「若い頃」タグの記事一覧(7 / 129Page)

「ムツゴロウ(畑正憲)とゆかいな仲間たち」がスタートしたきっかけとは?

北海道浜中町では、ヒグマの子供・どんべえを飼育していた、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんですが、1972年には、「ムツゴロウ動物王国」を開園し、どんべえだけではなく、数多くの動物を飼育しながら作家活動をするようになったそうで、19・・・

ムツゴロウ(畑正憲)は発情期を迎えた熊にパンチで応戦していた!

1971年に、北海道の無人島に移住すると、そこでは、ヒグマの子供・どんべえと同じ部屋で暮らしていたという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんですが、やがて、成長し、発情期を迎えたどんべえからは、目に敵意を燃やし、歯を剥き、毛を逆立て・・・

ムツゴロウ(畑正憲)は昔子熊と一緒の部屋で暮らしていた!

1971年、北海道の無人島(厚岸郡浜中町の嶮暮帰島(けんぼっきとう))に家族で移住したという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんですが、そこでは、なんと、エゾヒグマの子熊と同じ部屋で暮らしていたといいます。

ムツゴロウ(畑正憲)が北海道の無人島に移住した理由とは?

「電通」に入り、ようやく安定した収入を得るも、ほどなくして、著書「われら動物みな兄弟」が賞を獲り、部長に作家活動に専念することを勧められて「電通」を退職したという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんは、その後、作家としての活動が軌道・・・

ムツゴロウ(畑正憲)は若い頃「電通」にも勤めていた!

「学研」の社内報で執筆していた原稿を怪しいブローカーに渡し、他社から「われら動物みな兄弟」として出版されたことが問題となり、「学研」を解雇されてしまったという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんですが、その後、「学研」時代に知り合っ・・・

ムツゴロウ(畑正憲)は「学研」を解雇されていた!

「学研」での仕事は、”神が与えてくれた職業”と思うほど、楽しくて仕方がなく、会社の同僚からは、「畑を休ませろ、家に帰らせて眠らせろ」と署名活動のようなことをされるほど、いつも長時間会社にいたという、ムツゴロウこと畑正・・・

ムツゴロウ(畑正憲)の「学研」時代は帰宅しないほど仕事に夢中だった!

新聞の夕刊で「学研」の人材募集を見つけるも、すでに募集は終わっており、「学研」の創業者で社長(当時)の古岡秀人氏に直接手紙を書いて就職することができたという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんは、その後、映像部門に配属されると、&#・・・

ムツゴロウ(畑正憲)は昔「学研」の社長に手紙を書いて就職していた!

東京大学では、両親の望む医学部ではなく、かねてから希望していた大学院に進学し、アメーバーや生物の研究に没頭するも、文学への思いが捨てきれず、大学院の研究室も家も飛び出したという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんは、その後、山谷に居・・・

ムツゴロウ(畑正憲)は東大に受験勉強せず現役合格していた!

小学生の時には読書だけで漢字を覚え、中学生の時にはお兄さんに借りて読んだ本で物理をマスターし、高校生の時には辞書なしで英語の本を読むなど、天才的な頭脳の持ち主だったという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんは、東京大学理科II類にも・・・

ムツゴロウ(畑正憲)は麻雀を10日連続不眠不休で打ち続けていた!

趣味の麻雀があまりにも強すぎて、プロの九段たちを圧倒し、最高位十段が新たに設立されると、その十段位も獲得したという、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんですが、最高10日間連続、不眠不休で麻雀をやり、全勝したこともあったといいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ