「若い頃」タグの記事一覧(2 / 112Page)

永六輔が若い頃は水原弘に作詞した「黒い花びら」がミリオンセラーになっていた!

1957年、24歳の時、三木鶏郎さんに誘われて、ディズニー映画「ダンボ」に携わると、その後も、ディズニー映画「わんわん物語」に携わり、ヒットさせた、永六輔(えい ろくすけ)さんは、1959年には、新人歌手の水原弘さんのデビュー曲で、作曲家の・・・

永六輔は「わんわん物語」の出演交渉を国会議員の浅沼稲次郎にもしていた!

放送作家として、引っ張りだことなった1957年、24歳の時、上司の三木鶏郎さんに誘われ、ディズニー映画「ダンボ」「わんわん物語」に携わっていたという、永六輔(えい ろくすけ)さんは、日本人声優の出演交渉もしていたそうですが、その中には、国会・・・

永六輔は若い頃ディズニー映画の日本語版制作に携わっていた!

1952年、早稲田大学1年生の時、三木鶏郎さんの事務所「トリロー文芸部」のスタッフとして正式に採用されると、その後、有限会社「冗談工房」の社長にまで指名されたという、永六輔(えい ろくすけ)さんは、三木さんからは様々な仕事を任せてもらったそ・・・

永六輔は三木鶏郎の会社「冗談工房」の社長を務めていた!

三木鶏郎(トリロー)さんのNHKラジオ番組「日曜娯楽版」の「冗談音楽」というコーナーでコントが採用されると、(大人が丸1日働いた収入が240円の時代に)コント1本につき300円もくれたことから、コントの投稿を続けていたという、永六輔(えい ・・・

永六輔が淀川長治から言われた忘れられない言葉とは?

中学生の頃、映画に夢中になり、雑誌「映画之友」の「友の会」の会員になると、編集長だった淀川長治さんと知り合い、一流を見分ける教えを受けたという、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、その後何十年経っても忘れられない言葉があったといいます。

永六輔は中学の頃から淀川長治に師事していた!

(旧制)早稲田中学校在学中、ファンだった三木鶏郎さんのNHKラジオ番組「日曜娯楽版」にコントを投稿して稼いでいたという、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、その一方で、映画にも夢中になっていたそうです。

永六輔は少年時代ラジオ番組のコントの賞金で稼いでいた!

疎開先の信州では、東京のお父さんからの仕送りが途絶えがちで、農家に身を寄せて肩身の狭い思いをしながら暮らしていたという、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、終戦から約2年後、ようやく東京に戻ると、お父さんの手作りのバラックに住み、様々なアル・・・

中村メイコは当初は親友・美空ひばりのことをよく思っていなかった!

天才子役として映画やテレビに引っ張りだことなると、榎本健一さん、古川ロッパさん、森繁久彌さんなど、そうそうたる大スターと共演を重ねてきた、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、そんな中、美空ひばりさんと無二の親友となったといいますが、今回は・・・

中村メイコに失恋して永六輔は「上を向いて歩こう」を作詞していた?

自殺未遂した直後に、駆けつけて来てくれたことがきっかけで、神津善行さんと交際に発展したという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、その後、3回目のデートで神津さんにプロポーズされ、すぐに受け入れたそうですが、その報告を友達の永六輔さんにし・・・

中村メイコは自殺未遂をきっかけに神津善行と交際していた!

睡眠時間が2時間という超ハードスケジュールをこなす日々の中、ノイローゼ気味になっていたという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、自殺未遂をするも助かり、駆けつけて来てくれた神津善行さんと交際するようなったといいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ