寺島咲のTVデビューは金八!結婚は?子どもは?出演ドラマ映画は?

Sponsored Link

2004年、14歳の時、大林宣彦監督の「理由」でいきなりヒロインに抜擢され、映画デビューを果たされた、寺島咲(てらしま さき)さん。その後は、大林監督作品の常連となり、「大林監督の秘蔵っ子」と呼ばれています。




身長は?年齢は?学歴は?


寺島さんは、1990年9月23日生まれ、
東京都のご出身、

身長163センチ、

靴のサイズは24センチ、

血液型はAB型、

学歴は、
明治大学文学部卒業、

趣味・特技は、
映画館に行くこと、ギター、バレエ、お囃子、和太鼓、

だそうです。


「理由」で映画デビュー、「3年B組金八先生」でTVドラマデビュー


寺島さんは、10歳頃、
書店でオーディション雑誌「月刊デ☆ビュー」を見ていると、

一緒にいたお母さんに勧められて、
「月刊デ☆ビュー」に掲載されていた、
「特別オーディション」に応募されたそうで、
これをきっかけに芸能界入り。

そして、2004年、14歳の時、
大林宣彦監督の映画「理由」の、
オーディションを受けられると、

いきなりヒロイン片倉信子役に抜擢され、
映画デビュー。


「理由」より。

寺島さんは、この映画に出演されたことがきっかけで、
女優を続けようと思われたそうで、

同年10月には、「3年B組金八先生」で、
テレビドラマデビューも果たし、
以降、数多くの映画やテレビドラマに出演されています。


「3年B組金八先生」より。


大林宣彦作品の常連として


その中でも、寺島さんは、
特に、大林監督作品の常連として、

2006年「青いうた~のど自慢 青春編~」
2007年「転校生-さよならあなた-」
2008年「その日のまえに」
2012年「この空の花」
2014年「野のなななのか」


「野のなななのか」より。寺島さんと常盤貴子さん。

に、出演されていることから、
「大林監督の秘蔵っ子」と呼ばれているのですが、

実際、寺島さんは、大林監督のことを、

(「この空の花」の撮影では、)特に何も言われていなくて、
流れに任せて・・・という感じでした。

今までも、“今回はこういう感じで演じて”
という具体的なことはあまり言われてないんですよ。

ただ、『その日のまえに』でギャル役を演じたときに、
“今までと違う役をやらせたいんだ。
役者ならどんな役でもできるはずだから”
と言われたことがあります。

そうやって私の成長に合わせて役をくださったり、
いつも温かく見守ってくださる監督さんです。

と、おっしゃっており、
大林監督には大きな信頼を寄せているようで、

2017年の「大林宣彦映画祭」の、
トークショーに参加された際には、

女優デビューとなった作品「理由」のオーディションで、
初めて大林監督に出会われた時のことや、出演された全作品の話を、
なんと、40分も話されたとのことでした。

出演作品


それではここで、寺島さんの、
出演作品の一部をご紹介しましょう。

映画では、

2004年「理由」
2005年「母のいる場所」
2006年「青いうた~のど自慢 青春編~」
2007年「魍魎の匣」
     「転校生-さよならあなた-」



「青いうた~のど自慢 青春編~」より。
濱田岳さんと寺島さん。


2008年「受験のシンデレラ」
     「トワイライトシンドローム デッドクルーズ」
     「きみに届く声」
     「櫻の園」
     「その日のまえに」



「櫻の園」より。
(左から)武井咲さん、福田沙紀さん、寺島さん、さん。


2009年「悲しいボーイフレンド」
     「モノクロームの少女」

2011年「ハードライフ」
2012年「私の叔父さん」
     「この空の花」



「私の叔父さん」より。高橋克典さんと寺島さん。

2013年「インターミッション」
2014年「野のなななのか」
2016年「ボクの人間的欠陥」
2017年「たゆたう」

テレビドラマでは、

2004年「ほんとにあった怖い話-四番目の個室-」
2005年「慶次郎縁側日記2」
2006年 NHK大河ドラマ「功名が辻」
2007年「ひとがた流し」


「ほんとにあった怖い話-四番目の個室-」より。
寺島さんと崔岡瑞希さん。


2010年「まっつぐ~鎌倉河岸捕物控~」
2011年「水戸黄門」
2012年「渡る世間は鬼ばかり ただいま!!2週連続スペシャル」
2013年「京都地検の女」

2014年「Dr. DMAT」
2015年「JKは雪女」
2016年 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」
2018年「池波正太郎時代劇 光と影~恋文~」


「JKは雪女」より。(左から)寺島さん、
横浜流星さん、永尾まりやさん。


と、映画では、ヒロインや主演を多く務められ、
テレビドラマでは、2時間ドラマや、
単発ドラマを中心に出演されています。


結婚は?子どもは?


そんな寺島さんの、
気になるプライベートですが、

寺島さんは、2016年4月、
一般の男性と結婚されています。

ただ、結婚報告が2ヶ月後の6月25日に、
ご自身のInstagramでの投稿のみだったことから、
あまり、広く知られておらず、

お子さんの妊娠、出産についても、

翌年の2017年4月、
映画「たゆたう」の初日舞台あいさつの際に、

言っていなかったんですが、
私生活でも妊娠・出産を経験しました。
(劇中、妊婦役を演じていることから)

と突然報告され、共演者や観客を驚かせておられます。

ちなみに、ブログを拝見しても、まるで生活感がなく、
ご主人がどんな方なのか、お子さんが、
男の子なのか女の子なのかも分かりませんでした。

それだけ、プライベートを大切にしたい、
ということなのかもしれませんね。

さて、いかがでしたでしょうか?

大輪の華のような華やかさはないものの、
普通っぽさのなかにキラリと光る輝きが魅力の寺島さん。

まさに、そんな魅力が、
大林監督の作品にぴったりハマっているのですが、

今後どのように進化されるのかも楽しみ。
引き続き、寺島さんには注目です!!



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ