「若い頃」タグの記事一覧(8 / 129Page)

ムツゴロウ(畑正憲)の麻雀の腕前は最強プロより上で十段だった!

いつも、優しい笑顔で、動物たちと触れ合っている印象の、ムツゴロウこと畑正憲(はた まさのり)さんですが、実は、趣味の麻雀の腕前は、最強プロの九段よりも上で、十段位が設立されると、その十段位も獲得したといいます。

森繁久彌は映画「社長シリーズ」で大ブレイクしていた!

1946年7月、ようやく満洲から日本への引き揚げが始まり、同年10月に帰国すると、1947年にはNHKを退社し、「帝都座ショウ」「空気座」などの劇団を経て、舞台「鐘の鳴る丘」で俳優の井上正夫さんと知り合い、大きな影響を受けたという、森繁久彌・・・

森繁久彌は井上正夫を尊敬していた!

舞台「鐘の鳴る丘」では、出番を勘違いし、慌てて風呂から飛び出て舞台に上がったことから、全裸をさらし、上演を中止に追い込んでしまったという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、主演の井上正夫さんは咎(とが)めるどころかフォローしてくれたと・・・

森繁久彌は昔舞台「鐘の鳴る丘」で全裸となり上演中止となっていた!

満洲では、敗戦後、ソ連兵に捕らえられるも、シベリア送りにならず、なんとか生き延びることができたという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんは、その後、ようやく、日本へ引き揚げることができると、帰国後は、劇団を転々とした後、菊田一夫さんの舞台「鐘・・・

森繁久彌は全ての持ち物を渡しソ連兵から釈放されていた!

いよいよ、拷問が始まるのではという時、いざとなれば舌を噛み切って死のうと決心するも、ふと、家族のことが気にかかり、家族の命は救って欲しいと、涙ながらに土下座して訴えると、その姿が気に入られ、釈放されることになったという、森繁久彌(もりしげ ・・・

森繁久彌が釈放されシベリア行きを免れた理由とは?

翌々日、家族と水盃をして別れを告げ、命令通り、憲兵本部に出頭すると、すぐに、狭い地下室に放り込まれたという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんは、その後、いよいよ、尋問が始まり、森繁さんがアナウンサー時代に行っていた対ソ放送について取り調べを・・・

森繁久彌は満洲では憲兵隊本部の狭い地下室に放り込まれていた!

敗戦後、満洲では、突然、家に押し入った兵隊4人に、重要人物を5人教えなければシベリアに連行すると脅迫され、翌々日、憲兵隊本部まで来るように言われたという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんは、言われた通り、翌々日、憲兵隊本部に赴くと、いきなり・・・

森繁久彌は敗戦後満洲でシベリアに連行されそうになっていた!

満洲では、新京にいる日本人が次々とシベリアに送られる中、止まっている貨車の中から水を求める声が聞こえ、射殺される危険をおして、水を探し、無事届けたという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、今度は、森繁さん自身がシベリアへ連行されそうに・・・

森繁久彌は終戦後の満洲で壮絶な体験をしていた!

終戦後、満洲では、ソ連兵が町に押し寄せ、暴虐の限りを尽くす中、家に押し入られるも、ソ連兵の喜ぶであろう、ライターを差し出し、見事、ソ連兵を撃退して事なきを得たという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、ホッとしたのも束の間、周囲では次々・・・

森繁久彌は昔満洲でソ連兵に家に押し入られ銃撃されていた!

終戦後、満洲では、ソ連兵が町で暴虐の限りを尽くすようになり、怯えて暮らす毎日を過ごしていたという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、実際、ソ連兵に家に押し入られ、銃撃されるという、恐ろしい経験をしたといいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ