「若い頃」タグの記事一覧(10 / 138Page)

千昌夫が若い頃は「星影のワルツ」が大ヒットするも節約生活を続けていた!

1965年、1stシングル「君が好き」でデビューするも、2ndシングル「若い恋人たち」、3rdシングル「君ひとり」と、売上はパッとせず、さらに、1966年秋には、師匠の遠藤さんを怒らせ、家を追い出されてしまったという、千昌夫(せん まさお)・・・

千昌夫が若い頃は「君が好き」でデビューするも鳴かず飛ばずだった!

作曲家・遠藤実さんに弟子入りを許されると、すぐには歌を歌わせてもらえなかったものの、遠藤さんの家にレッスンに訪れてくる、舟木一夫さんらスター歌手との接触が大きな刺激となっていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、ついに、1965年9月、フ・・・

千昌夫は高2の時に作曲家・遠藤実に弟子入りしていた!

高校2年生の時、下宿近くの食堂で芸能週刊誌を見ていた際、作曲家の遠藤実さんの記事が目に留まり、遠藤さんに弟子入りすることを決意するも、家族には言い出すことができず、修学旅行シーズンに内緒で上京することを思いついたという、千昌夫(せん まさお・・・

千昌夫は高校2年生の時に歌手になる決意をしていた!

お母さんの意向で高校に進学するも、下宿代を捻出するためのアルバイトに明け暮れ、それでも、下宿代と食費を払うのがやっとという状況に、何とかこの生活から抜け出す方法がないかをいつも考えていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、ある日のこと、歌・・・

キダ・タローはTVCMソング等を3000曲以上手掛けていた!

19歳頃、キャバレー「パラマウント」のバンドマスターに依頼され、初めて作曲をしたという、キダ・タローさんは、30歳頃からは、テレビのコマーシャルソングや番組のテーマ曲の作曲を手掛けるようになったそうですが、その数は3000曲以上に及ぶといい・・・

キダ・タローは19歳で初めて作曲をしていた!

ダンスホールやキャバレーで客からのリクエストに応えるため、流行歌のレコードを買い、楽譜を書き起こす作業などもしていたという、キダ・タローさんは、その後、大阪・難波のキャバレー「パラマウント」でピアノを弾いていた時、バンドマスターから初めて作・・・

キダ・タローは石原裕次郎(大学生)のバックバンドをしたことがあった!

ピアノに転向するも、高校や大学に忍びこんで練習するなど、肝心のピアノがなかなか確保できなかったことから、思い切って、神戸・花隈のダンスホールを訪ね、ピアノ弾きとして雇ってもらったという、キダ・タローさんさんですが、今回は、そんなキダさんのピ・・・

キダ・タローは大学時代ダンスホールでピアノ弾きとして働いていた!

お兄さんの形見のアコーディオンが、ボタンが8個しかないおもちゃのようなもので、本格的な演奏が出来ず、かといって、まともなアコーディオンは高価過ぎて手が出ず、ギターとトランペットに挑戦したという、キダ・タローさんですが、いずれもうまくいかず辞・・・

キダ・タローが若い頃はギターとトランペットを断念していた!

関西学院高等部3年生の時、5人組のタンゴバンドを組み、肺結核で早逝したお兄さんが使っていたアコーディオンで音楽活動を始めたという、キダ・タローさんは、大学進学後も音楽活動を続けたそうですが、お兄さんの形見のアコーディオンはボタンが8個しかな・・・

キダ・タローは高校の時に藤岡琢也と共にタンゴバンドで活動していた!

終戦後、ジャズなどのアメリカ音楽が日本に入ってくると、これまで聴いたことのない、輝きと明るさを持つ音楽に衝撃を受け、やがて、自分でも演奏してみたいと思うようになり、アコーディオンを弾き始めたという、キダ・タローさんは、関西学院高等部3年生の・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ