「若い頃」タグの記事一覧(2 / 138Page)

長嶋一茂は立教大学進学後メキメキと頭角を現していた!

先輩から押し付けられた、無意味だと思える練習や雑用はサボるも、人知れず、自ら課した自主トレーニングに励んでいたという、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんは、その甲斐あってか、大学進学後、野球部に入部すると、メキメキと頭角を現したといいます。

長嶋一茂は高校大学時代は全体練習をサボるも自主トレに励んでいた!

「サボりの天才」「サボり屋」などと陰口を叩かれるも、実際のところは、自分にとって必要な練習は、人の見ていないところでしていたという、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんですが、先輩から押し付けられた、無意味と思われる練習や洗濯など、無駄なこと・・・

長嶋一茂が「サボりの天才」と言われていた真相は?

高校2年生の秋には、チームの主軸になるまでに成長し、高校3年生の夏には、甲子園を目指して埼玉県予選準決勝まで進んだ、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんですが、実は、野球を再開した高校生の時からプロ野球に入るまで、ずっと、「サボりの天才」「サ・・・

長嶋一茂は高2で主軸になるも甲子園の夢は果たせなかった!

高校1年生秋の練習試合では、まだまだ技術不足で、素人のような無様なバンザイでレフトフライを捕り損ねるも、転々と転がるボールを、意気消沈したり暗くなったりすることなく、一生懸命追いかける姿で、後にプロ野球選手となる矢作公一さんを惹きつけたとい・・・

長嶋一茂はバンザイで矢作公一を惹きつけていた?

高校から野球を再開するも、長年のブランクで、普通の人が簡単に出来ることもなかなか出来ず、高校1年生の秋、文化祭で行われた野球部の練習試合では、レフトフライをバンザイする、素人のようなミスをして、恥ずかしい思いをしたという、長嶋一茂(ながしま・・・

長嶋一茂の高校時代は技術不足も潜在能力を高く評価されていた!

高校1年生の秋、文化祭で行われた野球部の練習試合では、レフトフライをバンザイする、素人のようなミスをして、恥ずかしい思いをしたという、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんは、技術不足から、しばしば、見物人から罵られることがあったそうですが、潜・・・

長嶋一茂は右肘剥離骨折後は投手から野手に転向していた!

高校から野球を再開するも、ピッチング練習中、右肘を剥離骨折するという大ケガを負ってしまった、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんは、その後は、ピッチャーを断念し、バッターに専念することにしたといいます。

長嶋一茂は高校時代に右肘を剥離骨折し医師に野球を辞めるよう言われていた!

お父さんの長嶋茂雄さんが巨人軍の監督を解任され、巨人軍への復讐心から野球を再開する決意をしたという、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんは、高校入学後、さっそく野球部に入部すると、地肩の強さを認められピッチング練習を始めたそうですが・・・いき・・・

長嶋一茂は長嶋茂雄を解任した巨人軍への復讐心から野球を再開していた!

リトルリーグ(野球)脱退後は、一旦、野球への熱い思いを封印し、親友の杉浦夏樹さんら友人たちと冒険に夢中になっていたという、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんですが、中学3年生の時、お父さんの長嶋茂雄さんが巨人軍の監督を解任されると、巨人軍へ・・・

長嶋茂雄は天覧試合で村山実からサヨナラ本塁打を放っていた!

追いつ追われつのシーソーゲームとなった天覧試合で、9回裏、打席が回ってきた、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、阪神のピッチャー・村山実さんが投じた5球目のストレートを強振すると、ライナーでレフトポール際に入るサヨナラ本塁打となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ