篠田三郎の若い頃はウルトラマンタロウ!真夏竜と?妻は?息子は?現在は?

Sponsored Link

誠実で実直なキャラクターとして、数多くのドラマで渋い演技を見せられている、篠田三郎(しのだ さぶろう)さんですが、実は、若い頃は、「ウルトラマンタロウ」の主人公、東光太郎役に抜擢され、ブレイクされていました。

年齢は?出身は?身長は?本名は?

篠田さんは、1948年12月5日生まれ、
東京都港区麻布のご出身、

身長178センチ、
体重76キロ、

血液型はO型、

学歴は、
⇒豊島区立道和中学校
⇒日本大学第二高等学校中退

趣味は、
野球観戦、メジャーリーグ観戦、旅行、ゴルフ、乗馬、

ちなみに、本名は、
大塚晴生(おおつか はるお)です。

若い頃は大映第18期ニューフェース

篠田さんは、高校在学中の1965年、「大映第18期ニューフェース」
のオーディションを受けられると、見事合格されたことから、
高校を中退し、養成所を経て「大映東京撮影所」に入社されると、

1966年には、「雁」で映画デビューするのですが、

以降は、

1966年「赤い天使」
1967年「砂糖菓子が壊れるとき」
1968年「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」
     「ジェットF104脱出せよ」
     「不信のとき」
1969年「女賭博師 花の切札」
     「ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども」


「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」より。

1970年「女賭博師 壷くらべ」
     「高校生番長」
     「太陽は見た」
     「夜のいそぎんちゃく」
     「十代の妊娠」
     「高校生ブルース」
     「高校生番長 棒立て遊び」
     「高校生番長 深夜放送」
     「高校生番長 ズベ公正統派」


「高校生ブルース」より。堀雄二さんと篠田さん。

と、立て続けに映画に出演するも、端役ばかり。

ようやく、1971年、「高校生心中・純愛」で、主人公の丘谷由夫役に起用されると、
相手役の関根恵子(現・高橋惠子)さんとのコンビで映画が大ヒットし、


「高校生心中・純愛」より。関根恵子さんと篠田さん。

続く、「樹氷恋歌」「成熟」でも、関根さんとのコンビで、
主演に起用されるのですが・・・


「成熟」より。篠田さんと関根恵子さん。

この年の年末には、「大映」が倒産してしまいます。

テレビドラマ「ガッツジュン」「シルバー仮面」「熱血猿飛佐助」

そんな時、関根恵子さんが映画の宣伝でテレビに出演され、
出演映画などが紹介された際、篠田さんのシーンを偶然見た、
「ウルトラマン」のプロデューサーの橋本洋二さんの奥さんが、
篠田さんを気に入ったそうで、

篠田さんは、そのことがきっかけで橋本さんに見出され、

1971年「ガッツジュン」
1971~1972年「シルバー仮面」
1972~1973年「熱血猿飛佐助」


「ガッツジュン」より。

と、テレビドラマに出演されると、

特に、「シルバー仮面」では、メインキャストである、
春日兄弟のうちの一人、春日光三役で注目を集められ、


「シルバー仮面」より。(前列左から)松尾ジーナさん、亀石征一郎さん、
(後列左から)篠田さん、夏純子さん、柴俊夫さん。

(この頃、篠田さんは、テレビに出られれば何でも嬉しかったそうです)

1972年には、「シルバー仮面」を撮影した、
実相寺昭雄監督の映画「哥(うた)」にも出演。


「哥」より。

篠田さんは、この映画の撮影を振り返り、

自分はあくまで素材であって、実相寺さんが何を考えているのか、
深い部分までは理解できませんでした。

それでも、運命に従って旧家を守っていくというストイックな役でしたので、
監督の指導に応えようと必死でやりました。

岸田森さん、田村亮さん、東野英心さん、内田良平さん、
共演者は皆さん楽しんで演じていました。

ただ、自分はまだ、
そういう風に映画作りを楽しむ余裕はなかったですね。

と、演じることが精一杯だったことを明かされています。

ウルトラマンタロウでブレイク

そして、1973年には、特撮テレビドラマ「ウルトラマンタロウ」の主人公、
東光太郎役に抜擢されると、正統派な二枚目として、たちまちブレイク。

実は、篠田さんは、そもそも、「ウルトラマン」が、
それほどまでに人気があることを知らず、特別に関心もなかったそうですが、

やはり、テレビに出演して仕事ができる、
ということが嬉しく、夢中で演じられていたそうです♪


「ウルトラマンタロウ」より。

ちなみに、最近の平成ウルトラマンシリーズや、
映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」などには、

昭和のウルトラマン(ウルトラマン、セブン、 ジャック、エースなど)
が登場しているのですが、篠田さん(タロウ)は一度も出演されていないため、
「円谷プロ」との間に何かあったのでは・・・との声もありましたが、

スケジュール的にどうしても都合がつけられず、
泣く泣く出演を断られていたとのことで、

むしろ、「タロウ」への愛着は、出演当時からずっと持ち続けられており、
篠田さんと「円谷プロ」の間に、軋轢(あつれき)があるということでは、
ないとのことでした。

(2016年「ウルトラマンオーブ」で、声のみの出演はされています)

正統派二枚目俳優として人気を博すも・・・

その後、篠田さんは、「ウルトラマンタロウ」以外にも、

1973年「天下堂々」
1974年「若い先生」
1975年「TOKYO DETECTIVE 二人の事件簿」
     「東芝日曜劇場 『みどりもふかき』」


「TOKYO DETECTIVE 二人の事件簿」より。高岡健二さんと篠田さん。

1976年「土曜ドラマ『劇画シリーズ 花に棲む』」
     「金のなる樹は誰のもの」
     「東芝日曜劇場『霧の日の童話』」
     「新・二人の事件簿 暁に駆ける!」

1977年「東芝日曜劇場『夏の雲』」
1978年「優しい時代」
     「やあ!カモメ」


「やあ!カモメ」より。(左から)秋野太作さん、香山美子さん、
篠田さん、高岡健二さん、岸部シローさん。

などのテレビドラマで、W主演ほかメインキャストに起用され、
正統派の二枚目俳優として高い人気を誇ると、

1978年には、民放1時間枠のゴールデンタイムで、
初の単独主演としてテレビドラマ「一発逆転」に起用され、

一流商社のエリート社員から脱サラして、
自分の人生を切り開いていく主人公を熱演されたのですが・・・

このドラマの視聴率は振るわず、
半年間23回の放送予定が、4ヶ月で打ち切りに。

そのためか、篠田さんの主演はこれ一度きりで、
以降、準主演や助演として、誠実でまっすぐな役を多く演じておられます。

妻は?息子は?娘は?

そんな篠田さんの、
気になるプライベートですが、

篠田さんは、1975年に一般女性と結婚され、
息子さんと娘さんが一人ずついらっしゃるようです。

二人とも詳しい情報がないことから、一般人だと思われますが、
息子さんは、「ウルトラマンタロウ」の放送終了後に誕生されたとのことで、
1974~1975年生まれということになります。

また、篠田さんと息子さんのエピソードとして、息子さんが幼い頃、
再放送時にビデオに録画していた「ウルトラマンタロウ」を見せたそうですが、

その回が前後編の前編で、タロウが敵との戦いに苦戦して、
次回に続く、という終わり方だったことから、

それ以来、息子さんには、「タロウは弱い」と印象づけてしまい、
全く「ウルトラマンタロウ」を見てくれなくなったとのことでした(笑)

ちなみに、俳優の篠田光亮(しのだ みつよし)さんが息子?
との噂がありますが、前述のとおり、三郎さんのお子さんは、
一男一女であることに対し、光亮さんには弟さんがいらっしゃるので、
この一点からも、親子ではなく赤の他人のようです。

真夏竜と?

ところで、篠田さんを、
「真夏竜」で多くの人が検索されているようです。

というのも、真夏竜さんは、
「ウルトラマンタロウ」の次のシリーズ「ウルトラマンレオ」で、
主人公の「おおとりゲン」を演じられているのですが、


「ウルトラマンレオ」より。「おおとりゲン」に扮する真夏竜さん。

篠田さんは、真夏さんととても仲が良く、
家族ぐるみの親交があるそうで、

(ウルトラシリーズでの共演はありませんが、
 篠田さんの息子さんと真夏さんの息子さんは同級生だったとか)

篠田さんは、真夏さんの舞台などには、毎回お祝いの花束を送るほか、
楽屋に陣中見舞いに訪れることもしばしば。

また、篠田さんは、2004年に、奥さんから、
真夏さんが「胃がん」になったことを聞くと、すぐに、
知り合いの医師がいる都内の大学病院を真夏さんに紹介され、

真夏さんが、さっそく、その大学病院を訪ねられると、
正面玄関を入ったところに、篠田さんが待っておられたそうで、

真夏さんは、

感激しました。いくら古い付き合いでも、
ここまでしてくれる人は、そうはいませんから。

と、語っておられました。

(ちなみに、真夏さんは、余命半年の宣告を受けるほど、
 病状は深刻だったのですが、無事、がんを克服されています)


篠田さん(左)と真夏竜さん。

現在は?

さて、いかがでしたでしょうか。

2018年1月には、テレビドラマ「最後の晩ごはん」
同年5月には、舞台「SOETSU」(麻生市民会館)にも出演されるなど、
70歳間近の現在もコンスタントに俳優として活動されている篠田さんですが、

また、スケジュールがあえば、是非、
「ウルトラマンシリーズ」にも出演してほしいですね♪

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ