アントニオ猪木が北朝鮮で平和の祭典?なぜこだわる?関係良好な理由は?

Sponsored Link

1994年に初めて北朝鮮を訪れて以来、2017年9月で32回目の訪朝を果たされた、アントニオ猪木(アントニオ いのき)さん。実は、1995年には、北朝鮮で「平和のための平壌国際スポーツ・文化祭典」を開催され、38万人もの観客を動員していたのでした。




「アントニオ猪木!モハメドアリと異種格闘技!引退試合の対戦相手は?結果は?」からの続き

スポーツ平和党結成~参議院議員初当選


1998年4月の引退試合では、見事、
ドン・フライをグラウンド・コブラツイストで下し、
プロレスを引退されたアントニオ猪木さんですが、

実は、1989年には、

「スポーツを通じて国際平和」

を合言葉に「スポーツ平和党」を結成。

「第15回参議院議員通常選挙」
では、
比例区から99万3989票を集めて参議院議員に初当選し、

以降、プロレスラーと政治家の、
二足のわらじを履いて活動されています。


参院選の比例代表区で初当選し、喜ぶ猪木さん。

(ちなみに、猪木さんは、国会議員になる前に、「スポーツ平和党」
 を結成されていますが、政党は国会議員でなくても作ることができ、
 国会議員でなくても政治活動はできるそうで、ただ、政党助成金、
 団体献金などを受けるためには、国会議員が5人以上など要件があるそうです。)

師匠の力道山は在日朝鮮人


中でも、猪木さんは、
2017年9月現在で、北朝鮮に32回も訪問し、
北朝鮮との関係を強化されているのですが、

なぜ、それほどまでに、
北朝鮮にこだわるのでしょうか?

その理由は、
猪木の師匠である力道山さんにありました。

猪木さんは、力道山さんの付き人時代、
力道山さんが在日朝鮮人だとは知らなかったのですが、

プロレス興行のため新潟の旅館に泊まった際、
力道山さんが試合のない日にいなくなったことがあったそうで、

その後、1989年「スポーツ平和党」の党首として、
政治家になった時、まだ出版前だった「力道山物語」の原稿を読むと、


力道山物語―深層海流の男 (徳間文庫)

その日、力道山さんが、北朝鮮から「万景峰号(マンギョンボンごう)」
で会いに来た娘さんに、会いに行っていたことを知り、

以来、南北が分断され、
祖国で錦を飾ることができなかった力道山さんのために、

故郷に錦を飾りたい

と思うようになったのでした。

北朝鮮で「平和の祭典」を成功させる


その後、猪木さんは、
都知事選出馬騒動(猪木さんの辞退により内田裕也が急遽出馬)や、
脱税、借金トラブルほか、数多くの問題を抱えてボロボロとなり、

北朝鮮で大規模なイベントを開催することで起死回生を図ろうと考え、
1994年、「力道山の弟子」として、初めて北朝鮮を訪問。

当初は、北朝鮮側の返事は、

「今回はお迎えできません」

で、あきらめて帰国することになるのですが、

その帰国途中で、
時の権力者、金日成主席が逝去すると、

国家主席を引き継いだばかりの金正日が、
猪木さんの申し出を受け入れ、

その2ヶ月後には、猪木さんのもとへ、
北朝鮮側から招待状が届いたそうで、

(金正日は、金日成が亡くなって不安定になった国に、
 自分の権威を見せつけようとしたようです)

猪木さんは、1995年4月28日、29日の2日間に渡って、
北朝鮮の平壌で「平和のための平壌国際スポーツ・文化祭典」を開催すると、

会場のメーデースタジアムには、2日間で38万人もの観客が集まり、
平壌市民を熱狂の渦に巻き込んだのでした。


北朝鮮平和の祭典・完全版<闘魂Vスペシャル> [VHS]

北朝鮮にこだわる理由


以来、北朝鮮は、猪木さんに対しては、
金正日国家主席の最大の祝辞者という扱いで、

アントニオ猪木氏のスポーツ交流を通じて、
北朝鮮と日本の人々の友好を図り、
世界平和に貢献する姿勢を重要視している

と、毎年、猪木さんを北朝鮮に招待しているのですが、

一方で、猪木さんも、拉致議連の入会を拒むなど、
一見、北朝鮮を擁護するような態度で、マスコミからは非難を浴びるも、

猪木さんいわく、こうやって、北朝鮮と良好な関係を築き、
相手の懐に入って、拉致問題解決の糸口にしたいと考えているそうで、

テポドン(ミサイル)が世間を騒がせている時には、

相手側にミサイル問題を正面からぶつけました。

そして、その後の宴会の席で、
私が大きな声で「ところで!」と叫んだら、皆がびっくりした。

「日本の“ミサイル”も北朝鮮に向いています」
と言ったら皆が息をのんだ。そして、

「北には美しい女性が多いですから(笑)」
なんて言ったら、一発で場が和んだ。

と、冗談を交えながらも、釘を刺しておられるとのことでした。

また、猪木さんは、北朝鮮にこだわる理由について、

大好きな言葉の一つに
「何にもしないで生きるより、何かを求めて生きようよ」
がありますが、その心境です。

人がやらない何かにチャレンジする、
猪木にしかできないことに挑戦していくということです。

1976年、当時のボクシング世界ヘビー級チャンピオンである、
モハメド・アリと戦ったことがあります(「格闘技世界一決定戦」)。

今になって伝説の名勝負と言われていますが、
当時は全然評価されなかった。

私の歴史を振り返ると、
行動を起こした直後はものすごく批判を浴びる。
でも結果として形になっていく。

私自身ブラジル移民で、力道山にスカウトされて日本に帰ってきたときから、
ひどいことを言われ続けてきました。

プロレスそのものだって、ずっと蔑視され、
差別を受けてきた歴史があるのです。

だから「てめえら、今に見ていろよ」みたいな、
いつも燃えるものが私の心にあって、
それは生涯変えようがないのかなと思う。

と、おっしゃっていました。

「アントニオ猪木の現在の嫁は?前妻は倍賞美津子!馴初めは?離婚理由は?娘は?」に続く



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ