藤岡琢也の死因は?若い頃は?妻は?渡る世間は鬼ばかり!CMサッポロ一番!

Sponsored Link

1957年「俺たちは天使じゃない」で舞台デビューされるも、その後、長らく、外国ドラマやアニメの声優として下積み時代を送られた、藤岡琢也(ふじおか たくや)さん。その後、橋田壽賀子さんのテレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」に出演され、一躍脚光を浴びると、「ニッポンのお父さん」として親しまれるようになりました。




プロフィール!


藤岡さんは、
1930年9月4日生まれ、
兵庫県姫路市のご出身、

身長165センチ、
体重71キロ、

学歴は、
関西学院大学文学部中退、

だそうです。


大学生の時、結核で大手術


藤岡さんは、1949年に、
大学に入学されると、

ジャズバンドで活動し、
音楽への道を目指されるのですが、

翌年の1950年、
結核を患われ、大学を中退。

その後、入退院を繰り返し、1955年には、
肋骨を7本切る大手術を受けたことで、
ようやく社会復帰ができるようになったそうです。


長い下積み時代


しかし、音楽の道は絶たれてしまい、
カメラマン、ラジオドラマのディレクターなど、
様々な職を転々とされた結果、
1957年、劇団「葦」へ入団。

「俺たちは天使じゃない」の、
二枚目海軍士官役で舞台デビューされたのですが、

登場シーンで失敗して、観客に大笑いされ、
舞台上で、上京したことを後悔されたそうです。

また、「平凡な顔立ち」ということで、
なかなか芽が出ず、

音響などの裏方の仕事や、
外国ドラマ・アニメの声優として、
長い下積み生活を送られたのでした。


代役で注目を集める


しかし、1966年、
NHKのテレビドラマ「事件記者」で、

病気で降板された清村耕次さんの、
代役として出演されると、
関西弁を話すチョビ髭の記者役を好演し、

その後、清村さんが亡くなったことにより、
レギュラーに昇格すると、一躍人気者に。


「事件記者」より。

また、同年、NHKドラマ「横堀川」で、
主人公を慕う寄席芸人を演じられると、
その演技が認められ、「第4回ギャラクシー賞」を受賞。


以降、藤岡さんは、「社長」シリーズなどで、
映画を中心に脇役で出演し、

お調子者の中小企業の管理職や、中小企業の社長、
こずるい小悪党、善良な父親など、幅の広い役を演じられ、

1970年には、映画「喜劇 頑張れ!日本男児」で、
初の主演に抜擢されています。


「喜劇 頑張れ!日本男児」


「渡る世間は鬼ばかり」でブレイク!


そして、1984年には、
橋田壽賀子さん脚本のテレビドラマ、
「大家族」に出演されたことがきっかけとなり、

1990年「渡る世間は鬼ばかり」で、
5人の娘を持つ小料理店「おかくら」の主人、
岡倉大吉役を演じられると、一躍、お茶の間の人気者に。


「渡る世間は鬼ばかり(第一シリーズ)」より。
(前列左から)えなりかずきさん、藤岡さん、泉ピン子さん、
(後列左から)前田吟さん、三田村邦彦さん、山岡久乃さん、長山藍子さん。


ちなみに、藤岡さんは、
その他にも、

1987~1988年 「おんなは一生懸命」
1989年 NHK大河ドラマ「春日局」
1991年「源氏物語 上の巻・下の巻」
1992年 NHK朝の連続テレビ小説「おんなは度胸」


「おんなは度胸」より。
(左から)桜井幸子さん、泉ピン子さん、藤岡さん。


など、橋田さんの作品に多数出演されています。


「サッポロ一番みそラーメン」のCM


ところで、藤岡さんと言えば、
やはり、「サッポロ一番みそラーメン」

なんと、1969年~2004年の35年もの間、
「サッポロ一番みそラーメン」のCMに、
出演されていたとのことで、

当然、藤岡さんと言えば、
「サッポロ一番」となる訳ですね♪


CM「サッポロ一番味噌ラーメン」


死因


そんな藤岡さんも、2006年2月には、
「渡る世間は鬼ばかり」第8シリーズを、
「肺炎」のため降板。

もともと、藤岡さんは、
「糖尿病」を患っていたのですが、

腎臓も悪くされたようで、
人工透析を受けるなど、
闘病生活を続けておられましたが、

同年10月、「慢性腎不全」のため、
76歳で他界されています。


末期がんの妻に看病されていた


実は、藤岡さんは闘病中、
ずっと、「渡る世間は鬼ばかり」の、
共演者、スタッフ、友人など、すべての人の、
お見舞いを断っておられたことから、

「渡鬼」メンバーとの、
確執がうわさされていたのですが、

これは、確執などではなく、
理由は別のところにあったようです。

というのも、藤岡さんが入院されたのと、
ほぼ同時期、奥さんの千鶴さんの「大腸がん」が発覚。

しかも、すでに末期状態で、
奥さんは激しい腹痛と貧血に見舞われていたのですが、

千鶴さんは、もし治療をすれば、
抗がん剤の副作用で夫の看病ができなくなる、
と思われたことから、治療を拒否。

藤岡さんは、そんな千鶴さんの思いを汲み、
千鶴子さんが見舞客に気を遣い、
体力を消耗することのないように、
面会謝絶にされたというのです。

ちなみに、藤岡さんが亡くなると、
千鶴さんは、激痛をこらえながら、
お葬式では、毅然とした姿で喪主を務められ、
その8ヶ月後に亡くなっています。



さて、いかがでしたでしょうか?

長きに渡り、厳しさの中にも優しさがある、
国民のお父さんとして親しまれた藤岡さん。

実生活では、お子さんはいらっしゃいませんでしたが、
奥さんとのエピソードは、まさに、
テレビドラマのイメージそのままですね。

今頃は、天国で、
夫婦水入らずの時間を過ごされているのでしょうか。

藤岡さんのご冥福をお祈り致します。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ