「若い頃」タグの記事一覧(7 / 146Page)

王貞治は一本足打法がハマりホームランを量産していた!

1962年7月1日、大洋ホエールズ戦ダブルヘッダー第1試合では、急遽、荒川コーチに命じられた「一本足打法」がハマり、タイムリーヒットや本塁打を放つ活躍をした、王貞治(おう さだはる)さんは、その後も、「一本足打法」でホームランを量産すると、・・・

王貞治の一本足打法はたった1日で止めていたかもしれなかった!

1962年7月1日、大洋ホエールズ戦ダブルヘッダー第1試合が行われる前の監督コーチ会議で、打撃コーチの荒川博さんが、ヘッドコーチの別所毅彦さんから「王が打てないから勝てない」と責められ、「ホームランならいつでも打たせてみせる」 と大見得を切・・・

王貞治は荒川博の大見得で一本足打法で打つことになっていた!

上半身と下半身のバラバラの動きを連動させるため、荒川博さんが考案した「一本足打法」を練習するも、まるで、雲をつかむような話で、当初はイメージトレーニングとしてのみ使っていたという、王貞治(おう さだはる)さんですが、その後、4年目のシーズン・・・

王貞治の一本足打法は当初はイメージトレーニング用だった!

打撃コーチ・荒川博さんの自宅に毎晩のように押しかけ、荒川さんの指導のもと、肉体の鍛錬のため走り込むほか、合気道の「氣」の考え方を取り入れたスイングなど猛練習をしていた、王貞治(おう さだはる)さんは、そんな中、荒川さん考案の「一本足打法」と・・・

王貞治は合気道の「氣」を取り入れた素振練習をしていた!

巨人の打撃コーチに就任した荒川博さんから、「あと2年ダメだったらトレードされるかクビになる」と言われたことから、時間が残されていないと焦り、他にすがる人もいなかったことから、荒川さんについていくことに決めたという、王貞治(おう さだはる)さ・・・

王貞治は巨人入団3年目に荒川博が打撃コーチとなりダメ出しされていた!

投打共に才能を見込まれ、巨人に入団するも、入団して1年目のキャンプで、早くも投手失格を言い渡されると、期待されていた打撃の方も、期待通りの結果を出せずにいた、王貞治(おう さだはる)さんは、3年目のオフシーズン、中学2年生の時に右打ちから左・・・

王貞治は巨人入団3年目までは凡庸な成績だった!

巨人入団1年目の、1959年6月25日、後楽園球場で行われたプロ野球初の天覧試合(天皇が観戦する武道やスポーツ競技の試合)では、阪神のエース・小山正明さんから同点2ランホームランを放った、王貞治(おう さだはる)さんですが、その後、再び打て・・・

王貞治も天覧試合で同点2ランホームランを打っていた!

開幕から26打席無安打が続き、1959年4月26日には、国鉄スワローズの村田元一投手から決勝ホームランとなるプロ初安打を放つも、その後も成績は振るわなかったという、王貞治(おう さだはる)さんですが、プロ野球初の天覧試合(天皇が観戦する武道・・・

王貞治はデビューから26打席無安打もプロ初安打は決勝本塁打だった!

既にスター選手だった長嶋茂雄さん、コーチの川上哲治さん、二軍監督の千葉茂さんらに、バッティングを高く評価され、入団一年目から130試合中94試合で一塁手として起用された、王貞治(おう さだはる)さんは、開幕から26打席無安打が続いたそうです・・・

王貞治は巨人入団直後から長嶋茂雄にバッティングを高く評価されていた!

巨人(読売ジャイアンツ)に入団すると、キャンプ2週目には、水原茂監督らから、「明日からもう投げなくていい」と、投手失格を言い渡されたという、王貞治(おう さだはる)さんですが、その一方で、バッティングは高く評価されていたそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ