「若い頃」タグの記事一覧(11 / 146Page)

長嶋一茂はバンザイで矢作公一を惹きつけていた?

高校から野球を再開するも、長年のブランクで、普通の人が簡単に出来ることもなかなか出来ず、高校1年生の秋、文化祭で行われた野球部の練習試合では、レフトフライをバンザイする、素人のようなミスをして、恥ずかしい思いをしたという、長嶋一茂(ながしま・・・

長嶋一茂の高校時代は技術不足も潜在能力を高く評価されていた!

高校1年生の秋、文化祭で行われた野球部の練習試合では、レフトフライをバンザイする、素人のようなミスをして、恥ずかしい思いをしたという、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんは、技術不足から、しばしば、見物人から罵られることがあったそうですが、潜・・・

長嶋一茂は右肘剥離骨折後は投手から野手に転向していた!

高校から野球を再開するも、ピッチング練習中、右肘を剥離骨折するという大ケガを負ってしまった、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんは、その後は、ピッチャーを断念し、バッターに専念することにしたといいます。

長嶋一茂は高校時代に右肘を剥離骨折し医師に野球を辞めるよう言われていた!

お父さんの長嶋茂雄さんが巨人軍の監督を解任され、巨人軍への復讐心から野球を再開する決意をしたという、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんは、高校入学後、さっそく野球部に入部すると、地肩の強さを認められピッチング練習を始めたそうですが・・・いき・・・

長嶋一茂は長嶋茂雄を解任した巨人軍への復讐心から野球を再開していた!

リトルリーグ(野球)脱退後は、一旦、野球への熱い思いを封印し、親友の杉浦夏樹さんら友人たちと冒険に夢中になっていたという、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんですが、中学3年生の時、お父さんの長嶋茂雄さんが巨人軍の監督を解任されると、巨人軍へ・・・

長嶋茂雄は天覧試合で村山実からサヨナラ本塁打を放っていた!

追いつ追われつのシーソーゲームとなった天覧試合で、9回裏、打席が回ってきた、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、阪神のピッチャー・村山実さんが投じた5球目のストレートを強振すると、ライナーでレフトポール際に入るサヨナラ本塁打となります。

長嶋茂雄は天覧試合の前夜は村山実に抑え込まれていた!

天覧試合で阪神タイガースの村山実さんから逆転サヨナラ本塁打を放ったことが、あまりにも有名な、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、実は、村山さんは前夜の巨人戦にもリリーフとして4イニング投げ、巨人打線をシャットアウトに抑えていたそうで、長・・・

長嶋茂雄だけでなく王貞治も天覧試合で同点ホームランを放っていた!

天覧試合では、対戦相手の阪神に2点差をつけられ、7回裏の打席では、「なんとかしなくては・・・」と焦るあまりに、見逃しの三振に倒れた、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、続く5番・坂崎一彦さんがライト前にヒットすると、当時まだルーキーだっ・・・

長嶋茂雄は天覧試合では阪神に逆転され焦りから見逃三振をしていた!

天覧試合では、天皇・皇后両陛下の期待を一身に背負い、4番打者の重圧を感じながらも、5回裏、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんが同点ホームランを放つと、続く5番の坂崎さんもホームランを放ち、2対1と一気に逆転した巨人ですが、直後の6回表には、巨・・・

長嶋茂雄は天覧試合ではサヨナラ本塁打の前に同点本塁打も打っていた!

1959年6月25日、後楽園球場で行われたプロ野球試合初の天覧試合では、天皇・皇后両陛下のお目当てが自身であることを知り、緊張のあまり、普段は張り上げている甲高い声を出すことも忘れていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、3回表・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ