「若い頃」タグの記事一覧(9 / 138Page)

清水章吾のデビューからの出演CMドラマ映画を画像で!

大学進学と同時に、新派を代表する女形役者の花柳章太郎さんに弟子入りして以来、名バイプレイヤーとして活躍してきた、清水章吾(しみず しょうご)さんですが、今回は、そんな清水さんの出演作品を画像を交えてご紹介します。

清水章吾が若い頃は「噂の刑事トミーとマツ」で三枚目を演じていた!

日本大学農獣医学部を中退し、新派を代表する女形役者の花柳章太郎さんのもとで、3年間、役者修行に励んだという、清水章吾(しみず しょうご)さんは、その後は、渋い二枚目として数多くのテレビドラマに出演すると、テレビドラマ「噂の刑事トミーとマツ」・・・

清水章吾が若い頃は女形役者・花柳章太郎に弟子入りしていた!

2002年、アイフルのCMに出演したことがきっかけで、たちまち大ブレイクした、清水章吾(しみず しょうご)さんですが、今回はそんな清水さんの生い立ちをご紹介します。

千昌夫は若い頃から様々な人との交流を大切にしていた!

全盛期の頃でさえ、都心でのコンサートだけでなく、年間200ヶ所以上もの地方公演を行っていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、人との出会いも大切にしていたそうで、ファンはもちろんのこと、歌手活動以外の人との交流も大切にしていたそうです。

千昌夫のデビューからの歌(ディスコグラフィ)を画像で!

1965年、ファーストシングル「君が好き」でデビューし、「星影のワルツ」(1966年)、「北国の春」(1977年)が、共に300万枚を売り上げる大ヒットを記録すると、1988年には、一旦、歌手活動を停止するも、1991年にシングル「おやじ先・・・

千昌夫が全盛期も地方公演に200ヶ所以上行っていた理由とは?

歌手活動を一つの事業と見立て、売れるための様々な戦略を立てていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、全盛期の頃でさえ、年間200ヶ所以上の地方公演をこなしていたといいます。

千昌夫は「星影のワルツ」「北国の春」共に粘り強く歌い続け大ヒットさせていた!

1977年4月5日にリリースした24枚目のシングル「北国の春」は、通常のタキシード姿ではななく、自ら考案した”出稼ぎスタイル”で歌唱したことが功を奏し大ヒットした、千昌夫(せん まさお)さんですが、ほかにも、歌手活動・・・

千昌夫は昔「北国の春」が300万枚売上の大ヒットとなっていた!

1977年10月には、初めての自社ビルを完成させると、その後も、引き続き、不動産業に勤しみ、着実に資産を増やしていったという、千昌夫(せん まさお)さんですが、本業の歌手活動の方も順調で、1977年4月に発売した24枚目のシングル「北国の春・・・

千昌夫の最盛期の総資産は2000~3000億円だった!

手持ち資金ゼロ円で赤坂一等地35坪の土地を1億2000万円で購入することに成功した、千昌夫(せん まさお)さんは、その後、ビルの建設に乗り出し、土地を担保に銀行から融資を受け、新しい事業を始める、というスタイルで、資産を増やしていったそうで・・・

千昌夫が若い頃は資金ゼロで赤坂の一等地を購入していた!

「星影のワルツ」が大ヒットして多額の印税収入を得ても、節約生活を続けていた、千昌夫(せん まさお)さんは、1970年、22歳の時、2000万円で約5万坪の土地を購入すると、1976年、29歳の時には、手持ち資金ゼロ円で1億2000万円もの3・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ