所し、演技の基礎を徹底的に学んだという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、卒業してから約10年後、榎本さん演出の舞台に出演すると、強烈な形で薫陶(くんとう)を受・・・

財津一郎は昔「榎本健一映画研究所」で演技の基礎を学んでいた!

ジャズシンガーとして、北海道から沖縄まで全国各地の米軍キャンプを巡業するようになると、米兵たちからは「ジミー・ザイツ」のニックネームで呼ばれるなど、人気を博したという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、同僚から、米兵たちはいつかアメリ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ